« 「映画・関ヶ原の公開」 2017年8月26日 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第19回「罪と罰」 »

2017年5月14日 (日)

本・峠越え(2014/1)・伊東 潤

Photo_4
12
12
この世には、凡人にしか越えられない山がある――。 信長でも秀吉でもなく、家康こそが天下人たりえた理由とは?
幼き頃、師より「凡庸」の烙印を押された男は、いかにして戦国の世を勝ち抜き、のちに天下を覆すことになったのか。
本能寺の変。信長、死す――。家康の人生最悪の危機は、最大の転機でもあった。 大胆不敵の大仕掛け、当代無双の歴史長編!
山岡荘八『徳川家康』、隆慶一郎『影武者徳川家康』、司馬遼太郎『覇王の家』。 名だたる傑作のいずれとも異なる、真実の姿を活写する!
12
12
諸作品とは一味違う家康像である。
「凡庸」 それを自覚して忍従して危機に対応する。
12
桶狭間の合戦!
朝倉攻めからの撤退!
姉川の合戦!
三方ケ原の戦い!
信康の切腹!
長篠の合戦!
武田攻め!
本能寺の変!
伊賀超え!
全て信長が絡んでいる。

一向一揆の話は出て来ない! 信長が絡んでいないからか??
12
12
太源雪斎に幼き頃に言われる。 この教えを守る??
1212
「衆に秀た者は己を知ろうとせぬ。それに反して、凡庸な者ほど己を知ろうとする」
12
「人は、今ある己の有様が当然のことだと思うて生きておる。ところが、何か一つ判断を違えておれば、よきにつけ悪しきにつけ、全く別の生涯が開けておったやもしれぬのだ」
12
「人とは、立場によって大きくもなれば小さくもなる」
12
「戦とは、泰然自若として動かぬ者が、常に主導権を握るのだ」
12
「己を失った見失った者の先行きは暗い」
12
「いかに物事がうまく運ぼうが、それを己の力だと思うてはならぬ。たまたま大運が味方してくれたと思うのだ。己の力など微々たるものだ。それゆえ天運を逃がさぬよう、
しっかりと捕まえておくことが大切りだ。己を失った時、天運にも見放される」
12
1212
物語は伊賀越で終わる。
小牧長久手の戦い、関ケ原、大阪の陣の話はない!!
あくまで信長に従わなければならない家康がいる。
物語の最初の桶狭間の合戦で、家康は信長に通じる。
酒井忠次、石川教正らが策謀する。 桶狭間の合戦時に、信長に義元の行動を知らせた簗田出羽守に通じる。
これが最初の裏切りになる。
この時に井伊直盛が出て来る。戦死するが………
それ以降は信長に利用される!
12
朝倉攻めからの撤退では、むりやり殿を努めさされる………
秀吉がしゃしゃり出る!
姉川の合戦では、兵の多い朝倉にぶつけられる。 
12
三方が原の戦いでは、籠城ではなく戦うように仕向けられる。 
信康の切腹もどうにもならない。 
12
長篠の合戦に、武田攻めがある。
穴山信君を裏切らせる。
これも信長に利用される。
鳶巣山攻撃が、酒井忠次の検索である話はなかった。
12
本能寺の変は家康を殺す予定が狂った???
武田が滅んだ後は、家康の存在が必要なのか???
駿河、遠江、三河の三ヶ国が必要なのか??
融通は利かないが、兵は強い!!
いずれ邪魔になる!  『狡兎死して走狗煮らる』
駆け引きに家康は勝った………
12
本能寺の変が起こった………
しかしその後が大変である。 三河まで帰らなければならない!
伊賀超えになる。
チョット我田引水が強いのではないか???
個人的には、司馬遼太郎『覇王の家』の家康像が強い!!
それ以外にも家康については、やはり司馬遼太郎の影響が強い!!

一風変わった家康像である!!!
122
12

« 「映画・関ヶ原の公開」 2017年8月26日 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第19回「罪と罰」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

おんな城主 直虎 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・峠越え(2014/1)・伊東 潤:

« 「映画・関ヶ原の公開」 2017年8月26日 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第19回「罪と罰」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ