« 本・だまってすわれば―観相師水野南北一代(1988/2)・神坂 次郎 | トップページ | 本・中国崩壊後の世界 (2015/12)・三橋 貴明 »

2017年2月25日 (土)

マクラーレンホンダ 新しいカラーリング!!

奥さんが 「日々の出来事」でマクラーレンホンダのカラーリングの話を載せている。
少し補足しておく!
F1についての知識は、海老沢泰久によってもたらされた。
「地上の夢」 「走る魂」 短編もある。
桜井淑敏もセナについての本を出している。
F1と言えば日本にとってはホンダの挑戦で始まる。
オートバイで世界制覇を成し遂げて、F2、F1に乗り出している。
挑戦者だった………
この辺りは、地上の夢が詳しい!
技術屋、本田宗一郎と、レース屋、中村良夫との対立!
本田が初めて勝利を収めたメキシコグランプリ!!
高地であり、混合比が各チームのエンジニアが分からなかった。
が中村良夫は、航空機のエンジンを造っていた。
それから見るとたかが3000mまでの高度差である。
単純に決めたようだ………
昔はナショナルカラーがあった。
ブリティッシュ・グリーン。
ジャーマン・シルバー。
イタリアン・レッド。
フレンチ・ブルー。
本田はゴールドを希望したようだ。
がゴールドは南アフリカのカラーである。
アイボリーホワイトに日の丸を前につけた。
第1期 フルカー参戦
11
メキシコGPの勝利報告は、「行った、見た、勝った!」 最初分からなかったようだ………
撤退後再びエンジンサプライヤーとして復帰する。
ウイリアムと組む。 ウイリアム・ホンダである。
この頃からブームになり、深夜のGPの放送をよく見ていた。
車体はナショナルカラーから、スポンサーカラーに代わってきている。
タバコメーカーが多かったようだが、現在では撤退している。
ロータスは黄色であった。
マクラーレンは、マルボロのカラーである。
ベネトンはグリーン。
ウイリアムはキャノンがスポンサーで付いていた。
フェラーリはレッドである!!
ウイリアム・ホンダ
Photo
マクラーレン・ホンダ
Photo_2
ホンダエンジンは、プロスト、ピケ、セナ、マンセルと乗っている。
この4人の肩を組んだ写真がある。 皆チャンピオンになっている!!
わずか数年後、100万ドル出しても再現できなくなっていた!!
個性が強かったのか??
当時はホンダは、桜井淑敏が総監督であった! 傲慢とも言える??
この4人の比較もしている??
結果を出しているが、レースでの緊張感が無くなり、退社したのか??
それ以降は、成功したとは言い難いと思うが………
無限エンジンとしての参戦。
フルカー参戦。 純ホンダである。
フルカー参戦
Photo_3
マクラーレン・メルセデス
Photo_4
そうしてマクラーレンからメルセデスに代わりエンジンを供給する。
過去2年は低迷している。 なかなか難しい!
メリセデス、フェラーリ、ルノーらと争っている。
撤退も多い!!
マクラーレン・ホンダ2015
2015
マクラーレンは名門である、
ロン・デニスがいた。 約束は守る人だったと言う。
現在退任したのか、解任されたのか?? 代表は変わっている!
マクラーレンと言えば、車体はMP4である。
マクラーレンは2017年F1マシン『MCL32』を発表した。 車体番号も進化させている??
メルセデスのエンジン時代の方が、いまの本田より成績は良い!
色々言われるとは思うが………
オレンジとブラックを基調とした新たなカラーリングをまとった、アグレッシブなマシンであると言う!
マクラーレン ニュージーランドカラー
Photo_5
マクラーレン・ホンダ2017
2017
時代は変わるようだ!!
ともあれ本田には頑張って欲しい!!

« 本・だまってすわれば―観相師水野南北一代(1988/2)・神坂 次郎 | トップページ | 本・中国崩壊後の世界 (2015/12)・三橋 貴明 »

スポーツ」カテゴリの記事

独り言(よもやま話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレンホンダ 新しいカラーリング!!:

« 本・だまってすわれば―観相師水野南北一代(1988/2)・神坂 次郎 | トップページ | 本・中国崩壊後の世界 (2015/12)・三橋 貴明 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ