« 2016年度NHK大河ドラマ 真田丸 47回 「反撃」 | トップページ | 朴槿恵大統領辞任の報道!! »

2016年12月 1日 (木)

本・天下 家康伝(2015/4)・火坂 雅志

信玄・謙信のような軍略の才も、信長の突破力も、秀吉の人間的魅力も持ち合わせていない戦国大名が、なぜ天下人という高き嶺の頂に辿りつけたのか。没後400年の年に、2月に急逝した作家・火坂雅志さんが、渾身の筆で世に問うた遺作!

Photo_8

著者が書きかかった家康である。
どちらかと言うと歴史に埋もれた人物を書いている。
本人もそう言っていたと思うが………
家康は最終勝者になったので、どうしても長編になる。
「司馬遼太郎 覇王の家」は面白かった。
逆に山岡荘八は26巻でよう読まなかった………
親父は読んでいたが………

大阪城が焼けて隠居を決意する場面から始まり、過去を振り返る。
本多正信が一期に加担して三河から去る。
帰参は信長の金ヶ崎の撤退後である。
この時期が合っているのか??
本能寺の変後の、伊賀越えで復帰したとあるのは、「隆慶一郎 影武者家康」である。
実際は10年ぐらい流浪して本能寺の変の前後に帰参しているようだ??
家康は女好きである??
健康な女を好んだ???
信康を生んだお万。 
これを預ける先を選ぶ。 俺はお前を信頼していると思わせる??
阿茶ノ局も子供と一緒に土地の顔役に世話を任せる。
要は何をやるにしても裏がある???

ともあれ三河の小国の辛さが感じられる。
織田、今川、武田、北条とある。
その中で遊泳する………

歴史通りに物語は流れる。

「岐阜」と名前を変える。 「禅僧 沢彦宗恩」である。
七徳の武をそなえた者が天下を制する。
果たして信長にそれは備わっていただろうか??

それから関ヶ原まで一直線である。
この作品は、鉄砲三段撃ちを記述している。
三千丁の鉄砲である。
武田が滅ぶ! 勝頼との対決!
信康謀殺の背後に武田がいる???  そう言う設定である。
本能寺の変。
賤ヶ岳の戦い。
信濃・甲斐をめぐる争い。
小牧長久手の戦い。
小田原北条攻め!
目障りな真田!
秀吉に臣従して太閤亡き後関ヶ原になる・

特に目新しいものは感じなかった………

« 2016年度NHK大河ドラマ 真田丸 47回 「反撃」 | トップページ | 朴槿恵大統領辞任の報道!! »

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・天下 家康伝(2015/4)・火坂 雅志:

« 2016年度NHK大河ドラマ 真田丸 47回 「反撃」 | トップページ | 朴槿恵大統領辞任の報道!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ