« 2016ピッコロフェスティバル特別企画・2016ピッコロ寄席 桂枝雀一門会 | トップページ | 雑誌・日本軍「戦略なき組織」検証 失敗の本質① 情報敗戦 戦場のリーダーシップ »

2016年8月22日 (月)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 33回 動乱

真田丸 33回 動乱
三成の家康の屋敷への襲撃から始まる。
三成の手の者でやる。 嶋左近が登場する。
元北条の家臣、板部岡 江雪斎も出て来る。
金吾中納言の元にいる。 がそうでは無い!! 家康、本多正信の密偵である。
生き残るためには仕方がないのか………
この争いに信繫が絡んでいる。本当はどうなのか??
この時期本当は何処にいたのか??

三成、秀家、秀秋が集まっている。
秀秋から漏れている。
家康は逃げようとするが、正信に止められる。
豊臣恩顧の大名がどう動くか、見ようとする。
北の政所が止めに入る。
「何をしておんかね!」 
尾張言葉がそうなんだろう………
秀秋に難しいことを考えさすなと!!

20160821_sanadamaru_12

徳川屋敷に武将が集まっている。
信幸も参加している。 本多忠勝が喜ぶ!!
政宗も参加している。
正信が挨拶に来る。 豊臣の為と言う事を強調する。 策士である。
清正が悩む。
三成に兵を引けと言う。
この辺りは、まだ清正とも憎しみ合っていないようだが………

大坂に秀頼を戦いに巻き込もうとする。
が、大蔵卿局が取り合わない。 茶々にも何もないと言う!
憎たらしいぐらいである。 大阪の陣ではトラブルメーカーである。
ずっとそうなのか??
毛利も上杉も動かない。
三成は細川忠興の元に行くが、決裂する。
馬鹿にしているのか??
忠興は徳川内府の元に行く。
信繫は昌幸に内府の元に行くように頼む。
三成を孤立させて戦いを収めようとする。 昌幸は従う!!
大谷吉継も家康の元へ行く。 もう目が見えない!
三成に、家康を討ってからどうするのか??
三成が政権を持つのか??
それだけの人望が三成にあるのか?? 決裂である!!
湯浅五助が登場した。 関ヶ原への布石であるのか??

20160821_sanadamaru_13

狐と狸がいる。
昌幸も家康の屋敷に行く。
家康に言う! 「昌幸が命をお守りすると!」
昌幸が軍議を仕切る。 清正から文句が出る。
家康は任せる。 武将達が自分の名前を言ってから意見を言う。

自暴自棄になった三成は単独で行くつもりである。 秀家も引き上げさせる。
上杉主従が止めに来る。 今は時期ではないと! 立つ時は上杉も立つと!!
三成は兵を収める。
徳川屋敷からも武将達が引き上げる。
それを家康は見ている。
ここから家康・正信の天下取りが始まる!
家康に正信が不敵に笑う!!
三成は清正、吉継と決裂している。
この争いの中、信繫が動き回っている。
三成側に立っている!

次週は七将の三成襲撃である。
上杉討伐に関ヶ原と続く!!
これは楽しみである。

名所案内は勝竜寺城である。
ここは、ガラシャ通りがある。
ガラシャで売っている???
小さな公園である。 忠興とガラシャの象がある。
ナレーターは夫婦仲は良かったと言っている。 が実際はどうなのか??

20160821_sanadamaru_11



« 2016ピッコロフェスティバル特別企画・2016ピッコロ寄席 桂枝雀一門会 | トップページ | 雑誌・日本軍「戦略なき組織」検証 失敗の本質① 情報敗戦 戦場のリーダーシップ »

 真田幸村 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 33回 動乱:

« 2016ピッコロフェスティバル特別企画・2016ピッコロ寄席 桂枝雀一門会 | トップページ | 雑誌・日本軍「戦略なき組織」検証 失敗の本質① 情報敗戦 戦場のリーダーシップ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ