« 本・100分でわかる! ホントはこうだった日本現代史(1)( 2013/3)・・田原総一朗 | トップページ | 本・100分でわかる!ホントはこうだった日本現代史〈3〉中曽根政権から豊かな時代の崩壊(2013/4)・田原 総一朗 »

2017年3月 1日 (水)

本・100分でわかる!ホントはこうだった日本現代史〈2〉日米安保条約からロッキード疑獄( 2013/4)・田原 総一朗

Photo
与党は自由民主党、野党は日本社会党による55年体制が始まる。60年安保闘争による反米運動の高まり。池田内閣のもと所得倍増計画から高度成長期に入る。65年田原青年ソビエト訪問。70年安保。1972年沖縄が返還され、連合赤軍事件とともに学生運動が終息。田中角栄により、日中国交正常化。オイルショック。ロッキード疑獄。不況へ。
日米安保条約からロッキード疑獄、つまり田中退陣までである。
著者は何も知らなかったと!!
知らないで安保反対のデモに参加していた。
空気に同調していたようだ………
著者はソ連に行って社会主義に失望したようだ!
著者の経験が語られる。 裏付けもある。
終戦後、冷戦が始まり日本は再軍備される。 朝鮮戦争が始まる。
そこで日本の歴史が変わった………
今まで政治家等が言った言葉が、拡大されてマスコミが広げている!
大阪都構想がある。 住民投票が行われたが、住民のほとんどは内容を知らない!
単に、橋下徹が好きか嫌いかの投票である??
著者は安保法制が、何かも知らないでデモに参加していたという!
何万人という人間が参加している。
当時の知識人は共産党に入党している。
堤清二、渡辺恒雄もである。
戦後の歴代の総理の話になる。
吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄と続く!
安保改正は日本に有利になっている。
が、岸総理への反感がある!
宮澤喜一が岸の頭の良さをほめる! 宮澤喜一がほめるのだから実際に頭が良いのだろう………
日本に共産党政権を作らせない。
日本を保守政権にするための政治家が岸と言う!
憲法改正まで視野に入れていたようだ。
この当時は、社会主義になるのが必然のように言われていたようだ!
体制派は反動的なのか??
憲法改正は、安倍晋三が取り組んでいる??
池田勇人は「貧乏人は麦を食え」で有名である!
取得倍増もある。 実際になっている!!  がマスコミは評価しない!
実際は所得に差があるのに同じものは食べれない。
米と麦の生産比率がある。
著者は麦飯が当たり前だったようだ。 脚気の問題もある!
国が食べる比率を決めるのは、国家統制である!!
「日本の知識人というのは伝統的に悲観論、自虐的批判が好きで、楽観論をぶつのはラフな頭の持ち主、ディス・インテリと言う!!」
ド・ゴールにトランジスタのセールスマンと言われた。
アメリカのケネディも、チキンのセールスマンと言った。
反ド・ゴール派のフィガロ紙は書いたようだ。
実際は日本の復興をほめたようだ………
マスコミは責任重大である! これでド・ゴール、池田勇人のイメージが悪くなる!!
病気で退陣する!
佐藤栄作である!  人事の佐藤である。
退任時にマスコミと喧嘩している。 相当思うことがあったんだろう………
日韓国交正常化に取り組んだ。
社会党、共産党、労働組合、全学連が反対した。
理由は「韓国が朝鮮半島における唯一な合法的な政府」
北朝鮮をないがしろにしている??
当時は北朝鮮は、地上の楽園と言われていた!!
沖縄を返還させた………  核に基地と色々問題はあるようだが………
そうして角福戦争が始まる!
田中角栄が首相になる!
この総裁選は学生時代に見ている。 世の中は角栄待望論だった!
三角大福とはよく言ったものである1
これに勝ち抜いて首相になる。 日本列島改造である!
角栄については書かれ過ぎている!
努力家だったのは間違いない! 故郷新潟の事を考える。
が権力で新潟を優先させる! 出来ない事をするのが政治家である!!
今まで誰も聞いてくれない事を角栄はやった。 支持者も増える!
「庭の池の錦鯉に、背広にネクタイ、下駄履きで餌をやっている田中角栄」の写真がある。
有識者たちは、これを首相にふさわしく無い根拠にしている。
実情は朝日新聞のカメラマンが、ラフな姿を写したいと!!
こうなればマスコミなんて信用出来なくなる??
日中国交回復をやったが、別にやらなくてもよかった???
日本の土地の高騰を招いたのは角栄のようだ!!
独自の資源外交をやり、アメリカの逆鱗に触れた??
あまりにも今までの総理とは違った??
金権政治になる!
立花隆、児玉隆也らが、金造りの実態を暴いた!
田中角栄は法律に強い!!
金脈もロッキード事件も逃れることが出来ると自信がある!
どうもロッキード事件は、裁判の証拠はデタラメだったようだ………
脳梗塞で倒れている。
再審を勧められたが、その時は「創成会」立ち上げで、酒付けになっている???
なにか大マスコミでも売れるネタを探している感じがするが………

« 本・100分でわかる! ホントはこうだった日本現代史(1)( 2013/3)・・田原総一朗 | トップページ | 本・100分でわかる!ホントはこうだった日本現代史〈3〉中曽根政権から豊かな時代の崩壊(2013/4)・田原 総一朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・100分でわかる! ホントはこうだった日本現代史(1)( 2013/3)・・田原総一朗 | トップページ | 本・100分でわかる!ホントはこうだった日本現代史〈3〉中曽根政権から豊かな時代の崩壊(2013/4)・田原 総一朗 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ