« 本・バチカン エクソシスト・トレーシー ウイルキンソン | トップページ | 本・幻海―The Legend of Ocean・伊東 潤 »

2017年4月 1日 (土)

本・サムライたちの自由時間・神坂 次郎

Photo_7
12
12
「余暇の氾濫と退屈の洪水」のなかを生きた泰平の世のサムライたちの死因で
最も多かったのは、酒毒と腎虚、つまり大酒とセックス過度だった…。
濃密な創作過程に生まれた歴史随想38篇。
12
12
江戸時代になると、いわゆる太平の時代になる。
1人で済む仕事を、3人がかり5人がかりでやる。
ワークシャアリングと言うところか?
1ヶ月に3日出ればよいのは、元禄畳奉行の主人公。
そこまでしなくても3日に1度の出勤と言うのが多かったようだ。
閑である。  金は無い!
となればどう過ごすか?  ここで人生が分かれる・・・・・・
死因で一番多いのは、『大酒とセックス過度』と言う。
そんなにお金があったのかとも思うがどうなんだろう・・・・・・・
碁・将棋・立花・俳謔・・・・・・・   表題の話である。
それに色々な話がある。
12
① 江戸時代は血みどろの殺人事件ばかりではない。どちらかと言うと平和である。
  50余万人の市街地をパトロールするのは南北24人の同心である。
  鬼平犯科帳の世界はどうなんだろうか?
  幕府の金子御用をつとめていた日本橋の三谷家は、
  御用のたびに屈強な大男が二人、千両箱を一箱ずつ天秤棒で担いで、
  何万両と言う千両箱を江戸城に運んでいる。
  が徳川時代、一度も襲われたことが無かった!
  もっとも奪っても千両箱を運べないほど重いと言うが・・・・・
  盗賊も分かっている!!!!
12
② 信長の二人の父!
  織田信秀に舅の斉藤道三の教えられる。
  戦いに勝つには、銭と数!
  これを実践したと言う。
12
③ 著者ならではの熊の話も多い。
  太平洋戦争の話もある。
  著者も苦労人と思うが・・・・・
12
  流言飛語。
   女子高生が発した、信金が危ないんじゃない!  から取り付け騒ぎが起こった。
   フランスの「オルレアンのうわさ」  婦人服店に入った少女や若い娘が行方不明。
   警官が踏み込み、若い女性を発見。  地下道で結ばれている。
   私も聞いた???   噂が噂を呼ぶ!
   結局、行方不明の娘など何処にもいない!  目撃者もいない。
   根も葉もないデマだったようだ!
   唯一つの事実は、婦人服店が6軒倒産した・・・・・・
12
⑤ 遊女屋機関誌がある。やはり必要だったんだろう・・・・・・
   著者は、航空通信隊員として終戦を迎える。
   暗号書等の重要書類を処分する役目を荷い、
   書類を燃やしながら涙が止めどなく流れたと後に回想している。
   そういう経験をしているだけに、独特の死生観があると感じた。
   色々な時代の話があり大変面白かったです!
12
12
神坂次郎
12
12

« 本・バチカン エクソシスト・トレーシー ウイルキンソン | トップページ | 本・幻海―The Legend of Ocean・伊東 潤 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・サムライたちの自由時間・神坂 次郎:

« 本・バチカン エクソシスト・トレーシー ウイルキンソン | トップページ | 本・幻海―The Legend of Ocean・伊東 潤 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ