« 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW本社に博物館 | トップページ | 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW博物館② レーシングカー、FIのコーナー »

2016年8月13日 (土)

2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW博物館① 航空機エンジン

Ju 52は、ドイツのユンカース社が開発した航空機である。
三発のエンジンが付き、真ん中にもエンジンが付く。
「ダンテ  おばさん」 と呼ばれて兵士には愛された。
実用的な輸送機である。
ドイツ空挺部隊の墓場と言われたクレタ島攻防戦にも多数投入されている。
ソ連戦線でも活躍した。
この輸送機のエンジンが、BMW製である。
ユンカーンス社もエンジンは開発しているが………

20160731_bmw_48

Img_0086

フォッケウルフ Fw190は、クルト・タンク博士が設計した高性能戦闘機である。
当時のエンジンは、ダイムラーベンツ製が優れていた。
なので各飛行機はこれを取り付けたい。
がそうもいかなかったようだ。
メッサーシュミット博士は政治力もある。
クルト・タンク博士は無理な事を言わずに、使えるエンジンを探したようだ。
それがBMWの空冷エンジンである。
戦闘機は高性能である。
Bf109と並ぶドイツの代表的な戦闘機である。
のちに液冷エンジンJumo製を取り付けられた、より高性能な戦闘機を開発した。

20160731_bmw_410

20160731_bmw_411

戦闘機に関してはこの分があった。
アラドAr234 ジェット爆撃機。
このエンジンもあった。
これも爆撃機はJomo製のエンジンだったが、BMWに変更されたようだ。
エンジンについては、選択が難しい。 外野がうるさいようだ!!
このエンジンは流線型で美しい??

20160731_bmw_412

20160731_bmw_413

見ていて楽しい!!
メルセデス・ベンツ博物館のエンジンも楽しかったが、数を制限していたと思う。

« 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW本社に博物館 | トップページ | 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW博物館② レーシングカー、FIのコーナー »

旅行・地域」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW博物館① 航空機エンジン:

« 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW本社に博物館 | トップページ | 2016年ドイツ旅行 7日目 ミュンヘン BMW博物館② レーシングカー、FIのコーナー »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ