« 本・組織の掟(2016/4)・佐藤優 | トップページ | 本・真田三代(2011/10)・火坂 雅志 »

2016年10月 4日 (火)

本・篝火「雲悠々」(1990/1)・尾崎士郎

Photo_5


言わずと知れたブックオフで購入した本である。
篝火は尾崎士郎の全集で読んでいる。これもブックオフで105円だったと思う。
が衝動買いは趣味である。
但し単価は知れている。今ではコンビニのコーヒーの値段である。
光文社の文庫本である。
「篝火」は関ヶ原の合戦の西軍の関ヶ原への移動があり、目印が篝火である。
文庫本には2話入っている。
その内の一つが、「雲悠々」である。これは面白い!!
関ヶ原の合戦後である。
著者は石田三成を書いているが、そのまわりの人間を書くことによって本人を際立たせている??
そう言う感じがする。
関ヶ原の敗戦後の物語である。
石田三成同様、前田慶次郎、後藤又兵衛、立花宗茂らが狂言回しで登場する。
敗戦後の、三成、小西行長、安国寺恵瓊が捕えられる。

この物語では、大谷吉継は首になって家康の前に出される。
(これは止めて欲しい………)
三成は地元の百姓にかくまわれる。
娘もいる。
匿えば村全体に迷惑がかかる。
つき出せば褒美が貰える。
がかばう!
三成も状況が分かる。
嫌がるが、田中吉政に訴えさせる。
そうして捕えられる。
行長は坊主につき出されたようだ!
伏見城で戦死した鳥居元忠の息子が担当する。
恨みはあるが、公平に扱う!!

大津の本陣に伺候する諸大名のみせしめの為に、三成を門前の前に畳をひき座らせる。
その時の情景は、「司馬遼太郎 関ヶ原」が詳しい。
この時、黒田長政が三成に羽織をかける。
後世への演技である。
この作品でもそうあるが、三成は長政にアドバイスする。
恩賞では、筑前一国を貰うようにと!
実際貰うが、四国で二国か、筑前一国を言われたようだ。
三成は、博多の重要性を理解している。
長政はうなずき了解したと! こういう場面は好きである!!

家康に望みを聞かれて、もう一度関ヶ原で戦いたい!!
三成の胴体は紫野大徳寺の円鑑国師がひそかに貰いうけて、寺に埋葬され影塔が建てられた!
そこに娘が手を合わせている。三成に突き出すように言われた百姓の娘である。
居合わしたのが後藤又兵衛である。分けありと見抜く!!
こう言う場面も好きである。
それよりこの墓には一度行かなければならない!
京都と言えば奥さんが直ぐに行くだろう………

前田慶次郎と後藤又兵衛が語り合う! この組み合わせが面白い!!
太閤が、天下を窺うやつは、黒田官兵衛と真田安房守と言った??

昌幸はどうなのか??
その昌幸が、死ぬ前に信繫に徳川を破る秘策を言う!
信繫では無理と言う!
才能はあるが、名前が知れていない!
それが致命的である!
そこで終わるが、面白い本である!
時代小説を又読んで行きたい!!

« 本・組織の掟(2016/4)・佐藤優 | トップページ | 本・真田三代(2011/10)・火坂 雅志 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 真田一族」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

 黒田官兵衛 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・篝火「雲悠々」(1990/1)・尾崎士郎:

« 本・組織の掟(2016/4)・佐藤優 | トップページ | 本・真田三代(2011/10)・火坂 雅志 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ