« 本・使える地政学 日本の大問題を読み解く(2016/5)・佐藤優 | トップページ | 本・軍師二人「侍大将の胸毛・渡辺勘兵衛」・司馬遼太郎 »

2016年10月 6日 (木)

本・水ビジネス 110兆円水市場の攻防(2009/11)・吉村 和就

地球上の水のうち、人類が使用できるのはわずか0.01%。しかし牛丼1杯作るのに2000リットルもの水がいる!水をめぐる問題を多角的に解説。

110

水の本はよく読んでいる。日本の技術も相当高い!!
今回久しぶりに読んだ。

第1部 世界中で足りない水
第1章 世界を襲う「ウォーター・クライシス」
第2章 「バーチャル・ウォーター」水輸入大国・日本
第3章 地球温暖化が水資源の枯渇をもたらす
第2部 水が引き起こす戦争
第4章 イラク戦争は「水戦争」だった?
第5章 世界は水を巡る紛争・問題に溢れている
第3部 巨大「水マーケット」をめぐる攻防
第6章 IBMが水ビジネスに乗り出した意味
第7章 水不足に商機を見出す海外「水メジャー」
第8章 新興国も参入する「110兆円水市場」
第9章 日本の上下水道の現状と課題
第10章 動き出した日本の産・官・学「チーム水・日本」の役割

水を巡る争いが最近多いようだ。
日本の事は知っている事が多い。
「水と安全」はタダと思っている!
日本は雨が多い。が保有すことなく海へ帰っているようだ。森林等で大地に貯めれない。
豊富にある様で無いとも言える。
台湾はもっと厳しい。降雨量は豊富であるが国土も大きく無く、地表の勾配が急で水が直ぐに流れてしまう。

地下化石水がある。長い時間を経て貯水されている。
これは地下にあるので蒸発しない水である。
これをくみ上げて農業に使う。アメリカなんかもそうである。
これが700年分とか言われていたが、どうもそんなになさそうである。
数十年しか無いとも言う。
地下水のくみ上げがある。これもかっては水位は浅かったが、くみ上げ過ぎて温泉を掘るほど掘らなければならない!

日本は島国で問題ないが、数カ国を流れる川がある。
ヨーロッパとか北米は理解が進んでいる。
「RIVAL」ライバルの語源は「RIVER」川と言う。要は昔から川、水の争いはあった。
が問題はアフリカ、中東、東南アジアにある。

ナイル川がある。エジプトはこの上流でのいかなる工事も宣戦布告と見なすと言っている。エジプト、スーダン、エチオピア………
死活問題のようだ。
ヨルダン川:イスラエル、ヨルダン、レバノン。
チグリス・ユーフラテス川:トルコ、シリア、イラク。
世界各国にあるようだ。
中国も上流の川をさわりたいが、東南アジアに影響がある。
アフリカは民族問題にイスラムもあり一色触発であるようだ。
ドナウ川、ライン川も環境汚染の話がある。
中央アジアは領土問題と絡んでいるようだ。
地下水をくみ上げれば、減った分だけ海水が入りかねない。つまり地下水が汚染される。

海水の淡水化も問題があるようだ。
日本の技術はすすんでいる
がこの淡水化した水を流す時に塩分濃度が濃い水を流す。
環境汚染、生態系の影響の恐れがある………

日本は水の輸入国である??
食料を輸入している。牛等の肉、穀物を輸入しているが、これを製品に仕上げるまでにどれだけの飼料と水を使っているか?
バーチャルウォーターである。牛丼1杯で2000リットルと言う。
食べ残しをするなと言う事である。

地球温暖化により、積雪が少なくなる。この積雪は時間をかけて地下へ行く。
将来に問題を残している。
温度が変われば農作物に影響を与える。
バイオ燃料の増加が水不足を加速している??

第3章は、水ビジネスである。
三大水メジャーがあるようだ。
この組織は料金の徴収まで、工事から運営まで管理出来る。
えげつない話も読んだ事がある。
ヴェオリア社(フランス)、GDFスエズ社(フランス)、テムズ・ウオーター(イギリス)。
他にも、シーメンス(ドイツ)、GE(アメリカ)、シンガポール連合工程がある。
日本は出遅れているが、技術はある。淡水化技術は突出しているようだ。

が官庁がやっている。
そう言いながらも、遅れてはいるが乗り出している。
猪瀬元東京都知事が、それを言っていた。がアホな事をしてくれたものである!
IBMが水ビジネスに乗り出しているようだ。
儲かると思っている。コンピューターが管理する。お手のものである。
水はビジネスになる。石油より………

日本の水道施設も問題が多い。老朽化である。
そして職人がいなくなって来ているはずである。
技術の継承が上手く行かなくなる!!
民営化は世界のすう勢であるが、あまり上手く行っているとは聞かないが………
日本はもっと効率化を図らなければならないと思うが!

日本の存在感がある。意外な名前が出て来る。
皇太子と、酔っぱらった会見の中川昭一である。
どちらも水の知識はあるようだ。こう言うのはニュースにならないようだ。
読んでいいて感心する。 もっとも中川昭一は亡くなったが………
「チーム水・日本」の攻勢である。
頑張ってほしいと思う!!

« 本・使える地政学 日本の大問題を読み解く(2016/5)・佐藤優 | トップページ | 本・軍師二人「侍大将の胸毛・渡辺勘兵衛」・司馬遼太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・水ビジネス 110兆円水市場の攻防(2009/11)・吉村 和就:

« 本・使える地政学 日本の大問題を読み解く(2016/5)・佐藤優 | トップページ | 本・軍師二人「侍大将の胸毛・渡辺勘兵衛」・司馬遼太郎 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ