« 「腕時計、携帯、車」にウザイ人! 持ち物でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点。 | トップページ | 真田丸紀行! 東海篇② 尾張・名古屋市 中村地区 加藤清正生誕地 妙行寺 »

2016年9月14日 (水)

真田丸紀行! 東海篇① 尾張・名古屋市中村~あま市、稲沢市(愛西市)へ

目次(真田丸紀行 東海編)

真田丸の名所案内で、福島正則の生誕地があった。
あま市である。
2010年3月22日に海部郡七宝町、美和町、甚目寺町の3町合併により愛知県内37番目の市として誕生。愛知県の平成の大合併最後の合併である。難読の郡名である「海部」をひらがなに直した新市名「あま市」に決定した。
合併による新都市名は揉める??
何処が主導権を取るかである??
吸収されるのなら問題は少ないが、対等の場合に紛糾する。
昔北九州市だ出来た時は、アンケートによると西京市が多かったようだ。
西の京である。どちらにしても前の面影はない………
このあま市のひらがなも問題と思う??
はっきり言って行くまで、あま市の事は知らなかった………
「すいません!!」
前の町役場がそのまま市役所に昇進して、分所みたいになる。
人口は、約87,000人である。

あま市は、七宝焼による工芸品の製造、地場産業である刷毛が有名である。
ここへ行く予定だが、調べると名古屋市に加藤清正の生誕地がある。
近い。車で10分程度の距離である。
秀吉もである。
まずは清正に行く事にした。

20160911_map
あま市の位置

目次(真田丸紀行 東海編)

« 「腕時計、携帯、車」にウザイ人! 持ち物でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点。 | トップページ | 真田丸紀行! 東海篇② 尾張・名古屋市 中村地区 加藤清正生誕地 妙行寺 »

 真田幸村 紀行」カテゴリの記事

コメント

なるほど

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「腕時計、携帯、車」にウザイ人! 持ち物でバレる「永遠に二流の人」の4大欠点。 | トップページ | 真田丸紀行! 東海篇② 尾張・名古屋市 中村地区 加藤清正生誕地 妙行寺 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ