« 第34回 兵庫版画同好会展 10月25日~30日 | トップページ | 本・賊軍の昭和史②鈴木貫太郎・東條英機・石原莞爾(2015/8)・半藤 一利・保阪 正康 »

2016年10月26日 (水)

本・賊軍の昭和史①賊軍VS官軍 (2015/8)・半藤 一利・保阪 正康

薩長史観に隠された歴史の真実!“官軍”が始めた昭和の戦争を“賊軍”が終わらせた。鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、井上成美(仙台)…など、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちを通して見えてくる「もう一つの昭和史」とは。新視点から分かる、あの戦争の真相。先の戦争では国を破滅へと向かわせ、今なお日本を振り回す“官軍”的なるものの正体を明らかにする。

Photo

半藤一利の持論がある。 絶えず言っている!
「官軍」が始めた昭和の戦争を「賊軍」が終わらせた!!
「映画・山本五十六」で長岡出身の飛行長の下に、薩摩・長州の飛行士を持って来ていた。
何としてもそれが言いたい??

鈴木貫太郎(関宿)、石原莞爾(庄内)、米内光政(盛岡)、山本五十六(長岡)、
井上成美(仙台)、幕末維新で“賊軍”とされた藩の出身者たちを描いている。

プロローグ         官軍・賊軍史観が教えてくれること  半藤一利
序章  賊軍VS官軍   浮びあがる「もう一つの昭和史」
第一章  鈴木貫太郎   薩長の始めた戦争を終わらせた賊軍の首相
第二章 東条英機     混乱する賊軍エリートたちの昭和陸軍
第三章 石原莞爾     官軍の弊害を解消できなかった賊軍の天才
第四章 米内光政、山本五十六、井上成美    無力というほかない賊軍の三羽烏
第5章 今村均       贖罪の余生を送った稀有な軍人
エピローグ          官軍的体質と賊軍的体質  
保坂正康

半藤一利は戦争中長岡へ疎開している。
賊軍の藩である。
郷土の英雄でもあるのだろうが、山本五十六を沢山書いている。
幕末の薩摩長州の謀略がある。
司馬遼太郎の短編に、「加茂の水」がある。 玉松操が主人公である。
岩倉具視に仕える?? 藤原北家の流れと言う。
「王政復古の大号令」の原文を考え、「錦の御旗」のデザインを考えた人とある。
この短編を読んでいて思ったが、官軍と言う物はかなりいい加減である。
司馬遼太郎が書くから余計にそう思う??
「錦の御旗」が上がったと聞き、慶喜は腰砕けになった!
「錦の御旗」もかなり独創が入っていたようだが………
ついでに言うと「短編 英雄児」もある。
河井継之助である。 奥羽越列藩同盟である。
抵抗した藩は、維新後「賊軍」としてさまざまな差別を受けた。
長州出身の安倍総理、岩手県に行って元は岩手出身と言ったようだ。
実際そのようだが、小沢一郎の地元でそう言う事を言ったのは、官軍・賊軍を意識している???
官軍と賊軍は実際に差をつけられる?
薩長あらざるば人でない??
日本はそうい差別があると思うが………

これは司馬遼太郎だが、県名の話がある。
司馬遼太郎は凄いと思う!
薩長土肥の官軍。廃藩置県での県名の付け方に法則をもって行った。
薩摩・大隅 島津   鹿児島城 鹿児島県
長門・周防 毛利 
萩城   山口県
土佐    山内   
高知城  高知県
肥前    鍋島   
佐賀城  佐賀県
城があるところは政庁があり、政治の中心である。
城のあるところをそのまま県庁にして、それを県名にしたと言う。
萩城は不便であり、幕末に政庁を山口に移していたようだ。
この法則を他にも当てはめた。
備前岡山城、因幡鳥取城、安芸広島城………
中途半端な態度をとった藩は、県庁はそのままで県名は変えられた。
金沢城―石川県、松江城―島根県、松山城―愛媛県、高崎城・前橋城―群馬県、
盛岡城―岩手県、仙台城―宮城県………
兵庫県は姫路城があるが、兵庫県に神戸になった。
徳川御三家、水戸城―茨城県、名護屋城―愛知県、和歌山はそのままである。
江戸城は東京に!!

敵対した憎しみの対象と言える、近江彦根城、会津若松城は県庁も県名も変えられた。
大津―滋賀県、福島―福島県。
東北に関東が、県庁と県名が違う県が多い!!
そう言う事実は無いとも言うが、やりかねない感じである!!

官軍もかなりいい加減な連中が成っている。
攻め込んでから、暴行、略奪はやり放題とも言う!
勝てば官軍で好きな事をしている??
長岡藩も官軍についていたなら、新潟県で無く長岡県になっていた??
会津藩も東北に流されている。
敗者に対する思いやりは無さそうである。
ただ西郷隆盛はそうでは無かったようだ。自信のある人は違う!!
政府首脳が欧米に行っている時、西郷は人材を賊軍からも取りたてたようだ。
幕末に最後まで抵抗した桑名藩。
西郷に対する恨みは無いようだ!! 差別はしなかったようだ!!
桑名と言えば、立見尚文がいる。立見の話は出て来なかった。
当然出て来ると思っていたが………
実際に戦って負けている山県有朋は、賊軍の立見を引き立てたようだが………
山県は長州閥の親玉である!

靖国神社がある。 薩長史観の空間と言う。
戊辰戦争で負けた奥羽越列藩同盟は祀られていないようだ。
かなりいい加減である。 清河八郎は祀られている。
長州も賊軍時代がある。この時に亡くなった人は祀られている。
佐久間象山は祀られていない。長州系の攘夷者に暗殺されたから………
人物と功績は無視していて、官軍・賊軍で差別している??

東京裁判で処刑された人を合祀した。問題になっている。
これを強行したのは、薩摩か長州出身か??
それは調べていないようだ………

何処の国もその様だが、軍関係の学校は金がいらない。
ミニッツ提督もそうやって海軍に入った。
賊軍の子息たちもそうなる。秋山兄弟もそうである。
が陸軍、海軍は薩長閥が主流で、賊軍の軍人は、非主流派に追いやられる。
辛酸をなめることになる。

陸軍長州、海軍薩摩と言う軍閥。
陸軍大学の試験に、長州出身と書けば加点される??
そう言う話が、噂にしても問題である!
官軍と賊軍は差別されていた!!
しかし本当の人材はどちらにもいる!!
この本では出て来ないが、小栗上野介がいる。
司馬遼太郎が評価している!!

官軍が才能を恐れて殺したと言う!!    半藤 一利・保阪 正康

« 第34回 兵庫版画同好会展 10月25日~30日 | トップページ | 本・賊軍の昭和史②鈴木貫太郎・東條英機・石原莞爾(2015/8)・半藤 一利・保阪 正康 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

幕末」カテゴリの記事

坂の上の雲」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第34回 兵庫版画同好会展 10月25日~30日 | トップページ | 本・賊軍の昭和史②鈴木貫太郎・東條英機・石原莞爾(2015/8)・半藤 一利・保阪 正康 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ