« 本・「地勢」で読み解く太平洋戦争の謎(2016/7)・三野 正洋 | トップページ | 本・この国のかたち〈1〉(1993/9)・司馬 遼太郎 »

2016年11月18日 (金)

本・内閣官房長官秘録 (2014/10)・大下英治

中曾根康弘総理にペルシャ湾岸への自衛隊派遣に異議を申し立てた“カミソリ”後藤田正晴。戦後最大の宰相・田中角栄の築いた派閥の流れをくんだ経世会支配。「竹下政権には三人の官房長官がいる」と言われた。竹下登総理、小渕恵三官房長官、そして若き日の小沢一郎官房副長官である。経世会は、野中広務と青木幹雄という「衆参のドン」となる官房長官を輩出する。そして安倍政権の最大のキーマン菅義偉内閣官房長官の次なる一手、此の男の政権戦略が日本政治を震わす!

Photo

菅義偉内閣官房長官は良くニュースで見る!
存在感がある。
初めはどう言う人か分からない。
が、だんだんと発言を聞いていても凄いと思うようになった………
秋田出身で、苦学して政治家になった。
お坊ちゃんではない!
何も無いところから出発している。
金も地縁も地盤も無い神奈川が出発点である!!
歴代の官房長官がいるが、この本は、菅義偉にページを割いている。

序章        後藤田正晴
第一章から第三章  菅義偉
第四章       小沢一郎
第五章       梶山静六
第六章       野中広務
第七章       青木幹雄
歴代の官房長官の名前がある。
やはり後藤田正晴が有名である。

「カミソリ」
佐々淳行の上司であり、佐々淳行の本はよく読んでいるので親しみを感じる。
切れ者である!
仕事に対する心構えがある!
一、 省益を忘れ、国益を思え。
二、 いやな悪い報告をせよ。
三、 意見を以て意見具申せよ。
四、 自分の仕事でないと言うな。
五、 決定が下ったら従い、直ちに実行せよ。

いつまでたっても有効な心得である。
大韓航空機の撃墜事件!
選んだわけではないが、そう言う時期に官房長官になるのも運命なのか??
菅義偉もこの時期に選ばれた人になるのか?
大阪都構想の時の、大阪の自民党の方針を批判していた。
谷垣禎一が煮え切らない態度だったが、菅義偉ははっきりしていた!
目立ちがりやでもないと思うが、存在感は増している。
秋田出身で苦学して大学に行く。
当然裕福ではない。
その当時の秋田の進学状況は、菅義偉が卒業した高校が標準だったんだろう………
向学心があった。

菅義偉は、梶山静六にも仕えた。
「大乱世の梶山」である。
今から考えると、相当な人物だったんだろう。
兄を戦争で亡くしている。
その体験が政策にも影響している??
後藤田正晴も戦争体験がある。
人生に多大な影響を与えられた。
ニュースキャスターから政治家になった田英夫がいる。
学徒出陣している。
靖国問題がある。
ニュースのインタビューで言っていたが、同期、戦友についてだが、
「靖国神社には祀られていない」
そう言っていた。
反戦の立場であるし、戦友はそう思って死んで行ったようだ!
戦争体験は重要である。
話は変わるが、ダイエーの中内功がいる。
死のフィリッピン戦線を戦った。
この体験が影響しているようだ!

菅義偉は、タイミングが合えば、総理にもなれると言う………
梶山擁立に走り、野中広務に「菅だけは許せない」
と名指しで批判されたようだ。
野中広務と言うのも良く分からな人である。
表に出ない方が良かったのか??

菅義偉についてはあまり悪く言われない。
スキャンダルも聞かない。
見ていても真面目そうである。
人の話は良く聞くようだ。
集団的自衛権、沖縄の基地問題、大阪都構想、アルジェリアの人質事件、
ISによる誘拐事件、中韓との関係と大忙しである!
自身派閥も離脱したりしている。
もっとも出て行けと言われているのか?
けじめをつける為に離脱しているのか??
それだけの人間的な強さがある!
加藤の乱の時も、主戦論を唱えた!!
もっとも神輿が先に落ちた!!
加藤紘一も弱弱しい!
「同志と相談して………」
だれが大将なのか!
自分で「やる」と言わなければならない!
谷垣禎一が「加藤さんが大将なんだから………」
と言っていたが、天下人では無かったようだ!!

衆参のドンと言われる、野中広務・青木幹雄も登場する。
二人とも官房長官になりたくてなったのではないようだ!
ドンと言うあだ名がつくのは、それだけで暗い物がある??
野中広務・青木幹雄・亀井静香・村上正邦とくれは何かありそうである。
野中広務も加藤の乱の加藤紘一は許さなかったようだ。
いざとなれば徹底的にやる!
恐ろしさはある!!

鈴木宗男、古賀誠、加藤紘一、山崎拓、二階俊博らの名前も出て来る。
鈴木宗男も苦学している。
菅義偉もそうだが、この苦学の経験が後の政治哲学に影響を与えている。

« 本・「地勢」で読み解く太平洋戦争の謎(2016/7)・三野 正洋 | トップページ | 本・この国のかたち〈1〉(1993/9)・司馬 遼太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・内閣官房長官秘録 (2014/10)・大下英治:

« 本・「地勢」で読み解く太平洋戦争の謎(2016/7)・三野 正洋 | トップページ | 本・この国のかたち〈1〉(1993/9)・司馬 遼太郎 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ