« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月28日 (水)

本・世界地図の中で考える(1968/9)・高坂 正尭

なぜ人間は「悪徳」を取りこむ必要があるのか?
「悪」を取りこみ、人間社会は強くなる。タスマニア人の悲劇から得た洞察の真意とは。なぜイギリスは広大なインドを容易に征服でき、しかしその統治には失敗したのか。なぜ二度の大戦で勝利を収めたアメリカが、ベトナムでは敗北したのか。稀代の国際政治学者が、若き日に世界各地で綴った珠玉の文明論。

20160928_book1

若き頃読んだ本である。改めて読み返している。
読んだ時は、目から鱗であったと思う。
内容は下記の通りである。

第一部      タスマニアにて
第二部      パックス・アメリカーナ
第三部      文明の限界点
第四部      さまざまな文明・ひとつの世界
第五部      世界化時代の危機

この中でもっとも印象に残っているのは、パックス・アメリカーナである。
アメリカの力の根源??
圧倒的な兵力がある。
戦いは日本で言えば信長である。圧倒的な兵力を集めて戦う。
南北戦争の感想を聞かれた、普仏戦争の勝者、プロシア参謀長モルトケが言った。
「二つの武器を持った暴徒の戦いに興味はない!」
モルトケには混沌にしか見えなかった??

この時に、アメリカと言う国はこんな国なのかと思った。
第2次世界大戦の連合軍の作戦がある。
イギリスは戦争後を考えている。なので驚くような作戦もある。
ギリシャ、バルカン半島の事を考えている。
もっともノルマンディー後、一挙にベルリンへ進撃する作戦もあったようだが、突出せずに確実に攻めた。
アメリカの戦争と言うのはそう言うものだと言う。
ペイオフ。戦争は支払いに応じきれなくなった方が負けである。
湾岸戦争時、サンディープロジェクトに高坂 正尭が出演していた。
この戦争は、アメリカは支払いに応じきれると思った。日本がいる!
実際そのようになった………

最初がタスマニアである。
南半球から地球を見たかったようだ。コリオリの力が働く??
ここでタスマニアの原住民が死に絶えたようだ。
80年弱で絶滅したようだ。抵抗したので殺されている。
がイギリス人が持ち込んだ病原菌・細菌も影響している。
抵抗力が無いので簡単に感染して死ぬ。
イギリス人は長年にわたって鍛えられている???
現在の宇宙開発の問題がそれである。
やらない方が良いという意見がある。
南米に侵略したスペインはわずかな兵力でインカ、アステカ、マヤ文明を滅亡させた。
同じ事が地球でも起こりうる??
火星、金星には何があるか分からない??
宇宙戦争で火星人が滅んだのは、細菌である。
タスマニアもそうである。地球もそうなるのか??
滅亡の理由は数多くある。他人事は思えないが………

そしてパックス・アメリーカナである。
矛盾を含む多様性が強くする。
一枚岩で固まっているより、いろんな考えがある方が強いと言う。
当時と現在は違っている。
フランチャイズ制についても記述されている。
著者は、ボストンに住んでいたようだ。
レッドソックスとセルティックスのファンになったようだ。
出て行かれると野球もバスケットボールも見れない。
現在は衛星放送も発達しているが………
地方分権と言うのだろう………
大統領選挙の矛盾を記述しているが、まさにブッシュVSゴアの選挙である。
「単純な制度は控えめに言っても欠点がある」
大統領はより人口の多い州を代表している。

小さな州が代表されている下院。
上院は州ごとに2名である。人口に関係ない。
大統領になるには、予備選、党大会、大統領選挙と3つを勝たなければならない!
もっとまとめればよいという意見もあるが、完全な制度は無い。
日本の現状もそうである。
不合理とも思えることが、良い事もある???

文明の限界点、さまざまな文明・ひとつの世界、世界化時代の危機として色々記述されている。
ベトナム戦争でアメリカは負けている。
大兵力で決戦できない戦争は苦手である。
「骨董品店の象」と言う言葉があるようだ。
狭い骨董品屋に象を入れれば暴れて、物を壊す元である。
ベトナムではそれに近い状況だったようだ!
そう言う例として、ナポレオンのスペイン侵攻がある。
これもゲリラ相手に負けている??

インドネシアとベトナムがある。
どちらも共産主義が強かった。
インドネシアは共産勢力は、人民が支持しなかった。
インドのイギリスの支配。

各国のさまざまな事情がある。
農業についての記述がある。
食料である。人口に対しての増産は追いつくのか??
現在の世界では、飢餓に苦しんでいる多くの人がいる反面、捨てられている食料がいかに多いのか??
食糧問題は水と連動している。
どうしても揉める元である。
インドネシアのオランダの投資の話がある
農地を増やして、サトウキビを植える。
インドネシアは豊かになったようだ。
が、技術進歩がある。サトウキビにしても機械化が進み、それほど人間を必要としなくなった………
儲からなくなるとオランダは冷たい。
独立の時に、インドネシアに対して投資を請求したと聞く。
セコイ国である。流石オランダと言うべきか?

現在のIS国を見て、著者はどう言う事を言うのだろう………
読み返してみて面白さが、若かりし頃より分かったような気がする。
この本では、パックスアメリカーナが特に印象に残っている!!
今読んでも面白いし、当たっているところが多いと思が………

2016年9月25日 (日)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸38回 「昌幸」

真田丸38回 「昌幸」
九度山に幽閉されている昌幸と信繫。
浅野家の家臣がやって来る。 幽閉状態である。
地元の人間とも協調しなければならない。
苦労が多かったようだ………
「白山大権現」の掛軸が目に映える。

20160925_sanadamaru3

会津の上杉景勝は家康に謝罪している。
昌幸の最後の期待であったが………
世の中は動いている。
家康は征夷大将軍になり、直ぐに秀忠に譲る。 大御所になる。
信繫は本多正信を頼るように信之に手紙を書く。
正信は許すことを進言する、 もう4年になるので良い機会である。
家康は手紙を見ようともしない。
九度山から出るときは死ぬ時だと!!
憎しみは相当なものがある! 秀忠も上田合戦の恨みがある!
どちらも真田の名前を出すなと!!
正信は引き下がる。

出来事が多い!
九度山で百姓同士の争いがある。
昌幸は村長から助けを求められる。
家康の軍では無く、20人と50人の争いである。
情けなくなったようだ………
秀頼が鷹狩を主宰する。 清正も参加している。
まだまだ豊臣の名前の力はある。
本多忠勝が刃物でケガをする。
戦場で手傷を負うたことが無い!
これで隠居を決意する。 大阪に陣を見ずに死ぬ!!
二条城で秀頼と家康が対面する。
清正が付いて行く。この対面に、浅野幸長も同行しているはずであるが………
福島正則は大阪で待機している!

20160925_sanadamaru1

板部岡江雪斎が九度山に信繫を尋ねる。
冷やかしなのか、たき付けに来ているのか??
大坂に陣の前に死ぬ!!

家康は対面で老いを感じる!
これが手切れになる。
珍しく想像が当たった。 清正と三成の会話がある。
三成に秀頼を頼むと言われている。
秀頼が凡庸であればそのまま豊臣家は存続したかも知れない………
家康は豊臣を滅ぼす!
正信も同意する!
まずは清正である。 暗殺命令が出される。
服部半藤の2代目が暗殺する。
毒まんじゅうでは無かった………
この時期、浅野幸長も死ぬはずである。
清正と信繫が会う場面を期待したが無かった!!

20160925_sanadamaru2

昌幸が倒れる。 孫と居る時に倒れる。 ゴッドファーザーか??
昌幸は再戦を待ち望んでいるが、無理になった………
徳川と豊臣の手切れが近いと!
作戦を信繫に伝える!
父上なら出来るが、信繫は自分では難しいと!!
本当はどうなのか??
昌幸が信繫に、お前では無理だと言う話の方が分かり易い!!

信繫も大助が誕生している。
苦労の多い生活である。 金の無心も上田にしている。 酒もか??

小野お通が出て来たが、必要ないのでは??
今回茶々の出番が無かった。
スケジュールが合わなかった??
次回は真田紐の話が出て来ている。

映画・メカニック ワールドミッション

映画・メカニックの続編である。 メカニックを観直してから観に行った。
ジェイソン・ステイタム主演である。 もう50前である。 よくやる!!
ハット神戸に観に行った。 よく入っていた。 初日である。
ジェイソン・ステイタムはミッションに制限を付けられる映画が多い??
トランスポーターもそうである。
メカニックは殺し屋である。
依頼を受けて殺しに行く。 当然報酬はある。

 

20160924_film1

それにしても思うが、いたるところに隠れ家、隠し場所がある。
ケースを空ければ、携帯電話に武器、パスポート等が入っている。
トランスポーターではパリッとしたスーツ姿でネクタイである。
予備を車に積んでいる。
メカニックは、メカニックの服装である??

最初から派手な殺し合いである。
こう言う主人公は、自分なりのルールがある。
トランスポーターもそうである。
が依頼主は自分の都合のよい方にやりたがる。
綺麗なお姉さんが近づいてくる。
主人公ビショップは気に入らない。
ここで派手はアクションシーンである。
肉を焼いている鉄板に顔を押し付けられる。
脱出手段はロープウエイで空を飛ぶ!!
最初から冷や汗ものである。
この綺麗なお姉さんは敵役でもっと登場するかと思ったが………

 

20160925_film2

タイの島に逃げるがクレインは追いかけて来る。
ここで別の綺麗なお姉さんが登場する。
がビショップ側につく。 それにより彼女が人質となる。
ビショップは言う事を聞かされる??

 

依頼主は昔の同僚である??
二人の間は分けありである。 
殺しの理由を言わないが、情報は与える。
3人を事故死で殺せと!!
「キラー・エリートでも条件付きの殺しだったと思うが………」
アジアの刑務所、豪華な都会の事務所の要塞、ブルガリアの黒海の要塞。
ここにそれぞれいる。
順番に殺していく。
ビショップは科学知識もある。 薬品、毒にも詳しいようだ。
いつも何か注射器かなんか触っている。
「ゴルゴ13」か?????
わざわざ罪を犯して刑務所に入り、脱獄する。
事故死に見せつけなければならない!!
二人目は都市の事務所の屋上にプールを持っている。
ここで定時に泳いでいる。
その時間にプールに亀裂を生じさせ、ガラスの底面を砕いてターゲットを落下させて殺す!
ここで行くまでが見せる。 吸盤で順番に動いて行く。
もし吸盤がひっつかなかったら終わりである。
ミッションイッポシブル4の中東のホテルの話もそうだったが………
この時は手袋の吸盤が働かなかったが………

 

20160925_film3


この3人は武器商人で世界を3つに分けて商売している。
これに取って代わるためにビショップを使っている。
依頼主初め、皆ボデーガードは山のようについている。
殺しまくりである!

最後がトミー・リー・ジョーンズである。
ブルガリアで要塞にいる。
要塞からの脱出方法は潜水艦と言う! たいがいヘリと思うが??
この要塞に入るのに周到な手配をする。
警備兵を長距離射撃で負傷させる。
近くの病院から救急のヘリが出る。
それに紛れ込んで要塞に入る。
ここはビショップも素直に殺さない!
相手がトミー・リー・ジョーンズである。

 

20160925_film5_2


取引する!!
最後はクレインとの死闘である!!
メカニックのハリーの拳銃には文字がある。「周到な準備が勝利を招く」
先を読んでいるのか??
機関銃に、機銃、拳銃、ナイフ、爆弾と殺しまくっている。
楽しい娯楽作品である!!


しかしこれだけ多くの人を殺していたら、ボディーガードも居なくなるのではないかと思うが………
折角トミー・リー・ジョーンズが生き残っているのである………
次回作はこの二人のやりとりか??

 

メカニック・ワールドミッションの公式サイト




2016年9月23日 (金)

本・現代史の中で考える(1997/10)・高坂 正堯

ソ連崩壊、天安門事件など歴史を揺さぶった大波に同時進行形で立ち向かいつつ、世界史という知の宝庫から世紀末サバイバル術を提唱する著者最後の力作。洒脱な語りで、日本のとるべき道を指し示す。

20160923_book1

亡くなってからの講演の記録である。
「文明の衰亡する時」「世界地図の中で考える」「世界史の中で考える」
に次いで読んでいる。
本を整理している最中に読んでいる。 奥さんに叱られる………
テーマはまとまっている。大英帝国、中国、ソ連、真珠湾攻撃、天皇が主である。

英国の発展と衰退の話がある。
国民性もある。成功体験からは抜けきれないようだ!
石炭もそうである。 組合も多そうである。
新技術に投資しようとは思わなくなる。新興国、ドイツに追われる。
職人芸がある。 銃の話があるが、昔は手作りで、1個1個丁寧に造っている。
これに対してアメリカは大量生産で、部品を共通化して修理もすぐである。
ロールスロイスも生産台数は多くない。多く造らない!
時代に合わなくなって来ている。

議会主義がある。 政治は選んだ議員に任せる。
英国は労同組合が強い。 ストも遠慮なくやる??
英国の貴族は戦争でも真っ先に戦う。義務がある。 日本とは違うようだ。
政治のリーダーでもある。 国民は頭は任せている。自分の仕事をすればよい??
英国の章を読んで思った事がある。
一つはEU離脱である。 国民投票が良かったのか?
つめり国民は目の前の事しか見えないのではないか??
ヨーロッパ共同体に加盟するかどうかを決める時、世論は反対派が多かった。
が、党は拘束せずに自由投票にしたようだ。 結果賛成となった。
歴史は繋がっているようだ………

日本のトヨタがある。 ハイブリッド車ではトップであろう………
トヨタの工場関係は制作工程と、工場設備がそのようになっている。
電気自動車の時代である。 どう言う車になるのか??
その為に又設備投資を行わなければならない。
投資を続けなければならない! でなければ衰退する??

大英帝国は戦争に勝ったことが無いと言う。
負けなかっただけであると! 情報はつかんでいる。 が裏切り者も多い!

中国の天安門事件がある。
確信犯のようだ。使っている軍隊が何処の部隊か??
夜に排除命令を出している。昼間からは殺し難いようだ!

ソ連崩壊の話がある。
昔学校で習ったことがある。ソ連の農業である。国営で素晴らしいものだと教えられた。
今から考えると、その先生は日教組なのか?? 社会主義に憧れていた??
流石中学の先生はそんな風に誉めてはいなかったが………
結局集団農場が農業をダメにしたようだ………
官がやると無理なようだ………
連邦制の話になる。
ソ連、ユーゴがあり、オーストリア・ハンガリー帝国がある。
成立は1867年である。明治維新と同級生である。
セルビアの事が記述されている。
いい国でも、かわいい国でもない。欲望だけ強い国である??
ハンガリーも頑固であるようだ。
グルジア、ウクライナの話もある。
ドイツとロシアの関係も問題になる。
中欧の復活はあるが、当時も今も難しいようだ………

真珠湾攻撃をアメリカは知っていたのか??
陰謀説大流行である。
アメリカの日本に対する軍事力、兵器の評価は??
シェンノートが日本の戦闘機を高く評価して、本国に報告しているが、取り合ってもらえない! 日本が攻撃を、戦争を決意したのが分かっていたようだ。
が何処に攻めて来るのか??
真珠湾と言う考えは、薄かったようである。
真珠湾まで艦隊を秘匿しなければならない。
出来るとは思わなかったんだろう………
陰謀説があっても、日本は奇襲攻撃をかける気だったので、成功したのだから構わないのではないか??
外務省の危機感の無さは嫌と言うほど記述されている。
こう言う事実をどう解釈するのか?
真珠湾は浅いので魚雷を雷撃機から落としても海底まで落ちてしまう。
この魚雷が海底に落ちないように開発したが、出来てから攻撃計画を始めたのではない。
開発できなければどうなっていたのか?
その魚雷も、攻撃出発に間に合わずに、加賀を遅らせ100本の魚雷を積んだという。
ルーズベルト大統領は戦争を避けようとはしなかったようだ!
その為にはアメリカが攻撃を受けたい。
ドイツも挑発している。

日本の情報も佐藤優の作品にあるように、相当なものだったようだ。
独ソ戦にドイツが勝てないと言うか負けるだろうと言う情報は届いている。
が取り上げれないようだ! そう言う話は一杯あるようだが………

海軍の米内、山本、井上のトリオについての記述がある。
具体的には米内、山本である。
米内光政海軍大臣、首相と勤めている。
三国同盟に反対している。 海軍善玉論の根拠になっている。
米内光政は、海軍大臣時代と首相時代では違うと!
首相時代はやるべきことをしていない??
山本五十六も一時はやる気をなくしていたようだ!
山本次官を連合艦隊司令長官に出さずに次官のままおいていた方が良かった??
そうすれば海軍大臣の目もあった??
当時も空気があり、右翼、陸軍によるテロも警戒しなければならない。
分からない訳ではないがやはり置いておくべきだっと!!
その山本五十六も近衛にきっちり戦争できないと言わなかったのは、不味かったと!
変な期待を近衛に持たせた………
著者は近衛・広田を良いようには記述していない。

天皇については、それで良いのではないかと思う!
「権威と権力の持つ微妙な効用!!」
皇室外交がある。 それを利用しようとする政治家もいるが………
皇居を潰せと言う、アホな国会議員もいるけど………
著者の現在の国際情勢の解説を聞いてみたいが………


2016年9月20日 (火)

本・世界史の中から考える(1996/11)・高坂 正堯

本書は、世界的な政治学者にして歴史家である著者が、18世紀のイギリスに、19世紀のドイツに、あるいは戦前戦中の日本に読む者を誘いつつ、卓抜なアフォリズムを交えて今日の難局をサバイバルする術を授けてくれる。

20160920_book1

意図したわけではないが、タイムリーな本になった。
イングランドのEU離脱が決まった。
その日から読み始めた。
著者の本はよく読んでいる。政治学者である。
初めて読んだのは、「文明の衰亡する時」である。メチャメチャ面白かった。
この本は古本屋で買っていた。いつかまた読みたいと思っていて………
本の整理が進まない! いつも立ち止まって読んでいる(泣く…)

月刊誌に掲載されていたのをまとめている。完結せずに亡くなられたのは残念である。
内容の項目は多岐にわたる。
バヴル、イギリス………
このイギリスの記述がタイムリーである。

連邦国家の記述がある。
ユーゴスラビアにソ連の崩壊がある。
オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊がある。
中欧は多民族である。宗教も違う。東と西のローマ帝国の境目でもあり、
オスマントルコの支配も中欧が境目である。
タタール人もここで止まっている。
多種多様な物を一つにまとめるには無理がある。ユーゴは崩壊した。
そこで緩やかな連邦制と言う話になる。が今イギリスが揉めている。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国が崩壊するかもしれない??
EU離脱でスコットランドに北アイルランドが独立なのか??
ヨーロッパの緩やかな連邦制がEUであり、ユーロなのか??
理想は現実にはならないようだ??

「田沼意次批判」
賄賂政治が横行していたと!
しかしそんなものなのか?? 金さえ出せば地位につけるのか??
そんなものではない!やはり能力が無ければ役職に就けない??
賄賂を持って行っても相手にされない人間もいる。そう言う人間が死後悪く言う。
田沼批判は、ほとんど没後に書かれたもののようだ!
現在の財テクブーム、乗らない方がアホのように言われて、バブルがはじけると、
批判と犯人捜しである。
現在と変わらいようだが………

陸奥宗光の日清戦争後の考えがある。
朝鮮半島である。どうするか??
①   そのまま朝鮮半島に任せる。干渉しない。
②   実質は日本の保護国にする。
③   日清で共同で独立を保証する。
④   スイスのように中立国にする。

成り上がり者の成功とナチョナリズムほど嫌な恐ろしいものはない。
日本を、国民性を洞察している。

軍縮会議がある。
艦隊派と条約派がいる。
対米7割確保と言う。根拠は??
日本の国力では建造能力が無いのは分かっている。
アメリカも、もう少し鷹揚さを見せればよかったのでないか??
日本も現実を見据えれば妥協できたと!
この会議の割り当てに、フランスは不満である。
そこで日仏共同、英国も譲歩する情報があり山本五十六はせめての意地を見せて頑張ったようだ………

バブルがある。 バブルで滅んだ国はないと言う!
オランダのチューリップの投機がある。
たかがチューリップの球根である。
信用取引と言うか、球根が無いのに紙切れ1枚で取引する。
儲けた人もいる。
しかし、割り勘の国、ケチと言われるオランダ人でもそう言う事をやってしまう。
時代がある。スペインに勝利し、30年戦争にかかわらずに繁栄した??
自信を持っていたようだ。
財産がすっからかんになっても、支払う事は出来たのか??
次に英南海泡沫騒動がある。
ニュートンも、儲けて欲を出して損をする!
普仏戦争後のドイツもバブルにあっている。勝利後に賠償金を貰い、国土も増えた。
バルブは必然だった??
アメリカも大恐慌がある。悲惨さにおいては例外的なものと言う!
それほどひどかったようだ!
昔の秩序を復活する、後ろ向きの対処はまずいようだ!
保護貿易の事のようだが………

「背信のイギリス」と言われる。
独占奴隷貿易で儲けていながら、事情が変われば奴隷貿易反対を言う。
幼少時の労働は何も言わない!
自分勝手なんだろう………
今のEU離脱を思い浮かべるが………

イギリスの、大陸から離れた島国の地政学上の問題がある。
成功の一因であるようだ。大陸から干渉されない。
英国は腐敗も多かったようだ………
国の成功のためには、力と技術に加えて、幸運が必要である。
(活力ある国民と、悪くない政治)

今のEU離脱についてどう言う意見なのか、興味があるが………

日本政治史から考えるに章を割いている。
明治維新からからの流れがある。
腐敗もある。国民性の問題もある。
愛国心??
徳川時代の末期に、日本に拘禁されたロシアの海軍士官がいる。
日本人の礼儀正しさと、平均的知的水準に強い感銘をうけたようだ。
日本人の欠点は、臆病と言うことのようだ。
剛毅・勇気・果断・男らしさに欠ける。
臆病な日本人が、太平洋戦争を戦った。臆病にも軍国主義にもなれる??
駐日大使グルーが、「外国の圧力に屈するよりも、国家的ハラ切りを選ぶ」
と報告したようだ!
真珠湾攻撃は、欧米と戦う事に興奮している感じである。
今の北朝鮮のようである???
作家たちもその瞬間は興奮している。
満州も、アメリカはパナマ運河を管理しているが、これとどう変わるのか??
アジア人蔑視があるようだが………
駐日大使グルーが言ったようだが、「日本人の大多数は、本当に彼ら自身をだますことついて、驚くべき能力を持っている。彼らは心から彼らのやって来たことが正当であると信じている」
読んでいてその通りと思えるので情けない!!


2016年9月19日 (月)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸37回 「信之」

真田丸37回 「信之」
徳川が関ヶ原で勝った。
10万を超える兵が激突している。 たがが1日で勝負が決まるとは………
昌幸は信じられない。 徳川に昌幸は勝っている!
嫌でも現実を見る!
家康はまだ西国の大名の処分をしなければならない。
三成の処分もまだである。
上田城に家康の使者が来る。
まさかまさかの平野長泰である。 5千石の使者とは軽い??

昌幸の無念はいか程なのか???
演出では一挙に老けた感じが出ている??
信幸は助命嘆願に家康の元に行く。
本多忠勝も一緒に行く!
家康に秀忠は、真田を許さない!!
平八郎は本気で助命する。
家康も折れる。 命までは取らないと!!
ただし親子の縁を切れと!!
信幸の幸を捨てよと!! 幸を之に変える。

20160918_sanadamaru3

信之は上田で昌幸・信繫親子に処分を言い渡しに来る。
親子は九度山に流罪と言われる。
速い出発である。
出浦昌相が久しぶりに登場する。
が病気である。もう登場は無いだろう………
サスケはいるが………

信繫はすえと対面する。19歳である。
19年間ほったらかしである。

家康に昌幸・信繫親子に会う。
何故許したのか?? 信繫が答える。
「死より苦しい苦しみを与えるために!!」
正解である!!
家康の高笑いが響く!! 嫌らしい笑いである!
恨みを晴らして満足しているのか??

20160918_sanadamaru2

信繫は北の政所に挨拶に行く!
これからは親孝行するように言われる。
その席に小早川秀秋が現れる。
うなされている!
宇喜多秀家、明石全登らに迫られる夢を見ているのか??
21歳で亡くなる!!

茶々に会いに行くが、会ってくれない!!
いずれ会う事もあるだろうと!!

加藤清正が信繫に会いに来る。
徳川の監視人を追いだす。 拒むが「主計頭であるぞ!」 の一言で追い出す!
うたを連れて来ている。 三成の最後を言う!
清正とはまだまだ何かあると信じている。

信繫は大谷吉継の最後を妻から知らされる。
湯浅五助が介錯する。
関ヶ原には行っている。 大谷吉継と湯浅五助の墓にも行っている。
特に大谷吉継の陣から松尾山が見える。
小早川秀秋である。 気分が悪くなった………

20160918_sanadamaru1

九度山に行くが展開は早い。
昌幸の妻は九度山に行けない。 精神的に無理である。
信之が引き取る。
きりはどうなのか??
信繫は始めはきりについて来て欲しいと思ったが、昌幸の妻が上田に行くとなると、
上田に行けと言う。
冷たい男である!!
側室の話はあまり出て来ないようだ。 NHKなのか???
九度山に行ったところで来週である。

名所案内は九度山である。今年の最初に行っている。
それより来週は昌幸の老いが目立っている。
九度山での生活の場面は短そうである!


2016年9月18日 (日)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸36回 「勝負」 佐助の脚力は??

真田丸で関ヶ原の合戦の結果を佐助が知らせる。
あら探しをしている分けではないが………
上田から関ヶ原までは何kmあるのか??
現在のグーグルマップで調べると270kmから290kmになる。
徒歩で58時間~63時間とある。
道はどんな道なのか?? 舗装された道ではない。
普通に街道を走っていればおかしいと思われる??
抜け道があるのか??
馬を使えば余計におかしいと思われる。
何処を走ったのか??

マラソンでは、42kmを2時間以上かけて走る。
箱根駅伝は往復217kmほど走る。2日でリレーである。
その気で走れば14時間で走れるか???
途中で水を飲み、兵糧丸を含み、小便は垂れ流しか??
大便はどうするのか??

上田合戦は9月9日で秀忠は小諸に引き上げる。
ここで家康から19日までに関ヶ原に来るようにとの手紙を貰う!
あわてて関ヶ原に行く。
本戦は15日である。10月1日に三成は断首されている。
そう思うと、関ヶ原まで佐助が行ったのは間に合う感じがする。
そうすると結果を佐助が昌幸に報告したのは何時なのか??
15日の西軍敗北を見てから佐助は上田に帰る。 20日以降ぐらいなのか??
その頃は落ち武者狩りもある。
素直に帰れないのではないか???
夜に山道を走るのか??
忍の者は常人以上の能力がある。
とは言え、この混雑の中で間に合うのか??
このドラマは史実ではない。

20160918_map

川中島の合戦も、武田の別動隊は定説のようには動けない!!
これは実際にやってみている。
中国大返しもある。
定説を実証すると、疑問になることが多そうである。
鈴木眞哉、渡邊大門の著書に影響されている??

ドラマを見ていると、どうでもいいことが気になる!!


2016年9月17日 (土)

真田丸紀行! 東海篇⑯ 尾張・勝幡城址・織田信長の生家???

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・勝幡城址・織田信長の生家

20160911_151_2


稲沢市平和町城之内にある。川沿いにある。
分かり難い!!!!
幟も旗竿も何もない。

20160911_152_2

道端にあるだけで観光資源とは思っていないのではないか??
昔のだと思うが、写真と案内が置いてあった。
変えているのだろうが、もう少し配慮が欲しいが………

20160911_155_2

20160911_156_2

20160911_157_2

城といっても天守閣は無い。
掘りに囲まれているようだ。
名鉄勝幡駅には模型がある。 大変よく分かる!!

20160911_158


勝幡城址
愛知県稲沢市平和町城之内

目次(真田丸紀行 東海編)


真田丸紀行! 東海篇⑮ 尾張・稲沢市(愛西市)・信長の生家に参戦??

目次(真田丸紀行 東海編)

稲沢市(愛西市)は信長の生家に参戦している。
可能性が高いと言う事で、やる気になっている??
何処か分からないところ??
徐福伝説の日本到来地は何処か?? 日本各地にある。
邪馬台国は何処か?? 近江守山まで参戦している。
宮本武蔵の生誕地は3ヶ所である。
その内の一つは実家の近くである。全部行くつもりであるが………

秀吉も中村に2ヶ所ある。 その内の一つに行った!

名鉄勝幡駅は新しい。 と言うより入口をきれいにしている。
ターミナルはこの規模の駅ではきれいに整理されている。

20160911_151

20160911_153

織田信秀と土田御前に抱かれた幼少期の信長像がある。
新しく、まわりも絵がいろいろ描かれていて明るい!
ここは、愛知県愛西市になる。
ここから勝幡城址に行けるようだ。
なのでここに象がある???

20160911_152

20160911_156

この像の後ろに、勝幡城の模型がある。
ガラスの中に納まっている。

20160911_154


20160911_155

その後ろに、幼き吉法師の絵画ではない。タイルの絵がある。
良く頑張っているのか???

20160911_157

勝幡駅
愛知県愛西市勝幡町五俵入2266番地

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑭ 尾張・あま市 正則で食べている??

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸の案内で言っていたが、正則と名前が付く橋、学校がある。
正則小学校があった。 保育園もあるようだ。
中学は無さそう。
調べればもっとある感じである。
がその割には標識、案内が整備されていないと感じた。
真田丸の名所案内に出るのである。
それを見て来る観光客もいる???
我が家もそうなのか???
軍師官兵衛は幟で名所が直ぐに分かったが………
少し寂しい!!

20160911_141


20160911_142

目次(真田丸紀行 東海編)


真田丸紀行! 東海篇⑬ 尾張・あま市  蓮華寺

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・あま市 蓮華寺
蜂須賀小六正勝とその子家政の菩提寺。弘法大師自刻と伝える大師像ほか寺宝も多い
わらじの意味が分からない??

20160911_134

20160911_132

20160911_131

20160911_135

広い境内だが、人気は無い。

20160911_137

20160911_136


蓮華寺
愛知県あま市蜂須賀大寺1352

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑫ 尾張・あま市 蜂須賀小六正勝公顕彰碑

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・あま市 蜂須賀小六正勝公顕彰碑
蓮華寺の入口にある。
案内は無いが………

20160911_115

20160911_113_2

20160911_114_2

20160911_116

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑪ 尾張・あま市 「蜂須賀小六正勝公旧宅跡」石碑あり。

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・あま市 「蜂須賀小六正勝公旧宅跡」石碑あり。
石碑がある。
圓龍院の敷地にある。
幟も何もない!
良く探し当てたと思う!

20160911_122_2


20160911_111_3


20160911_121_2


圓龍院
愛知県あま市蜂須賀北本郷1289


目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑩ 尾張・あま市 甚目寺観音

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・あま市 甚目寺観音

20160911_101

江戸時代から尾張四観音の筆頭として現在でも尊崇を集めている。
古縁起によると創建は「推古天皇5年(597)甚目龍麻呂という漁夫が海中より紫金の聖観音菩薩を網に掛け近くに草堂を建ておまつりした」
由緒有り過ぎる??

20160911_109

20160911_1010

20160911_1011

境内は広い。

20160911_102

20160911_104

三重塔もある。

20160911_105

六角堂、永久平和の灯もある。

20160911_106

拝殿

20160911_107

面白いものを見つけた。
「白山大権現」 ここにある意味は分からないが………

20160911_1012

20160911_108

20160911_103

甚目寺(じもくじ)
愛知県あま市甚目寺東門前24

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑨ 尾張・あま市 菊泉院 

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・あま市 菊泉院  
戦国武将福島正則の菩提寺。
正則の肖像画、位牌、守護仏の毘沙門天立像がある。
霊園には、正則の供養塔と記念碑がある。
霊園の正則の供養塔と上部が道路から見える。

20160911_91

20160911_92

20160911_93

女性が案内してくれた。
正則の位牌もある。

20160911_94

正則の供養塔と記念碑を中からみる。 新しい!!

20160911_97

20160911_95


20160911_96

本堂で少し待っていたが、面白いものがあった。
「正則なくして 堀川なく 堀川なくして 名古屋の発展なし」

20160911_98

ここも正則の遺産で潤っているのか??

20160911_99

お位牌と戦場に携帯していた軍神、毘沙門天像
許可をいただいて、撮影させていただきました。

20160911_910


菊泉院
愛知県あま市二ツ寺屋敷69


目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑧ 尾張・あま市 福島正則生誕地

目次(真田丸紀行 東海編)

名古屋市からあま市へ行く。
細い道路の道端にある。
幟も何もない。 ここへの案内の標識も無い。
少し寂しいが………

20160911_81

福島正則と言えば猛将である!!
関ヶ原では宇喜多秀家と激突した。
天下を狙う器ではない??
日中から酒を飲んでいる??
かって結城秀家に、「天下にことあらば私は貴男についていく!」
誰かを押し立てる立場だとは心得ている??

20160911_82

正則は関ヶ原では活躍した。
その後が良くないのか??
戦勝後、正則の家臣が家康の家臣と揉めて腹を切った。
相手の首を正則は要求した。
誰のおかげで関ヶ原で勝ったのか???
そう言いたかったのか??
真田丸ではこの場面はあるのか??
多分カットだろう………

20160911_83

20160911_84

八丈島に流された宇喜多秀家に、正則の家臣の船流れ着き会った。
その時に酒と食料を渡したようだ。
家臣はどうなるか分からないが、正直に報告したら褒められたようだ!!
仕え辛い武将だったのか??

20160911_85

福島正則生誕地
愛知県あま市二ツ寺屋敷

目次(真田丸紀行 東海編)


2016年9月16日 (金)

真田丸紀行! 東海篇⑦ 尾張・名古屋市 中村地区 秀吉・清正の遺産で食べているのか??

目次(真田丸紀行 東海編)

妙行寺の道路の街路樹がきれいだった。
何の花か分からないが………
この妙行寺の道路を挟んだところにハイツ(?)がある。
「Casa 清正」

20160911_71

そう言えば来る途中に、「清正湯」があった。

20160911_72

偶然と思うが、「かとう」と名前が付く店が何軒かあった。

20160911_74

「串かつ 太閤」もある。

20160911_73

ここは太閤秀吉の遺産があるのか???

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑥ 尾張・名古屋市 中村地区 常泉寺

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・名古屋市 中村地区 常泉寺
秀吉生誕の地である??

20160911_61

20160911_63

20160911_62

豊太閤産湯の井戸がある。
此の井戸は秀吉公生誕の当時近郷に類のない清水の溢れる井戸と伝えられている。
此処に秀吉の依頼によって寺を建立した時、この清泉の涌出を意味として常泉寺の寺号を定めたとようだが、地下水の移動で枯れたようだが、復興したと言う。
どうやって復興したのかと思うが………

20160911_64

20160911_65

御手植えの柊がある。
秀吉は小田原城攻め凱陣の時、此の地で一宿されて、小早川隆景・加藤清正を呼召。
私11才のとき植え置いた柊が繁茂せり、柊は鬼神も恐れる吉祥の樹なり大切に致すべしとして、手ずから竹を立添えられる。
以来「幹」が衰えても下枝が育ちを繰り返しながら現在に至る。
本当かなと思わせるが………

20160911_66

20160911_67

むすびの輪がある。
日蓮上人???
奥さんがまわしたが、一致しなかった??

20160911_610

20160911_69

常泉寺
愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷47

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇⑤ 尾張・名古屋市 中村地区 豊国神社

目次(真田丸紀行 東海編)

豊国神社

20160911_51

参道入口には昭和4年の名古屋市編入に際して立てられた「中村の大鳥居」が聳えている。
社殿自体は小ぶりの質素なものである。
年輩の係りの男性が親切に対応してくれる。

20160911_52

社殿東側には「豐公誕生之地」の碑が立つ。

20160911_55

20160911_56

熊本城内 加藤神社復興支援もやっている。
加藤清正がドラマ化されれば、両地区は協力するだろう………

20160911_53

20160911_54


豊国神社
愛知県名古屋市 中村区中村町木下屋敷

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇④ 尾張・名古屋市 中村地区 大河ドラマへ??

目次(真田丸紀行 東海編)

ここも狙っている?? やはり観光にとっては良いのだろう……
しかし加藤清正で1年は辛いのではないか??

20160907_41

加藤清正が「蛇の目」と「桔梗」との二つの紋を併用するようになったのは、肥後半国に封ぜられてからである。
27歳で3000千石の侍大将からの出世である。
森本義太夫、飯田覚兵衛の家臣がいるが………
肥後半国と讃岐の両国から肥後半国選んだ。
尾藤の武具、調度一切を与えた。このときから、清正公は蛇の目。一重菊の加藤の紋と、尾藤の桔梗、折墨の紋を併用することになったといわれている
賤ヶ岳七本槍。
肥後での小西行長との対立。
朝鮮出兵。
関ヶ原での三成との対立。
大坂の陣までに死ぬが、それまでの秀頼に対する忠誠。
そう思えば1年持つような感じがするが………
とは言っても当分無理である。
来年は井伊の女城主である。
次は西郷ドンである。
明智・細川・ガラシャ、北条5代等候補は有り過ぎると思うが………

目次(真田丸紀行 東海編)

2016年9月14日 (水)

真田丸紀行! 東海篇③ 尾張・名古屋市 中村地区 中村公園 日吉丸となかまたち

目次(真田丸紀行 東海編)

尾張・名古屋市 中村地区 中村公園 
ここは太閤秀吉にちなんでいる。

20160907_32

池があるが、ひょうたん池、太閤池、関白池とある。

20160907_35

ここに子供たちが遊んでいる像がある。
「日吉丸となかまたち」

20160907_31

真ん中のガキ大将が日吉丸か??

20160907_33

楽しそうである………

目次(真田丸紀行 東海編)


真田丸紀行! 東海篇② 尾張・名古屋市 中村地区 加藤清正生誕地 妙行寺

目次(真田丸紀行 東海編)

妙行寺は加藤清正の生誕地と言われている。
賑やかである。
ここはわりと直ぐに分かる。

20160907_21

中も色々ある。
清正の像がある。 年季が入っている??

20160907_25

清正の武者の看板に、顔を出しての記念撮影ができる。何処にでもあるが………

20160907_28

生誕地の碑もある。

20160907_29

20160907_22

あらい浄行菩薩がある。 

20160907_26


ただここに置いてあるカップが可愛らし過ぎる。

20160907_27


20160907_24

日蓮宗 正悦山「妙行寺」
愛知県名古屋市中村区中村町字木下屋敷22

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸紀行! 東海篇① 尾張・名古屋市中村~あま市、稲沢市(愛西市)へ

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸の名所案内で、福島正則の生誕地があった。
あま市である。
2010年3月22日に海部郡七宝町、美和町、甚目寺町の3町合併により愛知県内37番目の市として誕生。愛知県の平成の大合併最後の合併である。難読の郡名である「海部」をひらがなに直した新市名「あま市」に決定した。
合併による新都市名は揉める??
何処が主導権を取るかである??
吸収されるのなら問題は少ないが、対等の場合に紛糾する。
昔北九州市だ出来た時は、アンケートによると西京市が多かったようだ。
西の京である。どちらにしても前の面影はない………
このあま市のひらがなも問題と思う??
はっきり言って行くまで、あま市の事は知らなかった………
「すいません!!」
前の町役場がそのまま市役所に昇進して、分所みたいになる。
人口は、約87,000人である。

あま市は、七宝焼による工芸品の製造、地場産業である刷毛が有名である。
ここへ行く予定だが、調べると名古屋市に加藤清正の生誕地がある。
近い。車で10分程度の距離である。
秀吉もである。
まずは清正に行く事にした。

20160911_map
あま市の位置

目次(真田丸紀行 東海編)

2016年9月12日 (月)

「腕時計、携帯、車」にウザイ人! 持ち物でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点。

奥さんかが面白い記事を見つけて来た!!
持ち物でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点 「腕時計、携帯、車」職場にウザい人いません? と言う記事である。
「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。
仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。
佐藤優が言うと、「地あたま」と言う風になるのでは??

つまり、「腕時計、携帯、車」 にこだわっていても誰も評価しない!!
でもないだろう………

高級品を身に着けている人は多い。
ブランド品がある。 海外に良く行くが、ブランド品は買わない!
珍しく買ったのが、バーバリーのコートである。
後は単なる市販品が多い。
子供の頃から、コートはバーバリー、サングラスはレイバンと教えられた??
両方とももっている。
が、ブランド品はあまり欲しくない!!
携帯も、いつまでもガラケーを使っている。
電話出来て、メールが出来ればよいと思っている。
スマホには全然興味が無い!!
「おかしいと言われることが多い………」
そう言う時にこの記事を見つけた。
チョッと引用させて貰います!!

毎年モデルチェンジされるiPhoneやサムスンの最新機種には見向きもしない。
「ガラケー」を、これでもかというほど使い倒している富豪がいる。
【1】自分に必要なものを知る:「自分なりの哲学・信念」がある。
「自分は携帯は音声通話しか使わないし、他人に流されて無駄な買い物をして資源を無駄
 にしたくない」
【2】買い物も“バリュー投資”:「自分で価値を判断する主体性」
「自分が自動車に対して求めているのは『見栄』や『豪華さ』ではなく、たんに『安価
 経済的に自分を運ぶ手段』なんだ」という。
【3】「周囲への配慮」があるか
「服装」でも同じことだが、一流の人ほど、職場や商談では、スーツは多少いいものを着
ていても、アクセサリーや時計はあえて簡素なものをしてのぞむものだ。
【4】そもそも「まともな金銭感覚」の持ち主か
たとえあなたが自腹で買った持ち物でも、そのカネ遣いによって、『まともな金銭感覚』
の持ち主かどうか」を見られていると。

「仕事ができ、かつカネ持ちの人に限って、おカネに細かく、厳しい」
ビジネスで扱うおカネの大半が「自分のおカネ」ではなく「他人のおカネ」「会社のお
カネ」だという当たり前の基本を、厳しく順守している。
ファーストクラスで無意味な「視察」という名の大名旅行を繰り広げる、
全国の国会議員・地方議員に「自分のカネでも同じ使い方をするか?」
これは誰でも舛添知事を思い出す。 鹿児島県知事もいる。
「決して無駄遣いしない人」と思うからこそ、「会社や他人のおカネを任せても大丈夫」「こいつに任せれば、無駄なおカネは出ていかない」という信頼を得ることが出来る。

そう言う話がある。 これは女性にも言える。
学生で夜にアルバイトしている女性も、高価なブランド品のバッグ等を持っている。
生活の為になっていない。 単に遊びたいためなのか??
又アホな男がブランド品をねだられて買う!!(身に覚えがある??)
二郎は成金趣味ではないし、値打ち分からないので欲しいと思うものは少ない………

20160912_rolex

腕時計は記念に貰った時計である。少し高価なものである。
携帯はガラケー。車は少し大きめの車であるが国産である。
普通の物しかない。
服に関しても、LLBEENが多い! サイズが合うからである。
やはり二郎は二流の人間である。
ブログもA級でもミシュランでもなく、ファッションも気にならない方である。

20160912_iphone

神戸三宮のそごうにはロレックスが入っている。
元町にも、旧居留地にある。
三宮にも高級ブランド時計を扱う店もある。
たかが時計である???
されど時計なのか???

20160912_benz

世界には飢餓で何人も死んでいる。
その時にブランド品を持っているより、たとえいくらかでも寄付をした方が良いのか??
高級品が売れる方がお金が回り、経済効果がある???
どうなんでしょうか???

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸36回 「勝負」

真田丸36回 「勝負」 
昌幸と信繁は三成に付く。
信幸は家康に付く。
秀忠が昌幸を三成に付かした責任を、信幸に問う!!
切腹せよ!!
義理の父は本多忠勝に家康である。
信幸は家康に付くと!!
家康の憎しみは昌幸に向けられる!

稲とこうが昌幸の元に子供を連れて来る。
昌幸を沼田城に入れずに追い返した!!!
流石本多忠勝の娘である!

20160911_sanadamaru2

軍議がある!
ここは定石通り、正則が真っ先に家康に付くと宣言する!!
次が忠興が叫ぶ。 ガラシャの自害の話は無い。
和さざるを得ない。 ここで三成に付くとは言えない!
山内一豊は無視である。 城を差し出す話をしたことで土佐20万石を貰う??
この時期を戦国時代の再来と見た??
昌幸に官兵衛は動く!
甲斐信濃を要求する。 土地が足らなくなるが………
三成は計数に明るい。 検地等で日本の石高を知っている。
甲斐信濃はやれないが、ここは大判ふるまいである。
この時に言えないが、後で大坂方に付くと言った武将がいる。
田丸直昌である。小山評定で、諸将が東軍に味方を約束したのに対し、秀吉の恩顧を思い西軍に付く事を決意した。
実際には直昌は小山会議には参加しておらず、この逸話は創作であるといわれている。
夢が無くなる………

家康は兵を分ける。
東海道の徳川本軍と、中仙道の秀忠軍である。
真田に降伏の使者が来る。 これが平野長泰である。 出た!!!
もう出ないと思っていたが………
5千石の使者はどうなのか??

上杉景勝も覇気を感じられないが………
東の関ヶ原はさらっと流している。
景勝は戦いたいが、直江山城守は待つ。
家康が戦ってから、背後から家康を襲う!!
せこい!!

秀忠軍は本多正信が軍議を仕切る???
これは武断派の武将が気に入らないはずである。
第一次上田合戦で徳川は伏兵にやられる。
この伏兵を率いたのが信幸である。
その時に負けた武将に平岩親吉がいる。
雪辱戦になる!!

20160911_sanadamaru3

戸石城を信幸が馴れ合いの戦いで奪う。
信幸はそれ以降、戦いに出て来ない!!

真田はゲリラ戦を挑む!!
兵力上仕方がない。
秀忠の軍勢を引き付けておけば良い!
関ヶ原に間に合わせなければ良い!!

雨が降る。川の水が増える。
これが狙いなのか??
秀忠は初陣である。
昌幸が言う、「初陣で負ければ生涯戦下手になる!」
その通りになってくる………
関ヶ原の本戦が始まる。 秀忠は急ぐように命じられる。
真田は勝ちである。 酒宴が始まっている。
この時佐助が関ヶ原から帰ってくる??
皆、三成の勝を信じている!
佐助が報告できない。 信繁が大声を出す!
三成の負けを言う!!
皆信じられない!!
まさかと思う敗戦である??
展開が早すぎる!!

20160911_sanadamaru1

来週はどうなるのか??
三成の処刑が見られる。
9月のこの時期に関ヶ原の合戦があったので、季節的には今である!!
2014年の関ケ原紀行のは下記のリンクで見れます。
http://jirokayo.cocolog-nifty.com/blog/sekigaharamokuji.html

来週は嫌でも家康と昌幸、信繁の対面の場面がある!
どうなるのか??

2016年9月10日 (土)

本・文明が衰亡するとき(1981/11)・高坂 正堯

なぜ文明は衰亡してしまうのか?本書では、巨大なローマ帝国が崩壊する過程や、中世の通商国家ヴェネツィアの興亡を検証。繁栄そのものの中に衰亡の本質はあり、その原因には多くの共通項があることを説く。そして現代、膨張し続ける超大国アメリカにも、すでに衰亡の萌芽が…。人類の栄光と挫折のドラマを描く、必読の文明論。

20160910_book1

これも本の整理をしていたら出て来た本である。
この本はNHKのスペシャルでやっていたのを観た。
本を読んだのは、書評で見たからだ。
それから塩野七生の本を読むようになった。
ローマ、ベネチア、アメリカ、日本と続く。
このベネチアの章に、「塩野七生 海の都の物語」の紹介があった。
それから間もなく、「コンスタンチノープルの戦い」が発行された。メチャメチャ面白かった!

衰繁栄の頂点に達すれば、後は下がるだけなのか?衰亡論がある。
ローマ帝国は滅んでいる。が、東ローマ帝国は西が滅んでから1千年保っている。

ローマ帝国の滅亡の理由は??
いろいろ記述されている。みんなそれなりに原因の一因なんだろう………
気候の変動をあげている学者もいる。
その気候はアメリカ大陸の木の変化によって推測している?地中海とアメリカでは違う!
国が起こるときは、人々は一生懸命働く。自国のすぐそばでの戦いには皆必死になる。
が帝国が大きくなると、辺境の争いは他人ごとになる。
生活も豊かになる。兵役にもつかなくなる!創業時と滅亡時は民族が違っているのではないのか??
ローマ市民がいる。
エペイロス王・ピュッロスに負けても、勝ったピュッロスが、勝っただけと言ったようだ。
ハンニバルに負けても直ぐに志願兵で兵を補充している。
領土の拡張も限界に来ている。巨大なるが上に滅んだのか??
と言う風に理解したが………

ベネチアには行った事がある。「塩野七生 海の都の物語」何度か読んでいる。
ミラノ・ベネチアに行く飛行機の中でも読んだ。
ベネチアへは、ミラノから列車で行った。
電車の中で、パソコンと携帯電話を盗まれた。バッグの中のパソコンが無くなっていた。
不用心である。列車の棚の上においていたのを、中だけ抜かれた。
情けなくなったが、ハラは立たなかった………
さてベネチアである。かっては交易で栄えた。その名残が残っている。
今は観光で食べている都市である。
過去が息ずく町?? 過去で食べている町!!
ベネチアは楽しかった。料理も口に合って美味しかった!
街を歩いていても楽しい。橋まで行きのに遠回りしなければならない??
水上バスも一方通行なので大分遠回りの時もあった。サンマルコ広場も楽しい!
ここを見ているので、海外の美術館でもこの絵画は直ぐに分かる!

ベネチアも繁栄の頂点に立った。
イタリアの海に関係する船、海軍の国旗には、ベネチア・ピサ・アマルフィ・ジェノバの4都市の国旗が真ん中にある。
ベネチアは「緋色に黄金の獅子」である。
ジェノバとの抗争、戦争も徹底的まではやらない。
経済活動に影響があると思えば休戦している。
この辺りは、「海の都の物語」が詳しい!
この章で直接選挙の弊害の警戒心が記述されている。
世襲制も恐れたようだ!
実際に能力がありながら世襲になると言って、元首にならなかった人もいる。
まず国の為になるかどうか考える。複雑なシステムを築造している!
日本でも直接選挙になれば、杉村太臓、田中真紀子首相にもなりかねない!

地中海貿易で繁栄を極めながら15世紀になり陰りが見られる。
オスマン・トルコにフランス・スペインである。
大国に対して、都市国家では対抗できなくなる。特にトルコとのやり取りは厳しい!!
トルコは人的資源が豊富である。損害を恐れないし直ぐに補充できる!とても太刀打ちできない。
スペイン・ポルトガル・オランダ・イングランドが大西洋に航路を開く。ガレー船から帆船になる。
ベネチアは地理的状況もあるが、地中海交易で栄えて、船も地中海用で良かった。
ジブラルタル海峡を越えてまで大西洋に出ていかない。
それに船も造れない。
ガレー船も漕ぎ手が市民だったのが、奴隷に変って来たと言う。裕福になれば考えも変る!
ローマ帝国の末期と同じように感じるが………
「通商国家はつねに新しい変化に対応する姿勢を持ち、時代が変化したり、危機がおこるときに臨機の措置を講ずることができなくてはならない」
国民が変化を求めなくなった??
帝国主義と言うのか、ヨーロッパ各国が力を付ける。
都市国家では対抗できない、無理な状態になっている。
時代がそうなって来ていたのか??

アメリカがある。
超大国である。
この本が書かれた時点では、米ソの対立がある。
中東も今とは違う。ヨーロッパ自身も違う。
今は中国がソ連に代わるアメリカの仮想敵国なのか??
より良い住まいを求める。
豊かになって来ている。
郊外に家を建てる。
それにより民族、収入、階層による差別が出来て来る??
ローマ帝国も一挙に衰亡に向かったわけではない。
五賢帝の時代もあり、持ち直している。

成長の限界がある。
誰もがアメリカにあこがれていた時代は、1ドル360円だった。
永遠に続くかと思われていた!!
ドルの敗北がある。
当時は大きいアメ車にあこがれていた。
石油危機から変わったのか??
ガソリンのがぶ飲みが批判される。
企業のやる気が無くなる。製造より金融になる??
ベトナム戦争で負ける?? 各国で反アメリカ活動が盛んになる。
イランとの対立! アメリカの正義が怪しくなる。
この本に書かれた時代からソ連が崩壊して、イラク戦争、イスラムの台頭がある。
ほぼ頂点に立ったのではないかと思う!
後は緩やかに下がって行く?????
大統領選挙がある。
かっては政党の長老が候補を決めていた。プロが決める。透明性は無い!
いまやショー化している。 民意を反映させる為に予備選が行われる。
予備選は、超マラソンレースになっている。
カネとスタミナがいる。
民意を反映させる原則の為に、他を忘れている。
カネの事もあるのだろう………
企業も経験軽視に、分析尊重になっているようだ。楽な方向に走っている??
俺のカンでは売れる、と言う事は通用しなくなっている。

最後に日本の運命がある。
戦後の幸運な時代がある。アメリカに保護されていた???
狭い国土の通商国家。オランダ、ベネチアがある。
繁栄にはそれだけの理由がある。衰亡にも衰亡の理由がある。
ねたみも買う。
通商国家はより強力な国の造る国際関係を利用する。嫌われる!!
変化への対応力が無くなれば、衰頽になるようだ。
何年後か日本も衰亡するそだろう………

2016年9月 9日 (金)

本・昭和史の深層 15の争点から読み解く(2010/5)・保阪 正康

太平洋戦争、昭和天皇、南京事件、慰安婦問題……。
論争点となってきた15のテーマを通して、表層的ではない昭和史の本質を探る。

20160909_book1

著者の「検証・昭和史の焦点」を先に読んでいる。重複する項目もある。

第一章       満州事変前後の国家改造運動
第二章       二・二六事件と新統制派
第三章       日中戦争と「現地解決・不拡大」
第四章       南京事件
第五章       太平洋戦争とその歴史的本質
第六章       毒ガス・原爆・大量殺りく兵器を許した論理
第七章       北方四島、北海道占領をめぐるドラマ
第八章       「敗戦」と向き合うということ
第九章       東京裁判が真に問うていること
第十章       占領期に見る宰相の資質
第十一章 占領は開放か、それとも抑圧か
第十二章 強制連行の実態を考える
第十三章 沖縄戦の本質を見つめる
第十四章 慰安婦問題に見る「戦場と性」
第十五章 昭和天皇の歴史的役割を検証する

帝国陸軍には戦場神経症になるような意気地のない将校は存在しない!!
診断書を書いた軍医はこうそくされたようだ!
日本軍はそう言う集団と言いたいのか??
現実に目をつぶっている!!
国家改造運動で、「小善・大善」と言う言葉が出て来た。
小善は、軍人勅語を守り、その枠内で帝国軍人としての務めをはたす。
大善は、天皇陛下の御心に添って勤めを果たす。

思い出すのは、習近平に無理やり天皇陛下に会わせた件である。
小沢一郎が、天皇陛下もそうおっしゃるに違いない!
と言って正当化していた。
開き直っていた感じがする。
この時の小沢一郎を見て、この政治家に任せて大丈夫なのかと思ってしまった。
この当時の陸軍軍人も変わらないのではないかと思ったが………

二・二六事件は、失敗して成功した!
このクーデターが成功していたらどうなっていたか?
陸軍は、対ソ戦に走っていた………
敗戦の結果は変わっていないが、もっと悲惨だったのではないか!
ソ連に領土を取られて、シベリアに抑留される人数も多くなっていたと思われる。

日中戦争の間違い。太平洋戦争もそのようである。
①   戦争終末点を考えていなかったこと
②   国際社会の勢力を無視していたこと
③   国民に向けての戦争説明がなされなかったこと

不拡大の石原莞爾は煙たがられていたようだ!
日本陸軍の30%が恒常的に中国大陸に縛られている。金もかかる!
この当時の主敵は共産主義のスターリンである。
国民党、共産党両方を相手にしている。
「敵の敵は味方」 この時に戦略を誤っていなければどうなっていたか?
国民党と講和して共産党にあたる。日本の主敵はスターリン、共産主義である!
軍人の欲望の為に戦っている。
その結果が南京事件を起こしている。
このような計画も無い日本が、虐殺をしたのではない。
そもそも計画的な皆殺しなど、日本軍に出来るわけは無い!
比較にもならないが、ドイツとは違う!
そんな計画的な民族では無い。
著者が記述しているが、司令官自体これを見て情けなかったようだ。
皇軍なんて大層なものはいない!
中国にも問題があったのは事実である。
しかし30万と言う数字は絶対にない??
カチンの森のポーランド将校の虐殺。
殺して埋めている。
それにより虐殺が分かった??
30万の死体の処理はどうしたのか??
人骨がうじゃうじゃ出て来たのか??
30万も殺したのであればその後の南京の人口はどうなっていたのか??
まぼろしと言う意見もある。
戦場心理なんて異常なものである。
著者は当時の日本兵にインタビューしている。
死んでから話してくれ!
名前は出さないでくれ!
機関銃で乱射して殺している。
機関銃なんて日本が持っていたのか??
会社に入ってから中国戦線で戦った人の話を聞いたことがある。
機関銃の話をしていた。
たいがい弾詰りで撃てなくなったと言っていたのが印象に残る。
同じ皇軍でも虐殺に走った部隊と、しなかった部隊がある。どう違うのか??

太平洋戦争とは?
①   自存自衛戦争
②   東亜開放の戦争
③   典型的な侵略戦争
④   強制された戦争
⑤   近代の清算の戦争
⑥   政治的解決の失敗した戦争
⑦   民族解放戦争

実際に朝鮮半島、台湾を統治と言うが、植民地支配している。
戦争開始後も、戦後も東南アジアの国を開放したわけではない。
インドネシアは戦後日本の兵が自主的に戦って、戦後感謝されている。
日本国がそうしたわけでない!!
やはりドイツ頼みの③の典型的な侵略戦争になるのか??
侵攻した国で、傀儡では無い自国の政権を造らせれば又違ったのかもしれないが………

北海道占領では、危なかったようだ。
スターリンは北海道を狙っていた。東半分のようだが………
何か事あれば侵攻する気だったようだ………
トールーマンとスターリンの交渉がある。
占守島の戦いもある。勝者が占領地を広げようとして戦いを仕掛けている??

著者の持論であるが、証言には「一対八対一の法則」がある。
信用できるのが一で、はっきり言えば嘘が一で、残りの八は曖昧である!
曖昧であればそれを言い、当時思っていた事とその後に得た知識の違いを正確に言う人がいる。
全く嘘を言っている。
鶴田浩二がいるが、特攻隊員ではなく整備兵だったと言う。
これも嘘になるのか??
もっとも知っている人も、特攻の代表と言うことで黙っていたようだが………

東京裁判で、この大戦終了時にドイツと日本で世界を分割する案があったようだ。
信じられない話である。
何処が民族解放戦争、東亜開放の戦争になるのか??
たまたまインドネシアの独立戦争に従軍した日本兵が3000人いた。
素晴らしいが、日本国がやったのではない!

靖国の合祀問題がある。
元宮司の松平永芳が合祀したようだが、A級戦犯も犠牲者と言う考えである。
天皇陛下が不満に思っていてもやった。小善でも大善でもない。
関東軍参謀ではないかと思うが???

徴用に慰安婦がある。
日本人としては触れたくない話である。
組織だっての話なのか??
本人の諒解を得ての自主就労か、拉致なのか?
日本は記録を消去している。
なので朝鮮半島、中国の証言しかなくなっている。
いかにアホかが良く分かる。
もうサンフランシスコ条約で解決済みでは済まされないようだ!
慰安婦も同様だろう………
ただ戦場の性がある。
性病がある。これに感染すると戦力にならない。
なのでそう言うところへの出入りは禁止している部隊もあったようだ。
慰安婦を連れまわして戦場に行くのではない。
歴史、人権問題であり、民族問題では無いとも言う。
日本も終戦時書類を焼いている。
慰安婦の書類も都合が悪ければ焼かれている。
そう言う書類が残っていないのでは、無いとは言えない。
何でもかんでも焼くので、吉田証言みたいな嘘がまかり通る。
疑問をつける事自体問題になる。

沖縄の戦いがある。
これは本土決戦の戦いと言う!
サイパン島の島の戦いでは無い。
北海道から兵が来ている。
集団自決命令がある。
実際どうだったのか??
この話になると、命令書は無かったと思う。
ただ、空気がある!
司馬遼太郎が終戦前、関東平野に配置されている。
その時に上陸してきた米軍を迎撃する為に出動して、避難して来る日本国民に遭遇したらどうするのか??
と質問した兵がいる。
答えは、ひき殺して進め!
島で島民をどうやって守るのか?
そう考えたら命令を出さなくても、目が言っている!!!
裁判で争うことも無いと思うが………
ただ大江健三郎は問題である。
ノーベル賞作家とは言え、頭が悪いので読んだことも無い。売国奴と言う声もある!
安倍総理を呼び捨てにしていた。
天皇陛下も沖縄には行きたかったようだ。
もっとも迎える沖縄はどう言う態度か分からないが………

天皇陛下は靖国参拝に行かなくなった。
合祀の問題以降である。
天皇陛下の為にと言っていた人達も、いざとなればどこまで信用出来るのか??
二冊続けて読んだが面白かったです!!!

12

保阪正康

12

2016年9月 7日 (水)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏を見てから………

真田丸は真田の物語である。
昌幸、信幸、信繫の親子の物語である。
なので話は真田が中心になる。
信繫は大活躍である。
北条攻めにも参加している。
秀次事件でも動き回っている。
やり過ぎの感が無きにしも非ずであるが………
信繫が活躍するのは、関ヶ原と大坂の陣である。
関ヶ原は親父昌幸が主役である。
そう言う点から見ると、信繫の活躍は大坂の陣だけである???

関ヶ原はやはり最重要な場面である。
登場人物は多岐に渡る。
藤堂高虎は出ているが重要ではない??
三成が七将に追い掛け回された時、小説により違うが、
宇喜多秀家、直江山城守、伊達政宗、佐竹義宣が重要と思われるが………
三成は秀吉の天下統一で、地方の大名に恩を売っている。
親三成派とでも言うべき大名もいる。
佐竹義宣なんかそうなんだろう。 家康嫌いで三成、山城守と仲が良い??
島津も恩義を感じている。

このドラマは安国寺恵瓊、小西行長もまだ登場していない。
西軍の重要な参加者である。
微妙に立場が違う吉川広家も出て来ない。
関ヶ原本戦での登場はあるのか??
官兵衛は出て来ないだろう………
出てきたら大物俳優と思うし、官兵衛が主役になりかねない??

大谷吉継の北陸出兵は描かれるのか??
あの病弱ぶりでは無理なような気がするが??
カットされるような気がするが………

カットされると言うと、西軍の伏見城攻撃がある。
この城主は、第1次上田合戦で負けた鳥居元忠である。
壮絶に戦い、討ち死にする。
このキャスティングはどうだったのか?? あまり存在感は無い??
「ドラマ 関ヶ原」では芦田伸介が演じて、家康役、森繁久弥との別れのシーンがある。
真田丸では重要視されていない??

20160907_sanadamaru

秀吉の馬廻りにいた平野長泰はもう出番はないのか??
家康の上杉征伐に付いていくはずであるが………
大坂に陣での再登場はあるのか??
無いだろう………

人質の場面はあっけない!
黒田長政、加藤清正は策を講じて脱出させている。
最初から自害を命じられたのはガラシャである。
忠興がガラシャを他人の目に触れさせたくない!
この辺りは司馬遼太郎である。
忠興の家臣に小笠原少斎がいる。
ガラシャの輿入れに付き添った。
光秀反逆後、幽閉されていたガラシャを迎えに行った。
そしてガラシャを介錯した??
忠興の命令であるようだ。 但し顔を見てはならないと???
キリスタンなので自害出来ない。 そこで槍か薙刀で命を絶った。
決められた場所に座る。 後ろから突かれる!
これが小笠原少斎のようだ!!
ここへ、きりは必要ないと思うが………
忠興が自害を命じる場面は欲しかった!!

上杉討伐の話もさらりと流している。
上杉はやる気満々である。
決戦場も決めている。
前田慶次郎、山上道牛、車丹波、斎道二、岡左内、小幡将監らを抱えている。
ナポレオンとフリードリッヒを研究した石原莞爾が感嘆したと言う上杉の布陣!!
譜代の兵に奥羽浪人を加えた6万とも7万とも布陣で徳川を待ちうけたようだ。
雑軍ではない。 上杉景勝が指揮する軍である。 まとまっているはずである!!
もし戦っていれば相当な日本史に残る激戦になっていたのではないか??
戦ってから三成は兵を挙げて、家康を東西から襲う!
そんな計算通りには行かないか?????
この上杉と徳川の衝突があっても、最上義光は動かない。
徳川の勝が見えた時、餓狼の如く上杉領に侵攻する。
伊達政宗も同様なのか??
佐竹義宣は状況次第である。 父義重がまだ力を持っている。
簡単に家康攻撃を了承しないだろう………

犬伏の別れはやはり真田の物語である。
なかなか良かったと思う!
有ったか無かったか分からない小山評定。
あれば当然黒田長政と福島正則のやり取りがあるはず!!
ドラマではカットである。 真田には関係ないのか??

家康は小山着陣で、三成が兵を挙げるのを待つ????
この時佐竹義宣の家臣が夜襲を進言する!
取り上げなかったが、佐竹の陣営の雰囲気が分かる!
反徳川か?? 問題の多賀谷重経もいる。

家康小山撤退時、景勝に山城守が徳川追撃を進言した。
佐竹も同調すると!!
関ヶ原の合戦も、本戦より上田の戦いがメインになる。
さすれば本多正信が重要になる。
若い秀忠を翻弄する昌幸が見られるのだろう………

ともあれ戦国時代は武将に対する個人の思い入れが深い!!
描き方が気に入らない場合も多い!!
二郎も先入観が強いので、不満はあるが………

2016年9月 5日 (月)

2016年度 NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏

NHK大河ドラマ 真田丸 35回 犬伏。
ドラマの見どころがきた。

上杉討伐が始まる。
真田屋敷で家族会議がある。
上杉に付くと!!
大谷吉継の娘は嬉しい。
が、本多忠勝の娘の心中は複雑である。
尼になると!!

20160904_sanadamaru3

徳川を迎え撃つ上杉は弱気なのか??
徳川は6万から10万の兵である。
場面は簡単に済んでいる!
ナポレオンとフリードリッヒを研究した石原莞爾が感嘆したと言う上杉の布陣!!
譜代の兵に奥羽浪人を加えた6万とも7万とも布陣で徳川を待ちうけたようだ。
小山から撤退時に徳川追撃をしなかったのは何故なのか??
これは真田の物語である。 厚かましいか??

江が出て来た。 いずれ重要な役割を果たす!
姉さん女房ぶりが絵になっている???
秀忠は頭が上がらない様だ。

大谷吉継が石田三成に会う。
自分で長くはないと自覚している!
三成の味方になって欲しいと頼む!
やらねばならぬ!!
ではなく、何としても勝たなければならない!!
決意の文は自分で書く。 もう書けないので三成が代わりに書く!!
悲壮感が漂っている………

それ反して、昌幸は時期が来たと喜色満面である。
家康の首をまず取る。
信玄が納めた甲斐・信濃を取り戻す。

西軍の軍議がある。
伏見城攻めが始まる。
宇喜多秀家はやる気満々である!!
声から、表情から違う!!  それに引き替え秀秋は………
家臣に板岡部江雪斎がいる。 家康の密使と自分から言う。
三成も気の毒である! これが一門かと思うと情けない………

20160904_sanadamaru1

三成の人質作戦が開始される。
早々にガラシャが死ぬ。
家康の側室は逃げる。 黒田官兵衛と清正の話は無い!!
ガラシャは自害が出来ない!
家臣に刺させる。 これも顔を見てはいけない。 忠興の指示なのか??
これが人質作戦に響いてくる!!

三成挙兵が知らされるが、昌幸は早すぎると怒る!!
上杉と徳川が激突してからが望ましい!!
ここから高名な「犬伏」の別れがある。
上田に籠城する。
今後の見通しは、世は乱れると!!
信繫は「甘いと!!」 武装中立はあり得ない!!
豊臣恩顧の大名も家康になびいている。
様子を見に来た家臣に下駄を投げつけるエピソードがあるが、ドラマでもあった!!

紛糾する会議で、信幸が叫ぶ!!
信幸は徳川に付く。
昌幸・信繁は三成に付けと。
それが真田の名前を残す最善の道であると!!
徳川が勝てば、信幸は昌幸・信繁をどんな手を使っても助ける。
三成が勝てば、信繁が信幸を助ける!!
信繫は納得する!! 昌幸はどうかなと????

20160904_sanadamaru_2

「背水の陣」の説明がある。
昌幸が、韓信もバカだと言う!
そんな作戦を文章で残せば、だれも使わないと!!
次週は上田決戦である。 ここできわどい勝をしておけばまだしも、大勝するからおかしくなる。
秀忠軍には本多正信に榊原康政が付いている。 考えようによってはこちらが本軍と言う説もある。
わざと決戦に遅らせて兵力を温存した???
そんな事はないだろう………
しかし本多正信も自分でおいぼ入れと言っている!

名所案内は当然「犬伏」である。
下野の国である。
足利、栃木の小京都にも行きたい!!
絶対に行くゾ!!!

本・山本五十六再考(1996/4)・野村 実

ハワイ奇襲攻撃において山本みずから現地で指揮を執っていたら、戦局はどう変わっていたか。伏見宮博恭王が天皇と海軍に与えた影響の大きさは―。軍事史の専門家が長年にわたって渉猟した旧陸海軍第一級資料の詳細な検証に基づく、知られざる日本海軍の姿。

20160905_book1

3部構成である。
第一部      天皇と伏見宮
第二部      山本五十六再考
第三部      戦史こぼれ話

伏見宮??
皇族が国家に義務を果たす!イギリスはそうなっているようだが………
が問題も多そう………
どうしても遠慮がある。
長老と言うのは、ややこしい!東郷元帥もいる。
日露戦争に従軍している。
負傷している。山本五十六もである。
それ以降は戦場にいたのでは無さそう………
昭和の将軍は皆同じであるが………
艦隊派に条約派の対立がある。
伏見宮もユーモアがある。
艦船で呼びに来た兵がいる。
扉のところで、「殿下殿下」と呼ばれたら、
「もう出るわ!」と答えたと言う!
何を決めるにしても伏見宮の存在があるようだ。
一言、言えばそれが生きる。

開戦前の日本の戦争計画がある。
何を置いてもドイツ頼みである。
イギリスを海上封鎖して、チャンスがあれば上陸する。
インド洋で枢軸国は結ぶ!
ドイツがソ連を屈服させるのを期待する。
中国は、開戦後の有利な状況を利用して屈服させる。
アメリカを屈服させる手段は無い!
アメリカには、謀略、宣伝で厭戦気分をあおり有利な状況で講和する。
アメリカから見たら馬鹿にされているとしか思えないだろう………
アメリカに対する謀略、宣伝なんてどうやってやるのか??
全てドイツだよりである!
バスに乗り遅れるな!!
AIIB、早く参加しなければ損だと!
どうなんですかね??
単に中国に良い顔をするだけとも思いますが………
バスに乗り遅れた方が良いかもしれないです!!

ロンドン軍縮会議がある。山本は強硬だったようだ。
ワシントン会議では主力艦の比率が決まった。
英米が5、日本が3、フランスが1.75である。
昔よく分からなかったが、フランスが少ないとは思ったのを覚えている。日英米だけが問題なのか?
よく我慢しているなと思ったが、やはり我慢していなかった??
このままでは国に帰れない!
ロンドン会議の補助艦の割合は譲れなかったようだ。
なので日本と協働する??
敵の敵は味方である!
韓中の敵は日本の味方である???

米内光政がいる。
山本・井上と並んで三国同盟に反対した。
開戦前後の状況はどうだったのか?
ハンモッグ番号が優先される。
小沢治三郎も南雲忠一を抜けなかった。
米内軍令部総長、山本海軍大臣。
米内連合艦隊司令長官、山本第一航空艦隊司令長官。
井上海軍大臣もあったようだ!
先輩が多過ぎてなれない!
何一つ実現せずに戦争になった。
戦う事を望まない避戦派の提督と、開戦すべきと言う提督・参謀がいる。
当時の状況を現在の状況で考えるのは間違っている?
伏見宮は開戦派である。
万が一戦争になり負けた時、皇族が中枢に入っていたら困るので、重要なポストから外している。
そんな覚悟で戦争されても困ると思うが………

終戦時貴重な文献は焼却されている。
残っておれば貴重な史料である。
これが分かって秘蔵した人もいる。
後に重要な文献になる。
宇垣纏が残した『戦藻録』も貴重な史料である。
ただし黒島亀人が貸してくれと言って途中を紛失している。
なにか嫌な事が記述されていたのだろう………
こうなれば文献も信用出来なくなる!
しかし焼却命令があったにも関わらずに残した人は、やはり偉いと思う!

イギリスの外交官のアドバイスがある。
独ソ開戦の世界大戦の中、日本は中立を保てるチャンスであると!
確かにそうである!
1940年、真珠湾攻撃の1年前にイギリスだけに宣戦布告されるのをイギリスは恐れた?
この本では、オランダだけに宣戦布告すればどうなっていたかのか??
あまり結果は変わらないようだ………
真珠湾攻撃に山本五十六が司令官で行ったらどうなっていたか?
その後の展開は日本に有利になっているはず!
が結果は戦争を長引かせただけになるのか??

インド洋にドイツは艦隊、潜水艦を派遣して欲しい。
シーレーンである。
が日本にはそんな余裕はなかったようだ………

何処の国の軍隊も陸海軍は仲が悪い。
日本は統合論があったようだ。
硫黄島、栗林中将が主張したようだ。
海軍の兵も艦船が沈んで余っている(?)のだから陸軍の兵に回す!
それはどうなんでしょうかね?

よく知らなかった話も多く大変面白かったです!!


2016年9月 3日 (土)

神戸国際会館 五木ひろし/八代亜紀ジョイントコンサート(9月3日)

9月3日、神戸国際会館で「五木ひろし/八代亜紀ジョイントコンサート」があった。
毎年のように五木ひろし、坂本冬美のコンサートには来ている。
今年は五木ひろし/八代亜紀ジョイントコンサートである。
14時からの公演に行った。
八代亜紀は初めてである。

20160903_concert

神戸国際会館が最初である。以下今年の11月28日まで全国各地で行われる。
最初は神戸と言うのは嬉しい!
『ここは松山………』
ファンサービスがある。
『ここは神戸………』と変る!!
各地で歌うのか??
越谷、習志野、静岡………
神戸国際会館 こくさいホール (兵庫県)
サンシティ越谷市民ホール 大ホール (埼玉県)
習志野文化ホール (千葉県)
静岡市民文化会館 大ホール (静岡県)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
茨城県立県民文化センター 大ホール (茨城県)
金沢歌劇座 (石川県)
広島上野学園ホール (広島県)

八代亜紀はドレス姿である。
赤、青、白、肌色??
五木ひろしは、スーツ姿で「長良川艶歌」の時だけ着流しである。
ついでに「高瀬川」も歌ってくれたらよいのに………
初めてのジョイントコンサートである。 年齢がかせぐ!

交互に歌う!!
八代:おんな港町
五木:待っている女
八代:もう一度逢いたい
五木:夜空

と続きデュエット曲になる。
居酒屋
愛は傷つきやすく
昭和枯れすすき

五木のギターで歌う。
たそがれの銀座
恋あざみ
ラヴユー東京

全日本歌謡選手権の話になる。 八代亜紀もここで10週勝抜いている。
二人ともチャンスをつかんだ!!
最初と最後に歌った歌を披露する。
八代:あなたのブルース
五木:うわさの女
八代:愛は死んでも
五木:雨の横浜

こうやっていると夫婦のようだと八代亜紀が笑わせる。
五木ひろしは、堪忍して欲しいと!!
八代亜紀はモンゴルにも行っているようだ。
羊や牛を相手に歌っている????
出世作がある。
八代:なみだ恋
五木:よこはまたそがれ

それからそれぞれのコーナーである。
八代:海猫
   愛の終着駅
   雨の慕情
   Sweet Home Kumamoto

五木:夜明けのブルース 『ここは松山(神戸)………』
   おまえとふたり
   千曲川
   契り

八代:ふるさとへ
五木:長良川艶歌
八代:こころをつなぐ10円玉
五木:九頭竜川
八代:舟唄
五木:山河

最後は「上を向いて歩こう」である。
休憩も無く2時間のコンサートでした。
聞きたい歌が無かったので寂しい思いをしている人もいるだろう………
いつもながら大変楽しめました!!
(曲名に関しては勘違いもあるかも知れません!!)


「智将トーク・プレミアムin信州真田」開催のお知らせ(泣く!!)

先日奥さんが見つけた記事がある。
NHK大河ドラマ、真田丸関連だ!
「智将トーク・プレミアムin信州真田」
9月8日に上田である。
昌幸役の草刈正雄と、石田三成役の山本耕史が出演する。

20160903_talkshow

この二人のトークショーなら面白いのではないか??
特に山本耕史の演技は冴えている!
関ヶ原に向けてどう演じるのか??
大谷吉継の説得場面は??
楽しみにしている!! 
なので特に実際に喋るのを聞きたかった………
奥さんは二郎が行く気満々なのが分かっているので申し込んでくれた!
聞いて絶対に行きたくなった!!
応募は多いと聞いた。
3日の日に結果が来た!
ラッキー!!!
では無かった!(泣く!!)

仕方が無い! YOUTUBEでのアップを待とう………
死ぬまで待たなければならないのか??
残念である!!

帰りにあま市に寄り、名所案内を回る気になっていたがダメになった!
単独で来週か、再来週に行きたい!!
Ndeさんへ、よろしく!!

2016年9月 2日 (金)

本・ヨーロッパで最も危険な男・第二次世界大戦文庫(1985/5) チャールズ・ホワイティング(著)芳地 昌三

これは古本屋で見つけた。題材で買った本である。小さな声で100円である。
ヒトラーお気に入りの二人の戦士がいる。命令通りに行動し、結果を出す。
様々な奇襲・極秘作戦に従事したことから、ヨーロッパで最も危険な男と言われた、
「オットー・スコルツェニー!」
Ju87に乗り、ソ連戦線でソ連戦車500両以上と800台以上の車両(正確な数は不明)を撃破し、「ソ連人民最大の敵」と言われて、ただ一人「黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章」を授けられた、「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル!」

20160902_book1

オットー・スコルツェニーは、グランサッソに幽閉されたムッソリーニを救出して、
一躍世界にその名前を響かせた!
この作戦から、傑作「鷲は舞い降りた」が生まれたのか?

オーストリアに生まれ、学生時代から決闘クラブに属していたようだ。
当時はそう言う組織があったようだ。実際に決闘もしている。
飛行機を操縦出来るので、空軍パイロットを目指したが30歳と言う年齢ではねられた!
そのおかげで、親衛隊特務部隊に入り、頭角を現す!
数々の特殊作戦に従事する。上司にヴァルター・シェレンベルクがいる。
色々言われている親衛隊の将軍である。
ジャックヒギンスが好きなのか、小説にはよく登場する。それで名前を知っていた。
ムッソリーニ救出、ユーゴのチトー誘拐作戦、ハンガリーの摂政ホルティ・ミクローシュの息子ニコラスを誘拐し、ハンガリーを枢軸国側に留めた作戦に従事した。
そしてバルジ大作戦である。
後方攪乱の為にアメリカ兵に偽装させる。人員の募集から訓練まで行った。
アメリカ語も喋るといってもピンキリである。そのなかでの募集と訓練である。
アメリカ兵の軍服から集めなければならない。

成功したとは言えないが、アイゼンハワー暗殺の噂が立った。
本人はそんな計画を立ててはいないが、噂が先行した!
これによりアイゼンハワーは守るために幽閉状態になった。
噂だけでも敵を攪乱できる!
ドイツはアメリカ軍の細かい規則などは分からない。
アメリカ兵にとっては、常識とと言うか当たり前であるが、ドイツ兵には分からない。
ジープがある。4人乗れる。となれば4人乗るのが普通である。
がアメリカの規則では、3人しか乗れないようだ。
4人乗っていてばれた様だ!!
最後は作戦の続行を諦め、部隊は歩兵として戦ったようだ。
終戦前は東部戦線で、部隊を指揮してソ連軍と戦ったようだ。
部隊はユーロッパ軍と言うべきか、様々な国の兵がいた様だ。
戦後、アメリカ兵に化けた事に対して裁判を受けるが、連合軍も同じ事をやっていたと証言があり(やった本人の)無罪になる。
後に実業家になる。
「フレデリック・フォーサイス:オデッサ・ファイル」のように、ナチの軍人の逃亡に手を貸したようだ。
波乱万丈の生涯だったようだ!!

2016年9月 1日 (木)

本・NARUTO ─ナルト─ 木ノ葉新伝 湯煙忍法帖(2016/8)・岸本 斉史・ひなた しょう

七代目火影・うずまきナルトが木ノ葉隠れの里を始める新時代。現役を退いたカカシ、永遠の青春を追い求めるガイ、二人の護衛を任じられた中忍・猿飛ミライの一行が向かった先は湯の国の温泉!親から子へ…師から弟子へ…新たな世代に思いをつなぐ、身も心も温まる絆の物語!

20160901_naruto_book1

奥さんが買って来た本である。
久しぶりのナルトである。
時代は変わっている。
「BORUTO」へ続く物語とある。
猿飛ミライが主人公である。
ひねくれていない、真っ直ぐな性格である??
女の子にも見える?? 女の子である!!
カカシとガイが温泉に行く。
かりにも6代目火影である。
ガイは車椅子である。良く考えたらどちらも独身である。
この男二人に、猿飛ミライが護衛として行く。
平和な時代に修行を続ける意味があるのか??
そう言う時代になっている。
暁もいない??
忍び同士の争いも少ない!!
そうなると抜け忍はどうなっているのか気になる??

温泉がある。 火と湯の国の国境にある温泉である。
「犬湯」「猫湯」名前によるもめごとがある??
湯の国と言えば、暁の「飛段」がいた。
不死身である!
カブトの穢土転生で生き返っていない。
まだ埋められたままなんだろう………
ジャシン教????
シカマルが頭脳で倒した??
こう言うのが又出て来る。

カカシものんびりしている。 が頭脳は冴えている??
何かの任務があると想像する!
チョウジ、キバ、テンテンも登場する。
犬湯??
当然キバだ!! 彼女と来ている??
火影の座を自ら降りた男???????
がここ犬湯では高名である。 尊敬されている???

なにかと言えば復活の話が多くなるのが外伝か??

『汝、隣人を殺戮せよ』
ジャシン教の教えと言う。
血を使う!
これを逆手にとって、飛段を罠にかけたのがシカマル!!

シカマルの師は猿飛アスマ。
ミライはアスマの娘である。 初め息子かと思ったが………
母親は幻術の紅である。
血はひいている??
アスマとは違う感じがするが………
正義感、真面目、融通が効かない???

禁術??
死んだ人に会える???
穢土転生に輪廻転生がある。
ここもそう言う話になっている。
綱出が、大蛇丸に恋人と弟に会わせると言われて動揺する??
誰しも死んだ人には会いたいと!!
綱出は会わない決断が出来たが………
ジャシン教はそれを利用する。
それに騙される人もいる。
「どんな怪我でも治る温泉がある」
やはり動揺する??
今回は、カカシ・ガイのボケと突っ込みのコンビが内々の命令を受けて動く!
修行の意味でミライも連れて行く!
任務は、任務なのかどうかは無事に完了!!
時代はボルトにサラダ、シカダイらになって来ている。
次の小説は誰が主人公なのか??

定年延長について!!『手のひらを返すから』!!

8月31日、無事リタイア出来ました!!
いろいろ周りに世話をかけて、二郎流の仕事をさせてもらった。

先日、「手のひらを返す」事についてアップした。
その時に感じたことがある。
定年になる。今は雇用延長がある。給料が下がる。
これについて、
「その年で他でもっと貰えるならそこへ行ったええ!」
「俺が一番偉いんや!俺の言う事が絶対や!」

と言った支店長がいた! 人間の本性を見ている感じである!
パソコンを触っていると面白い内容があった。
定年延長についてである。 勝手に引用させて貰いますが………

定年延長できる人と、引導を渡される人はどこが違うのか。実績だけではない。
「定年後も希望者全員を再雇用は表向き。きつい仕事をやらせて自主的に辞めるように仕向けるなど、会社にとって必要のない人間に対しては露骨な嫌がらせをして退職に追い込んでいる
「定年後も残ってほしい社員は、ごくわずかしかいない。ほとんどの人はいらないんです」
上場企業に業績評価など再雇用の対象者を絞る基準は必要かを聞いたところ、95.7%の企業が選別したいと考えているのだ
「特殊なスキルや知識を持っていることが望ましいが、その能力をフルに発揮するというより、これまでに培った経験・技術を後輩に伝えることを会社は期待する。
自分は黒衣に徹し、若手を前に出してやらせる。失敗させてもいいからアドバイスしながら後輩を育てていくタイプが残って欲しい」
たとえば営業職であれば、会社にとってはその人がいなくなることで顧客や取引先がなくなることが一番怖い
自分が培った専門性や経験に過剰な自信を持ち、後輩を仕切りたがり、過去の成功体験を披瀝し、自慢話をする人は、最も嫌われるタイプであり、「自分の実力を知る」ことが大事!

過去の実績や自分の専門性を過信している人が多い。会社の看板やブランド、優秀な上司や部下のサポートがあって実績につながっていることを忘れている。
自分一人でやったかのような自慢話など聞きたくない。自分の実績が本物か偽物かを検証し、自分の実力を知ること。自分の役割とは何かを知る人の意識は、職場での立ち居振る舞いに表れる

再雇用したくない人はプライドが高く、勤務態度が悪い人だ。

「年収が半分になり、決裁権限もなくなる。女性の一般職と同じような仕事をやらされ、割り切れない気持ちもわからないではないが、結果いいかげんな仕事しかしなくなり、
自分で自分の価値を下げてしまう」
40代が定年後もすんなりと再雇用される保証はない。

国の強制で65歳まで会社が面倒をみてくれると思っているとしたら甘い。
40代の今からこれまで培った自分の専門性や経験を一度棚卸しして、今の会社で何ができるのか、自分の役割を知ることが重要だ

今40代後半であっても後10年から20年後はどうなっているのか分からない!
一時は世界を席巻していたシャープも今や見る影もない!
東芝にしろ同じである。三菱自動車もある。
復活するには時間がかかるだろう………

定年まで無事に勤められたのは幸せであった。
ありがとうございました。


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ