« 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? | トップページ | NHK大河ドラマ 2017年 おんな城主直虎 第7回 「検地がやってきた」 »

2017年2月19日 (日)

本・プロ野球 もうひとつの攻防 「選手vsフロント」の現場(2013/3)・井箟 重慶

Photo_2
元オリックス球団代表が、フロント業務の実際を紹介する。フロントは、ドラフト、トレード、契約更改、MLB移籍、外国人選手獲得、そして戦力外通告などのチーム編成業務を司る。これらの業務は?? イチロー、長谷川滋利、田口壮ら選手、そして仰木彬監督などのやりとりを具体的に紹介する。プロ野球のもうひとつの戦いの場である。選手と球団の関係を伝えることで、よりプロ野球を楽しめるように努めた一冊!
元オリックス球団社長、井箟 重慶。 調べてみた。
岐阜県瑞浪市出身。上智大学外国語学部卒。1959年丸善石油入社。米国丸善石油→米国コスモ石油副社長を歴任。
勤務の傍ら上智大学硬式野球部監督を務め、その後丸善石油の野球部にも携わり、古賀正明らをスカウトした。
1989年 一般公募に応募し、オリックス常務に就任。  1990年~2000年 球団代表を務める。
プロ野球の経験はないようだ。 
日本の球団社長は、関係会社からの出向が多い??
公募で球団社長までなったのは、凄い事である。 その前の、米国丸善石油→米国コスモ石油副社長と言う経歴もただものではない!!
英語も喋れる。 外国人選手との交渉は早いであろう………
オリックスの球団経営の話がある。
この時期恵まれていたのか?? イチロー・田口・長谷川らがいる。
みなメジャーに行った。
内容は下記の通り。
はじめに。
第1章 選手VSフロントの攻防      契約更改・MLB移籍・外国人選手らとの交渉現場
第2章 チーム編成に関する攻防  スカウト会議・トレード・監督招聘の現場
第3章 球団経営をめぐる攻防    無駄の削減・観客動員・優勝の収支の考察
第4章 プロ野球界の改革        進むべき8つの道の提言
おわりに
当事者が書くのであれば、当然フィルターがかかっている??
やはり都合の悪いことは書けない??
どうしても美化される要素はある??  嘘を書いているのではない!  
そう言うものなんだろう………
日本のプロ野球は、どうしても巨人が中心になっている??
たしかにONの活躍した時代は強かったのか??
巨人VS阪神。
王、長嶋、田淵がホームランを打つ。 江夏VS堀内の時代である。
今はどうなのか?? 昔は権利があった。
金田をはじめ、高倉、広野、森永など各チームの主砲を移籍させていた。
今はFAでとれる。
選手を育てられずに、他チームで出来上がった選手を引っ張て来た方が早い!!
契約更改の話。
MLB移籍については、オリックスは上手くやっていると思う。
イチロー・長谷川・田口と気持ちよく移籍させている。 裏話もある。
外国人選手らとの交渉も面白い。 契約に関しては外国人選手はマアマアでは済ませられない。
そう言う例があり大変興味深い!!
スカウト会議・トレード・監督招聘は難しい!!
福岡ダイエーホークス志望だった新垣渚を指名するも獲得に失敗、担当スカウトだった三輪田勝利が自殺するという事態に発展したが事件がある。
指名を決めたのは、井箟球団社長!!
井箟は三輪田の自殺を受けての記者会見の席上で「球団に責任があったとは思っていない」と発言し、激しい非難を浴びた。
この本では、新垣渚には何の責任もない。 とはっきり言っている!
オリックスからのFAの行先は阪神が多い??
あまり成功したとは思わないが………
これも裏話が多い!
相思相愛でありながら、最後に巨人にさらわれる??
現ジャイアンツの高橋監督。 ヤクルトが有利だったが、最後で逆転した。
本人と言うより、身内の為に裏切った形になっていた??
最初に声をかけてくれたオリックスを、選んだ選手もいれば、巨人に行った選手もいる。
巨人と争うと負けになる???
イチローの指名の話はよく聞いている。 きわどい勝負だったようだ………
チローと言えば、日米通算安打の記録を達成した時、三宮で通りすがりの人へのインタビューがあり、喋ったことがある。
見ていないが、放送されたようだ! 何人かに出ていたと言われた………
外れ1位は活躍するのか?? 
野村再生工場がある。 浜田昭八が記述していた、オリックスはヤクルトから鈴木平をトレードでとっている。
中継ぎで大活躍し、優勝にも貢献した。 野村再生工場も絶対ではないと言うことなのか………
無駄の削減の話で、遠征先の豪華な朝食ビュッフェの話がある。
そんなに夜遅いのに食べれないし、ほとんど利用されていない。
ので止めたようだ………  正解なんだろう………
本拠地を西宮から神戸に移転させる。
「優勝するために仰木さん監督に招こう」
色々やったようだ。 イチロー、パンチと登録を行う。
「魔術師 三原脩」の後継者である。
野茂、イチローとこだわりがあるフォームがある選手には、押し付けても仕方がない??
花が咲いた選手も多いようだ………
優勝すれば収益が上がる。 が選手の年棒も上げなければならない??
痛しかゆしと言う事なのか………
優勝の2年前に、某テレビ局に「パ・リーグの試合の放映を頼んだ」
担当の運動部長に相手にされなかったようだ。
優勝したとたんに、その運動部長に、「よろしくお願いします!」 と言われたようだ??
著者は、セ・リーグに負けない為に考えた。
幻の米国での公式戦。
マリナーズとの業務提携。
地道な努力が必要なんだろう………
プロ野球界の改革として、進むべき8つの道の提言がある。
1、一軍40人枠+フォームの実現   選手契約の改革
2、「二軍」と「独立リーグ」の一元化  (今は独立リーグは各地に出来ている)
3、完全ウエーバー方式の採用
4、徹底した単年度契約と就職斡旋
5、ボーナス制度の創設  生え抜き選手の流出防止
6、プロテクト制度とレンタル制度  NBL流出への対抗策
7、代理人制度の廃止
8、審判学校の創設
反対の意見が多そうである………
特に完全ウエーバー方式の採用は、巨人が反対だろう………

« 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? | トップページ | NHK大河ドラマ 2017年 おんな城主直虎 第7回 「検地がやってきた」 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 独裁者は何処まで行くのか??  喜んでいるのは金融機関だけか?? | トップページ | NHK大河ドラマ 2017年 おんな城主直虎 第7回 「検地がやってきた」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ