« BCR休暇 2日目 アランが来た!!!! | トップページ | 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? »

2017年2月18日 (土)

本・復興の精神(2011/6)・ 養老 孟司・茂木健一郎・山内昌之&6

Photo
12
12
東日本大震災以降、私たちはどのように考え、どのように行動し、
どのように生きていくべきなのか。
すべての日本人が向かわねばならないこの問いに、九人の著者が正面から答えた。
「精神の復興需要が起きる」
「変化を怖れるな」
「私欲を捨てよ」
「無用な不安はお捨てなさい」
「どん底は続かない」......
その言葉は時に優しく、時に厳しい。3・11以降を生きていくための杖となる一冊。
12
12
山内昌之の名前が目に付いて買った本である。
読んでみると大変面白い。
知らなかった識者の名前もあるが、印象に残る事を記述している。
12
養老孟司  :精神の復興事業が起きる
茂木健一郎 :変化への希望
山内昌之   :公欲のために私欲を捨てようー「災後」の歴史認識
南直哉     :無力者の視線
大井玄     :プロメテウスのように
橋本治     :無用な不安はお捨てなさい
瀬戸内寂聴 :無常―どん底は続かない
曽野綾子   :「いきているといいね」 
阿川弘之   :「大丈夫、必ず復興しますよ」 
12
12
養老孟司
佐藤優が記述していたが、今回の震災で中国地方の原発に勤めている人が、復興に志願した話があった。
素晴らしい事だと思う!!
東電の対応で連想したのは「ガタルカナル」と言う。
その場しのぎと言う事のようだ。
糾弾に気を付ける。 過度になると正直に報告しなくなるようだ。
それより今後の対応の方が需要である。
12
茂木健一郎
地震なんていつ来るか分からない。
ドイツの雑誌で感心されたようだ。 パニックを起こさない日本人に!!
原発事故は、日本人の美徳である、水には流せない!
風化させずに変らなければならないと!
12
山内昌之
著者お得意のリーダー論がある。
孫子:「将とは、智、信、仁、勇、巌なり」
リデル・ハート:「心の平静は指導者に不可欠な資質である」
菅直人も、「イラカン」と言われるように気が短いようだ!
自分で原子力の専門家と言った???
天皇の言葉、行動がある。 国民の事を思っている。 
自ら皇居の節電も行っていたようだ。
それに引き替えと言う事である!!
過去のギリシャ、ローマ、アレキサンダー等の贅沢さが記述されている。
果たして必要なのか??
現在の都会の便利さ。
石原慎太郎が批判する、パチンコ屋と自動販売機の電力の消費量。
必要なのか??
海外に行けばわかるが、缶コーヒーであれだけの種類は売っていない。
紅茶はフルーツが入り少しは種類があるが………
「私欲は有る可からず。公欲は無かる可からず。公欲無ければ、則ち人を恕する能はず。
私欲有れば、則ち物を仁する能はず」
12
南直哉:知らなかったが曹洞宗の禅僧である。
読んでいて納得できる。禅僧らしい言葉と感じた。
原発事故の責任は、電力会社や原発推進者に一方的に帰することができるか?
この事故は天災と言うより人災の色彩が濃厚である。
住民は被害者でもあり、誘致による受益者であるはず!
原発のある町・村の役場を見れば金があるのがわかる!!
しかし命がけで事故の処理をしているのは、電力会社と関連会社の社員である。
復興しても元に戻ることはない??
道元禅師の話のようだ。最後の結論が重要である。
「これほど当てにならない人の世で、いつ死ぬかもわからないのに、いつまでも生きているつもりで、いろいろと生活の心配をしたり、さらには、他人に対して悪事をたくらんで、いたずらに生きていくことなど、まったく愚かなことである」
ドキッとする言葉である!!
12
大井玄:医師 
日本が誇るべきこと。
① 沈着さ ② 尊厳 ③ 能力 ④ 慎深さ ⑤ 秩序 ⑥ 犠牲的行為 
⑦ 優しさ ⑧ 訓練 ⑨ メディア ⑩ 良心
12
「閉鎖系倫理意識」 この世界は閉鎖系である。
江戸時代から日本の森は長期的にコントロールされていた。
江戸時代は循環型社会であった。 堆肥も使う。
なので海に排出物が多数入らない。 きれいな海になる。
政治に対する不信感がある。
これは幕末からのようだ!
この大震災時でも党利党略に走っている。
12
橋本治  
日本は困難な道に立たされている。
工業立国でありながら、電力の供給量が他国に比べて不足している。
それで農業・漁業に力を入れる。
何かと言うと金である。
震災後に統一地方選なんかせずに1年延長した方が良い!!
それより首相を選んだ方が良い??? 代えたほうがか??
12
阿川弘之
核武装の話にまでなっている???
今の首相に期待はしていない!
アメリカの救援活動を始め、各国の援助、国内の3週間での1千億円の義援金!!
日本は大丈夫だと!!
12
復興の精神・ 養老 孟司・茂木健一郎・山内昌之&6
12
12

« BCR休暇 2日目 アランが来た!!!! | トップページ | 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・復興の精神(2011/6)・ 養老 孟司・茂木健一郎・山内昌之&6:

« BCR休暇 2日目 アランが来た!!!! | トップページ | 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ