« 真田十勇士はどうやって生活していたのか? | トップページ | 本・三宅久之の書けなかった特ダネ(2010/11)・三宅久之 »

2016年10月11日 (火)

本・国家への目醒め―賢く勁き日本へ(2008/12 )・田久保 忠衛・櫻井 よしこ

日本にあるべき真の姿を取り戻す大提言。

Photo_3


内容説明は簡単である。
二人とも「国家基本問題研究所」の理事・理事長である。今はどうなのか?
2008年発行である。 「櫻井よしこ」は敵も多いだろう………
何事も良く調べている。
国力とは??
経済力に軍事力と言う!!
国の発言の重みは国力にある。
経済力だけではない!
国力の定義がある。今は少し違うようだが………
① 面積が広大な国であること
② 人口が非常に多いbこと
③ 地形的に他国から攻撃されにくく、特に首都が簡単におちないような位置にあること
④ 経済力があること
⑤ 軍事力が強いこと

日本悪者論がある!
反日日本人と言うのか、何をやっても日本を悪く言う人がいる。
国歌、国旗に躊躇する国は日本以外にない!!
中立国と言われるスイス、スウェーデンは武装中立である。
日本が軍事力を持てば戦争すると言う。
そんなに日本人はアホなのかと思うが………

現実を見ない政治家、識者も多い。
福田康夫元首相を批判している。
たしかに良く辞めてくれたと思う!
親中である! 中国をお友達と言っていた!!
「友達の嫌がることをやらない!!」
日本が嫌がっても自分は嫌ではないのだろう………

中韓と日本は仲が良かった時期は無いようだ!
そんなものなのだが、仲よくしなければと言う識者は多い!
拉致被害者と国交とどちらが重要なのか??
平気で拉致被害者を見捨てる発言がある。
その拉致も票に繋がるとなれば、何もしなかった政治家があたかも自分が今までやって来たとばかりにテレビに出る。
外交官、チャイナ・スクルールに属する人は、
「北朝鮮が拉致などするはずがない。拉致説は日本人がつくり上げたでっちあげだ!」
今も朝鮮半島には舐められている………

国家観の無いない商人政治家!
東シナ海のガス田開発!
中間線なんて無視されている。
講義もしているのかどうか??
しても相手にされない!
大訪中団を引き連れて中国に行った二階俊博!
本人は中国に強いと思っているようだが、このガス田の話を中国寄りで納めようとした。
国家観なき政治家と言う!!
江沢民の銅像を和歌山に建てようとした!!
櫻井よしこは中国に嫌われているだろう………
「異形の大国中国」で彼らに心を許してはならないと!!


中国には今新幹線技術のパクリがある。
堂々と売りだしている。
日本人はそう言う事は道義的にも出来ないようだ!!
がなりふり構わない!
世界標準がある!
これを手に入れれば世界で勝てる!
そう言う努力をする。手段は選ばないようだ………
現にそうしてるようだ!
第三世代の携帯電話も中国がとった。
日本は技術は優れているが………
現在の安倍総理は官民一体で攻勢をかけている!
この当時はやられっぱなしだったようだ………
食料自給率の問題がある。
2003年の数字であるが、フランス137%、オーストリア333%、アメリカ132%、イギリス99%、ドイツ101%、イタリア73%。
中国100%、ロシア99%、インド98%である。
日本は27%!!!!

救い難い数字である。
日本の農業政策は間違っているのか??
減反をしているのにまだ干拓事業を進めている。
余った米を買い、まだ輸入している。
それが農薬の問題になっている。
専業ではなく、土日だけ農業をして補助金を貰う農家も多いようだ!
農業を捨てる為に金をつぎ込むのではなく、育てる為に注ぎ込むべきである!!!!!

政治家の批判が続く………
こう言う政治家に、経済人、識者は徹底的に利用される。
利用されているとは思っていないのだろう………
ダライダマ14世が日本に立ち寄った時も、政府関係者は誰も出迎えなかった。
福田首相時である!
自衛隊の幹部会同、儀礼を辞退している。

中国は孫子の国である!
そう言っていたのは中西輝政!
利用できるのは徹底して利用する。
皇室も利用される。
天安門事件での突破口に皇室が利用される。
この本の出版後だが、同じように周近平と無理やり天皇との会見を段取りする。
この事件後、小沢一郎が信用出来なくなった………
「天皇陛下もそう思っていらっしゃる!」
こう言う政治家が日本をダメにしている??
小沢一郎には確固とした政治信条があるのかと思う??
その場しのぎ、最善ならずば次善、次善ならずばその又次善としか思えない。
自衛隊のペルシャ湾の急の停止の時にも思った。
まさか反対するとは思わなかったが………

直ぐに海外の国を褒める。
日本もそうなるべきだと!!
国と国との関係は綺麗ごとではない!
世界で保護されている国は3か国と言う。
モナコ、アンゴラ、日本と言う。
アメリカの戦略で日米安保はある。
アメリカは友好国であるが、自ら犠牲を払って日本を守ってくれるのか?
アメリカは日本を信用しているのか??

国際連盟の脱退!!
松岡洋佑の個人プレーのようだ!
本人は三国同盟でアメリカを排除しようとした。
ましてソ連を加えて四国同盟??
今となっては現状認識がなっていない………
国の法新が定まっていないのに個人プレーに走る!

外務省関係の批判もある。
これについては、佐藤優が嫌と言うほど記述している。
佐藤優の場合は、実名が出て来る。

メチャメチャである!
国益と言うより省益、と言うより個人の益が優先される??
本当の話だから始末に悪い!!

要は国としてなっているのか???

台湾の話がある。
日本は台湾を守るべきである。
李登輝元総統がいる。
親日と言われている。
台湾も中国の影響を受けている。
農産物も中国は関税なしである。
なので中国へ輸出する。
そのおかげで中国なしでは農業が成り立たなくなっている!!
台湾は沖縄と同じ運命である?
どちらも親中派はいるようだ??

オーストリアの話もある。この当時の首相は親中派である。
昨年又親中派の首相になったが、その前は安倍総理と仲が良かった!
現在では中国の失速があるので鉄鉱石の輸出に陰りがある。
ブラジルもである。
巨大な国と言っても信用するのは間違いである!!

過去の日本の行動の例が沢山記述されている。
国際連盟脱退時の満州国のリットン報告書!!
渡部昇一が翻訳した説明がある。
まったく日本が悪かったのか??
見方によって変わる!
それは山本七平も記述していた。
日本もメチャメチャだったようだが………
日英同盟の破棄!
アメリカの陰謀か??
そうなればドイツと結ぶのは自然の成り行き??
明治の軍人、石井真清、柴五郎の名前だ出て来る。
国を思う人達だ!
佐藤優も評価している!

最後は言いつくされているが、「人材こそ唯一最大の日本の宝であり、資源であると!!」
イスラム国の登場を予測している文章がある。
主権国家と言えない国家のようなもの、非政府組織がみなそれぞれ国際的プレーヤーになっていると。
日本は、中国への対応が最大の問題である!

« 真田十勇士はどうやって生活していたのか? | トップページ | 本・三宅久之の書けなかった特ダネ(2010/11)・三宅久之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 真田十勇士はどうやって生活していたのか? | トップページ | 本・三宅久之の書けなかった特ダネ(2010/11)・三宅久之 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ