« 本・劉邦(上・中・下)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦(1994/4)リチャード ハウ・デニス リチャーズ »

2016年6月 2日 (木)

こんなに強い自衛隊 (2010/7)・井上和彦

自衛隊は軍隊なのか、自衛隊は強いのか?
世界最強の実用戦闘機F‐15「イーグル」202機を含む主要航空機約450機、高度な電子システムを満載した艦艇148隻、そして戦車880両に加えて総兵力約23万人を擁する自衛隊。
世界第7位といわれる国防費もさることながら、核戦力を除く通常戦力では世界トップクラスの実力を誇っている。
中国・北朝鮮にはどんな脅威があるのか、普天間基地移設問題、中国艦隊の示威行動、緊迫する南北朝鮮事案も紹介!

20160602_book1

著者は真面目なんだろうと思う。
どちらかと言うと、お笑いのキャラとも思われているところがある。
「そこまで言って委員会」でよく見ている。
仮想敵国がある。
軍隊はその仮想敵国に対して軍備を整える。
旧日本軍は、陸海軍で仮想敵国が違った。
それも、アメリカとソ連である。
現在はソ連がなくなり、ロシアとはそれほどの敵対心は無いと思う。
アメリカは同盟国である。
中国が仮想敵国になる。
今は韓国・北朝鮮の朝鮮半島もかも知れない………

自衛隊も辛いものがある。
識者と言われる人たちは、自衛隊を叩けば金になっている??
本が出版された時は民主党政権である。
「暴力装置」とまで言われていたが………

著者だけではないが、マスコミに対する不満がある。
なんせ自衛隊は良く言われない!
拉致被害者と国交正常化のどちらが大事なのか?
そう言うマスコミもいる。
携行する武器の種類・数量まで限定される。
自衛の為だけと言う!
それで贖罪されていると思っている???
自衛隊に覆面をして行くなと喚いている連中もいた。
行く人間の気持ちになっていないと感じたが……

自衛隊が感謝されていた、歓迎されていることは報道されない。
なんせ直ぐに戦争に結ぶ付くと考えるマスコミである。
海外派遣をすれば戦争につながると!
騒ぐのは、左翼と中韓、北朝鮮、左翼思想に染まったマスコミのようだ!

靖国神社がる。
今更別の追悼施設を造ろうとしている。
無駄なことであると思う!!
中国・朝鮮半島は何をしても騒ぐ!
何もこの隣国のきげんをとる必要は無いと言うのも分かる。
今海外派遣で戦死すればどうなるのか?
靖国神社に祀るれるのか??
奥さんがクリスチャンで、靖国神社に合祀されるのを反対した例があるようだが………

沖縄の基地問題がある。
神戸三宮でも反対のビラを配っている。
年配の人が多い。
「私たちは、翁長知事を支持します」とのプラカードを下げていた女性がいる。
可愛くない!!鬼のような形相である!!
ほかにすることがないのかと言いたいが………
著者はよく言っているが、「ジュゴンを守れ」
辺野古移設で揉めているが、辺野古でジュゴンを見たと言う現地の人に会ったことがない、と著者は言う。
湾岸戦争で、油にまみれた水鳥の映像が流れた。
やらせだったようだが………
沖縄の民意と言うが、賛成派も多い!
反対派と言うのは、県外からの応援も多いようだが………

鳩山由紀夫は、総理としてはどうかと思う。
「学べば学ぶほど、海兵隊が抑止力であると言う事が分かった」
これは事実なのか??本当に言ったのか??
総理になろうと言う人が言う言葉かと思うが………
最近よく読む、佐藤優!!
鳩山元総理を頭が良いと!
確率論があり、意思決定に過去にこだわらずに、直前の情報だけで良いと言うのがあった。
無責任とは思うが、混迷の原因を造っている!
その考えから見ると、発言がコロコロ変わるのも、そうなのかなと思う!!

与那国島が、自衛隊の駐留を求める。石垣島に八重山がある。
日本も隣国に舐められている!!
サイバー攻撃もある。
著者は柔らかく言っているが、言っていることは相当きつい!!

陸海空の自衛隊の戦力の分析がある。
カタログデータである。ハイテク技術が優れている。
装備も金がかかっている。
が実際の戦闘になれば分からない。
掃海艇部隊がある。
この部隊は実際に、戦後から機雷の撤去に従事している。
長年に渡る経験がある。
異論があるが、評価されいる。
だからペルシャ湾に派遣された。

ちょっと我田引水なところはあると思うが、面白い本です!!!

« 本・劉邦(上・中・下)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦(1994/4)リチャード ハウ・デニス リチャーズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなに強い自衛隊 (2010/7)・井上和彦:

« 本・劉邦(上・中・下)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・バトル・オブ・ブリテン―イギリスを守った空の決戦(1994/4)リチャード ハウ・デニス リチャーズ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ