« 城 王たちの物語 Ⅳ 「フェリペ2世」 | トップページ | ドラマ・高い城の男 シーズン1 Amazonビデオ »

2016年12月28日 (水)

本・日本の信義―知の巨星十人と語る(2008/6)・猪瀬 直樹

「バブル崩壊前夜」から「失われた10年」まで。猪瀬直樹が、江藤淳、会田雄次、吉本隆明、秦郁彦、高坂正堯、所功、山折哲雄、梅原猛、鶴見俊輔、阿川弘之という戦後日本を代表する思想界の十傑とともに日本を問うた貴重な対談集。対米関係、天皇制、日本人の宗教観、土地神話、戦後処理、経済復興など日本人と切り離すことの出来ないテーマについて、それぞれの専門家とともに挑んだ対談集。

Photo

時代が経っている。
少し前の対談集である。
江藤淳が政権交代の事を記述している。
もう5年経ったら政権交代は起こる。
起こったが余計に悪くなったと言われている。
江藤淳は『黙契』『視えない制度』を言う。
黙契、馴れ合いの世界!!
アメリカ、自民党、社会党と暗黙の了解事項がある。
要は社会党は何でも反対する。 それで存在価値がある。
それでアメリカは日本を支配出来る。
著者は、「ナァナァ」の合意システムと言う。
これが崩れると、乱、政権交代が起こる??

日露戦争にかろうじて引き分け的でありながら、勝ったとされてからおかしくなる。
この戦争は、武士道と騎士道の最後の戦いと言う!
第一次世界大戦を経験していない。
ワシントン、ロンドン条約で軍縮になる。
軍人は頭が固い。 出来もしない事で頑張っても仕方がない………

日本のエエ加減さが記述されている!!!
ペリーが来た時に歓迎会みたいなものがあった。
日本側は酒が入れば陽気になり、無礼講になる。
アメリカは冷静に見ている。無防備さ、人のよさ、緊張感が無くなる様子。
日米はお互いの異質性を認め合わなければならない!

本州・四国の3本の橋。 これは戦艦大和と言う。 愚の骨頂か???
交通量の予測は、造る為に増やす!!
誰も責任をとらない! 予測を都合よくさせた政治家も官僚に責任を押し付ける!
マッチポンプみたいなものである。
昭和16年の敗戦も、結局数字を都合よくした!!
縄張り争いがある。
河川に注意の立札を取りつけるのにも、監督官庁の許可がいる。
大阪府と大阪市みたいなものである。

著者は東京海上のビルの高さについて自主規制があった話を記述している。
皇居が見えるのかどうか??
天皇に関する話は、メチャメチャなのではないか??
識者の思い込みでの意見、ウケの意見も多い!!

日本は緑が多い。
気候のせいでもあるが、はげ山が少ない。
ヨーロッパでも風呂にはよく入ったが、鉄・銅の精錬の為に伐採し過ぎてはげ山になった。
ここから贅沢はいけないとあまり風呂に入らなくなった。
そう言う話がある。
だから日本とヨーロッパでは緑に対する考えが違う!!

三島由紀夫の名前も出て来る。
高校生の時に自決した。 ビックリしたのを覚えているが何も知らなかった!
その時よりは知識はある。
演説中に罵倒されたのは気の毒である。
そこらの知識人よりはるかに考えている。
村山元総理と東條は同じと言う!
何となく分かる!

猪瀬直樹もくだらない事をしてくれた。
あのまま知事を務めてくれていたら良かったのと思う………

12

日本の信義―知の巨星十人と語る・猪瀬直樹

12

« 城 王たちの物語 Ⅳ 「フェリペ2世」 | トップページ | ドラマ・高い城の男 シーズン1 Amazonビデオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・日本の信義―知の巨星十人と語る(2008/6)・猪瀬 直樹:

« 城 王たちの物語 Ⅳ 「フェリペ2世」 | トップページ | ドラマ・高い城の男 シーズン1 Amazonビデオ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ