« 本・山本五十六再考(1996/4)・野村 実 | トップページ | 2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏を見てから……… »

2016年9月 5日 (月)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏

NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏。
ドラマの見どころがきた。

上杉討伐が始まる。
真田屋敷で家族会議がある。
上杉に付くと!!
大谷吉継の娘は嬉しい。
が、本多忠勝の娘の心中は複雑である。
尼になると!!

20160904_sanadamaru3

徳川を迎え撃つ上杉は弱気なのか??
徳川は6万から10万の兵である。
場面は簡単に済んでいる!
ナポレオンとフリードリッヒを研究した石原莞爾が感嘆したと言う上杉の布陣!!
譜代の兵に奥羽浪人を加えた6万とも7万とも布陣で徳川を待ちうけたようだ。
小山から撤退時に徳川追撃をしなかったのは何故なのか??
これは真田の物語である。 厚かましいか??

江が出て来た。 いずれ重要な役割を果たす!
姉さん女房ぶりが絵になっている???
秀忠は頭が上がらない様だ。

大谷吉継が石田三成に会う。
自分で長くはないと自覚している!
三成の味方になって欲しいと頼む!
やらねばならぬ!!
ではなく、何としても勝たなければならない!!
決意の文は自分で書く。 もう書けないので三成が代わりに書く!!
悲壮感が漂っている………

それ反して、昌幸は時期が来たと喜色満面である。
家康の首をまず取る。
信玄が納めた甲斐・信濃を取り戻す。

西軍の軍議がある。
伏見城攻めが始まる。
宇喜多秀家はやる気満々である!!
声から、表情から違う!!  それに引き替え秀秋は………
家臣に板岡部江雪斎がいる。 家康の密使と自分から言う。
三成も気の毒である! これが一門かと思うと情けない………

20160904_sanadamaru1

三成の人質作戦が開始される。
早々にガラシャが死ぬ。
家康の側室は逃げる。 黒田官兵衛と清正の話は無い!!
ガラシャは自害が出来ない!
家臣に刺させる。 これも顔を見てはいけない。 忠興の指示なのか??
これが人質作戦に響いてくる!!

三成挙兵が知らされるが、昌幸は早すぎると怒る!!
上杉と徳川が激突してからが望ましい!!
ここから高名な「犬伏」の別れがある。
上田に籠城する。
今後の見通しは、世は乱れると!!
信繫は「甘いと!!」 武装中立はあり得ない!!
豊臣恩顧の大名も家康になびいている。
様子を見に来た家臣に下駄を投げつけるエピソードがあるが、ドラマでもあった!!

紛糾する会議で、信幸が叫ぶ!!
信幸は徳川に付く。
昌幸・信繁は三成に付けと。
それが真田の名前を残す最善の道であると!!
徳川が勝てば、信幸は昌幸・信繁をどんな手を使っても助ける。
三成が勝てば、信繁が信幸を助ける!!
信繫は納得する!! 昌幸はどうかなと????

20160904_sanadamaru_2

「背水の陣」の説明がある。
昌幸が、韓信もバカだと言う!
そんな作戦を文章で残せば、だれも使わないと!!
次週は上田決戦である。 ここできわどい勝をしておけばまだしも、大勝するからおかしくなる。
秀忠軍には本多正信に榊原康政が付いている。 考えようによってはこちらが本軍と言う説もある。
わざと決戦に遅らせて兵力を温存した???
そんな事はないだろう………
しかし本多正信も自分でおいぼ入れと言っている!

名所案内は当然「犬伏」である。
下野の国である。
足利、栃木の小京都にも行きたい!!
絶対に行くゾ!!!

« 本・山本五十六再考(1996/4)・野村 実 | トップページ | 2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏を見てから……… »

 真田幸村 大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

あまりこの時代に詳しくない人は、
ガラシャが刺されたシーンは、
???
だったと思います。
早い展開で後ろから刺されちゃって・・・
重要度が無かったですね・・・
おまけにキリが来るし・・・
黒田官兵衛の時のほうが、
まだ説明もあってよかったです。
真田が主役だから、仕方ないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏:

« 本・山本五十六再考(1996/4)・野村 実 | トップページ | 2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏を見てから……… »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ