« 映画・「ヒットマン」「ヒットマン・エージェント47」 DVD | トップページ | 本・21世紀の戦争論 昭和史から考える(2016/5)・半藤 一利・佐藤 優 »

2016年10月 4日 (火)

映画・「特捜部Q 檻の中の女」「特捜部Q キジ殺し」・DVD

デンマークの作家J・エーズラ・オールスン原作の『特捜部Q』シリーズを映画化したサスペンスドラマ。
デンマーク映画である。 デンマークには冬に行った事がある。
曇り空で重い空気の町だった。 市民はほとんど英語を喋り親切だった。
道を聞いたらちゃんと教えてくれた!
奥さんが、スウェーデンだったが、道を聞いた女性全員に、英語が通じた!
流石北欧だと!!

最初に「キジ殺し」を観た。
暗い映画である! が引きこまれる!
最初の作品がある。
それを見なければ始まらない!
「檻の中の女」である。 早速ツタヤに借りに行った。

まずは「檻の中の女」である。

Q_3


スタートから暗い!!
主人公は、捜査ミスにより部下を殉職させ、自身も重傷を負った経験を持つ殺人課の刑事・カール。カールは離婚している。子供もいる。 
行き場所が無いのか?? 新設部署である特捜部Qへ配属される。
この部屋も暗い! 煙草の煙がこもっている。 明かりも少ない??

主人公カールは、「天使と悪魔」のニコライ・リー・カース。
相棒アサド役は、「ゼロ・ダーク・サーティ」のファレス・ファレス。
知っているかと言えば、知っているような感じはする………

未解決事件の残務整理を主な業務とする閑職部署である。窓際でもある!
月に何件かまとめればよい!
助手はアサド。 忍耐強い!! 無愛想なカールに付いて行く!
5年前に起きた女性議員の失踪事件を調べる。
議員のミレーデが、船から姿を消した後自殺として処理されていたのを再調査する。
調べは地道である。 コンビがピッタリでないが追いかける。
捜査中にスウェーデンに行く。
ここで上層部から圧力がかかる!
言われた仕事をしていない!!
警察手帳を取り上げられる!!

過去をさかのぼりながら色々判明する。
動機と思われる過去の映像が出て来る。
本当なのか??
そう思わせるように持って行っているだけなのか??
興奮する場面である!!
結局は復讐のドラマである。
何年も同じところに閉じ込められている。 排泄物を食事はどうしているのか??
足腰も弱って歩けなくなる??? 服はどうするのか??
この映画は銃撃戦も無い!
暗いムードで勝負しているのか?? 

Q_4

次に、最初に見た「キジ殺し」である。
映画化第2弾である。
「檻の中の女」の最後に部下1名と秘書を要求する。
それから始まる。
元警官が、20年前に捜査終了した捜査を依頼する。
その警官が死ぬ。
双子惨殺事件を調べる。
例によって暗い映画である。
実業家、高名な弁護士、警察等社会的に認められているグループがある。
かっては同じ学校で学んでいる。
連帯感がある!
事件当時に重要情報を知る少女キミーが失踪していた事実にたどり着く。
高校生で裸のシーンもあり、先生を誘惑する。
やらせておいて強姦だと叫ぶ! 先生の方が気の毒である!
複雑である。
これも捜査妨害が入る。
故意にである! 
すぐにキミーの行方を追いはじめる。
キミ―を探しているグループがいる。
過去にさかのぼり、現在と過去が交わる。
主人公はドジでもないが、良く犯人に殺されかける。
最後の場面は興奮する。
助手も違法行為としりつつ捜査する。
いいコンビである!!
最後は、 檻の中の女と同じような結末になる???
暗い映画であるが、面白い!!
次作が楽しみである!!

« 映画・「ヒットマン」「ヒットマン・エージェント47」 DVD | トップページ | 本・21世紀の戦争論 昭和史から考える(2016/5)・半藤 一利・佐藤 優 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画・「特捜部Q 檻の中の女」「特捜部Q キジ殺し」・DVD:

« 映画・「ヒットマン」「ヒットマン・エージェント47」 DVD | トップページ | 本・21世紀の戦争論 昭和史から考える(2016/5)・半藤 一利・佐藤 優 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ