« 本・零戦と戦艦大和(2008/8)①帝国海軍VS米国海軍  日本はなぜアメリカに勝てないのか?・半藤一利他 | トップページ | NHKスペシャル  戦艦武蔵の最期~映像解析 知られざる“真実”~ »

2016年12月 8日 (木)

本・零戦と戦艦大和(2008/8)②零戦と戦艦大和 世界最高兵器の栄光と悲惨・半藤一利他

本・零戦と戦艦大和(2008/8)②零戦と戦艦大和 世界最高兵器の栄光と悲惨・半藤一利他


Photo_2


第二部 零戦と戦艦大和     世界最高兵器の栄光と悲惨
①  無敵戦闘機と巨大戦艦のの誕生 “すりあわせ”で世界の頂点に
②  山本五十六は大和建造に反対した?  大鑑巨砲か、航空兵力か
③  零戦の致命的弱点は?      「性能」と「戦力」の間
④  大和をどう使うべきだったのか? 戦略の不在と現場力の凄さ
⑤  ニッポン技術力の限界      官主導の弊害、後発工業国の哀れさ
⑥  ものつくり立国への遺産     新幹線、ホンダF1、「世界一」の記憶  

子供の頃の雑誌で悪ガキ連中は信じていた。
零戦は数で負けた。
1対1なら負けていない??

F4Fワイルドキャット。
F6Fヘルキャット
F4Uコルセア
P40ウォーフォーク
P38ライトニング
P47サンダーボルト
P51ムスタング

知っているだけでアメリカはこれだけの種類の戦闘機を出して来ている。
海軍は紫電改、雷電があるとは言え、ほぼ零戦で戦っている。
数で負けているのは間違いないが、数だけが問題なのか?
その数を生んだ、「力」は何なのか?
そう言う事を教えていない。
職人の名人芸で成り立っている。
量産は考えていない。
消耗戦という事を理解していない??

軽くするために、鋼材に穴を開けている。
制作に手間暇がかかる。
イギリスのモスキートは木製である。
資材不足を読んでいる??

零戦はエンジン馬力は最後までそれほど変わっていない。
液冷エンジンと空冷エンジンの違いはあるが、メッサーシュミット、
スッピトファイヤーは別機かと思えるほど性能が上がっている。
零戦は艦上戦闘機である。
第2次世界大戦で空母運用出来たのは日米である。
イギリスはどちらかと言えば護衛空母的である。
艦上戦闘機も良いのがない。
実際に空母VS空母の戦いは日米だけである。
艦上戦闘機であるので航続距離がいる。
この航続距離の長いのが最大の長所になるが、その使われ方が問題になる。
艦上戦闘機は、本来艦隊護衛の戦闘機である。
それが広大な航続距離がある為に便利屋で使われる。
爆撃に同行する護衛戦闘機としても使われる。
B17に同行してドイツ爆撃に行ったP51みたいなものである。
P51が物になったのは1943年という。
そう思えば零戦は素晴らしい!
有名な源田・柴田論争がある。
格闘性能重視か?スピード重視か?
源田は格闘性能である。柴田はスピードである。
消耗戦になれば職人芸のいる戦闘機パイロットも消耗する。

陸軍二式戦闘機鍾馗がある。
これをパイロットは嫌がったようだ。
着陸スピードが速く、怖かったようだ!
脚も折る!
メッサーシュミットも胴体から脚が出ている。
これも折り易かったようだ。
これを源田は嫌がった!
一撃離脱型戦闘機か、格闘性能重視か?
重戦闘機か、軽戦闘機か?
答えが出ないうちにミサイルの時代になった??

零戦はバランスの取れたよい戦闘機である。
航続距離があるので、ラバウルからガタルカナルまで飛ばされる。
まして人命軽視の日本である。
アメリカは潜水艦を派遣してパイロットを救う!
日本は落ちれば死ぬ!

零戦も不時着機をアメリカに研究される。
そうして戦術を考えられる。
自国の戦闘機の開発にも役立てる。

日本は農家の貧乏人の子弟がパイロットになる。
イギリス、アメリカは学生が志願する。
沢山戦死している。
ドイツ爆撃行では、欧米の6万と言う将校が戦死者がいる。
国家に対する義務と思っている。
日本は学徒動員が悲劇として語られる。
欧米では当たり前である。
農家の子弟は悲劇に関係ないようだ。

日本は戦闘機の指揮官にも学歴を充てる。
古参のパイロットは将校になれない!
ドイツは腕が良ければ将校にするようだ。

戦闘機、爆撃機の防御に日本は力を入れない。
が特攻の大西瀧次郎は防御を考えていたようだ。
特攻のイメージがあるので信じがたいが………

レイテ沖海戦で、大和の主砲が火をふいた!
これにより護衛空母が撃沈された!!
そう信じて来た!
がどうも違ったようだ??
アメリカの艦長の諸言では大和の主砲は当たらなかったと!
相手の弾が届かないところから撃つ!

1ノットを1.9 km/hと計算する。1ノットで1秒間に0.527m動く
4万2千m離れて撃てば、着弾に80秒かかる。
30ノットで動いているとすれば、0.527X30X80=1260m動く。
1km以上動くことになる。

当たらないと言うのも分かる。
重巡、軽巡、駆逐艦同士の海戦は至近距離で戦っている。
命中率も高い!
が戦艦同士の戦いで撃沈されたのは、ドイツ戦艦ビスマルクの砲撃より撃沈されたのは、イギリス巡洋戦艦フッドか!
大和の速力は27ノットで空母に付いていけない。
ならどう使うのか?
象徴であると!!
抑止力でもある!!

大和の建造を誰が主導したのか??
軍令部の石川信吾と言う。
何でも悪者にされている感じがするが、仕方が無いとも言える!!
対米7割の根拠は何か?
空気のようだ!
どういう風に戦うかのプランが無い。
成り行き次第で、最後はドイツの勝利頼みである!

大和が、零戦がと言っても勝てない!
代表を出して戦うなら勝機はあるが、総力戦である。
呉に大和の模型を観に行った。
迫力を感じた!
設計図も見たが、墨入れをしている図面である。
今の若い技術者は考えられない世界である。

製造にも職人の技量が大くはっている。
その技術が戦後に生きている。
技術者は自動車会社等に流れている。
ホンダ、新幹線、エレクトロニクス………
ホンダの中村良夫の名前が出て来た。
ほとんど情報の無い中でジェットエンジンの研究をした。
部下にもやらせる!
零戦、大和を造った実績が、自信となり戦後に生きていると言う!
それなりの価値はあった。大和も無用の長物では無かった!

12

半藤一利他

12

« 本・零戦と戦艦大和(2008/8)①帝国海軍VS米国海軍  日本はなぜアメリカに勝てないのか?・半藤一利他 | トップページ | NHKスペシャル  戦艦武蔵の最期~映像解析 知られざる“真実”~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・零戦と戦艦大和(2008/8)①帝国海軍VS米国海軍  日本はなぜアメリカに勝てないのか?・半藤一利他 | トップページ | NHKスペシャル  戦艦武蔵の最期~映像解析 知られざる“真実”~ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ