« 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」 | トップページ | 本・石原莞爾―「満洲国」建国を演出した陸軍参謀(2002/5)楠木 誠一郎 »

2017年5月 8日 (月)

本・「昭和」を振り回した男たち(1996/8)・半藤 一利

Photo_2
12
12
“自虐史観”“居直り史観”を共に排す。満州事変から戦後の復興まで、日本人が振り回され続けた歴史の真実を、タブーを破り六人の実力派作家が掘り起こす。
12
序章が半藤一利。
石原莞爾     利根川 裕
松岡洋祐     土門 周平
東条英機     檜山 良昭
阿南惟幾     半藤 一利
マッカーサー   保坂 正康
吉田茂       夏堀 正元 
以上の6人である。 もっと他にもいると思うが………
12
12
石原莞爾については語りつくされている??
あれだけの秀才で、海外にも派遣され、ロシア語、ドイツ語も喋れる。
『五族協和、王道楽土』 満州がカギになる。
日本は四語熟語が大好きである!!
2・26事件の軍人達は陸軍大学を出ていない。
そういう軍人は部隊に行く。
部隊で農民出身の兵の苦悩を知る。
最初の考え通りには行かない!
どうしても都合よく考える人が出て来る。
自信家であり過ぎたのか???
12
12
松岡洋祐は英語力で出世した。
オレゴン大学を卒業しているが、それほどの名門校では無い!
それがコンプレックスになっている???
外交官試験を首席合格したが、英語力が抜群だったようだ!!
張作霖の爆死事件が昭和史の開幕と言う。
満州の考えがある。 石原莞爾は絶えずソ連があるが、松岡はそうではない。
国際連盟脱退を行う!!  英雄になる!!
リットン報告書にあるが、中国人の治安の維持、資源の開発、行政上の組織化の功績は認めている。
現在の中国人の行政能力からみて、いきなり満州の行政を日本から肩代わりすのは無理であろうと………
そういう事は、日中とも教えないようだが………
三国同盟を締結し、ソ連を交えた四国同盟を画策する!
自信過剰なのか?? 大物外交官と勘違いする???
アメリカをけん制する為だが、本当に出来ると思ったのか??
日米開戦時、自分のやった事を後悔したようだが………
12
12
東条英機は細かい役人である
東条英機の家は小さかったようだ。
隣が鍋島侯爵邸の大屋敷である!
ここをアメリカが登場の屋敷と思って爆撃している。
しかしそんな精密爆撃が出来たのか?? 絨毯爆撃を行っていたと思うが………
しかし最後は責任を全うしたようだが………
12
12
最後の陸軍大臣阿南幾である。 米内を斬れ!!
三船敏郎に、役所広司が演じている。
成績は上位であるが、陸軍大学校に4回目で合格した!!
生徒も協力している!
『誠なれ、ただ誠なれ誠なれ、誠、誠で誠なれかし』
幼年学校の生徒全員に、『農村の救済を唱え、政治を改革せよと叫ばんとする者は、まず軍服を脱ぎ、しかる後に行え』
この時期にそう言う事を言ったのは、梅津美治郎と阿南惟幾と言う!!
戦争で兵を殺し過ぎている??  有能なのか??  
終戦時期に、陸軍は大会戦をやりたい。 今までは島の戦いである!
この大兵力が残っている本土決戦で最後の勝負をかけたい!!
日本の一番長い日である!!
この時期に、終戦条件に国体の保護、戦争犯罪人の裁判は日本とかあるが、負けていてよく言えるのだとは思ったが………
陸海軍統合の話もあり、陸軍、海軍と対立している。
どう言う意味なのか??  『米内を斬れ』と阿南陸軍大臣が言ったようだ??
12
12
マッカーサー将軍である。
色々言われている??
優秀な成績である。
上司が自分より成績が悪いので、馬鹿らしくて命令が聞けない!!
天皇陛下と信頼関係を結ぶ!!
終戦時に武装解除、そして海外派遣の兵と、住民を引き上げなければならない!!
天皇しかいない!!
東京裁判の評価は??
良くも悪くもマッカーサーである。
統帥部、政治家の裁判をしていない?? 後の対ソ戦を意識している??
日本は12歳の子供であるは、馬鹿にした意味では無さそうである!!
12
12
戦後最強にして最悪の総理大臣、吉田茂!!
沖縄問題のレールをひいたのは吉田茂!
反共であり、皇室を感情的に敬っている。
管理社会機構のシステムがよく出来ている。
疑似民主主義国家??
労働運動弾圧の黒幕でもある!!
第一条 象徴天皇であるが、不戦・非武装が先に出て来なければならないのでは??
吉田崇拝の神話を捨てる必要がある!!
吉田茂の「負の遺産」を清算する必要がある。
そうなると、吉田茂の功罪はどのようなものなのか???
1
12
半藤一利
12
122

« 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」 | トップページ | 本・石原莞爾―「満洲国」建国を演出した陸軍参謀(2002/5)楠木 誠一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・「昭和」を振り回した男たち(1996/8)・半藤 一利:

« 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」 | トップページ | 本・石原莞爾―「満洲国」建国を演出した陸軍参謀(2002/5)楠木 誠一郎 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ