« 「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 6月20日 エピソード9 | トップページ | 東京都知事辞任に対する知事の批判!!(かっての知事への批判がダブル!) »

2016年6月21日 (火)

本・3.11 クライシス!(2011/4)・佐藤 優

2011年3月11日14時46分、マグニチュード9.0の大地震が東北・関東地方を襲った! 巨大津波や原発事故、放射能汚染、避難生活…想定外の問題を引き起こしている。
佐藤優氏は地震発生以後、ネット、新聞、雑誌などのさまざまな媒体で、今回の大惨事についてのメッセージを次々と発信している。政権への提言、マスメディアのあり方、東京電力への応援、ロシアの動き、危機管理のあり方、日本人のメンタリティ。
<国家の未曾有の危機に、政府は、企業は、個人は、いかに立ち向かうべきか!?>
4月初頭までに発信した記事を「緊急出版」として上梓する。

20160621_book1

危機の時のリーダーはどうあるべきなのか??
阪神大震災の時も首相は村山。
何も指導力を発揮しなかった………
良く言われていたが、菅首相は延命に利用しようとした??
自分は原子力の専門家である?

著者もこれだけの時機に良くこれだけ書けるものだと思う。
重複している部分は多い。
それが重要な事なんだろう………

リーダーはどうあるべきか??
批判は後からでも出来る。
今は震災復旧をいかに早急に行うのか?
菅直人が問題である。
がこれは菅直人の問題ではない。
日本の内閣総理大臣の問題である。
その為には日本国民がリーダーの元で結束しなければならない。
自分の延命のために内閣総理大臣は姑息な事をしないと信じる!!
大連立にすればポストの配分でややこしくなる。
パフォーマンスのために現地へ行かずに、本部で指示をすべきであるが、そうでは無かったようだ!

「しきしまの、大和心の、をゝしさを、ことある時ぞ、あらはれにける」
明治天皇。
「日本人の勇気は、日本に一大事が起こるときにこそ発揮される」
この歌が頻繁に登場する!
政治的駆け引き無しで、この危機に対応しなければならない。
菅直人に言っている!
朝日新聞も、批判は後でとの事のようだった………

犠牲的精神!
日本では、原発処理に行けと命じられても退社すれば終わりである。
地方、島根県で電力会社に勤めていて、応援要請に、あと半年で定年を迎えるが応じたとある。
感動ものである!
警察、消防、東電の社員等危険を顧みずに職務を果たしている人間が沢山いる。
著者はそこで「塩狩峠」で犠牲的となり多くの人を救った

ロシアの協力がある。
1、      民主党は長年野党にいたため、危機管理のシステムの運営ができない。
2、      外国の経験や助言を活用することは、欠点をさらけ出し、自らをおとしめるとことになると考えていたようだ。

3、      福島第一原発を巡っての具体的問題点。
  1)      ロシアでは5分で決定出来ることが、会議・責任者の不在で出来ない。
  2)      ロシアなら直ちに通電したが日本は9日かけた。
  3)      ヘリコプターによる散水は無意味である。
  4)      無人で建物の間近から放水する手法を思いつかなかった。

4、 危機管理の責任者は、東京ではなく現地で指揮を行うべきである。
そう言う指摘があったようだ。
わざわざ日本語に翻訳して流している。
ロシアはこの原子力危機を危機にしたくない。
今後の商売に響く!
その為には日本の対応のまずさをアピールする??
実際その通りなのは情けないが………

責任追及ではなく真相解明が必要である。
想定外で済まされそうであるが………

鈴木宗男を仮釈放で出してロシアとの交渉をさせる。
著者はそう主張している。
喜連川社会福祉センターに収監されている。
ここのセンター長を褒める!
食事を時間通りに出して安心させる。
水が止まれば困るのでバケツ一杯の水を貯めさせる。
受刑者に安否の手紙を出す許可を与える。
普通通りにやる事が安心させる!

菅首相、海江田経産相と組織を動かせない。
国際的に有名な原子力の専門家が本部に呼び出された。
が肝心の報告する相手が走り回っている。
居ても同じと感じて帰ったようだ。
リーダーの務め!
ここで面白い書物が出て来た。
『統帥綱領』 『統帥参考』
日本陸軍の将官、参謀の為の国軍統帥の大綱を説いていて、作戦遂行の為の指導書である。
簡単に言うと、難局にあたりては、泰然動かず、沈着機に処するを要す。
部下を適材適所に配置する。みだりに部下の過誤を責めず。
旧陸軍の物とは言え、参考に出来るところは多いようだ………

沖縄問題に米軍の救援作戦が評価されている。
こと沖縄になれば著者は硬化する??
そう思ってしまうが………

原発で参考になる本をあげてくれている。
「佐藤一男 改訂 原子力安全の論理」
他にもある!
これだけの短期間にいろんなところに記事を出せたと思う!

« 「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 6月20日 エピソード9 | トップページ | 東京都知事辞任に対する知事の批判!!(かっての知事への批判がダブル!) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・3.11 クライシス!(2011/4)・佐藤 優:

« 「ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風」 6月20日 エピソード9 | トップページ | 東京都知事辞任に対する知事の批判!!(かっての知事への批判がダブル!) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ