« 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 | トップページ | 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ② (2014/10)・立花 隆 »

2017年6月 8日 (木)

本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ① (2014/10)・立花 隆

21
12
12
東日本大震災以後の日本を再生させるものは何か――。最先端科学から宗教、歴史に至るまで、現代最高の知性が思索しつづけた軌跡。
世の中が前より一層よく見えるようになった―。がんを患いながらも、飽くなき好奇心で精力的な取材を続けるジャーナリスト、立花隆。
74歳を迎えたいま、立花隆は震災後の日本について何を思うか? 人気連載「文藝春秋」の巻頭随筆全39話が一冊に!
12
12
立花隆も良く批判されている。
出る釘は打たれる???
『立花隆「嘘八百」の研究―ジャーナリズム界の田中角栄、その最終真実』
と言う本を立ち読みした。 こう言う本はどうなんだろう………
立花隆の本は、何冊か読んでいる。
好きな作家である。 作家なのか???
しかし憎しみを込めて書かれた本のようだった??
立ち読みをしただけだが、気分が悪くなった!!
文藝春秋連載の39話である。
Ⅰ 日本再生
Ⅱ 革命の世紀
Ⅲ 知の新時代へ
日々の出来事を書いている??
気になるところがある。
12
12
Ⅰ 日本再生
現在のグスコーヅドリ
宮沢賢治によって書かれた童話「グスコーヅドリ」
知らなかったので調べた。 宮沢賢治と言うのが面白い。
グスコーブドリはイーハトーブの森に暮らす樵の息子として生まれた。冷害による飢饉で両親を失い、妹と生き別れ、火山噴火の影響による職場の閉鎖などといった苦難を経験するが、農業に携わったのち、クーボー大博士に出会い学問の道に入る。課程の修了後、イーハトーブ火山局の技師となり、噴火被害の軽減や人工降雨を利用した施肥などを実現させる。
27歳のとき、イーハトーブは深刻な冷害に見舞われ、火山を人工的に爆発させることで大量の炭酸ガスを放出させ、
温室効果によってイーハトーブを暖めて、飢饉を回避する方法を提案する。
その実行に際して誰か一人は噴火から逃げることができない。最後の一人として火山に残り、火山を爆発させると、冷害は食い止められた。
12
12
日本は地熱発電を生かすべきか?? 地熱資源としては世界で3番目と言う!
ただし自然環境の問題がある。
12
12
沖縄訪問記
沖縄は熊野信仰が強い!!
沖縄については、半藤一利、佐藤優が詳しい!
昭和天皇が沖縄に基地を造ることを容認、勧めたと言う。
戦略的には、沖縄の基地と言うのは、場所的にはいいようだ!
12
12
LNGの底力
LNGは知っている。 低温で輸送、保存する。
シベリア抑留の話がある。
この凍り付くシベリアでは、薪で発電していたようだ!
ちょっと信じられないが……… おかげではげ山が多いようだ!
日本の今後のエネルギーの話である。
自然エネルギーを利用する。
バイオマスがあるが、これは集めるのに人力がいる。
著者は、シベリアの話もあるので勧めないようだ!!
水力、石油の%は低下している。 原子力、LNGがあり、石炭も復活している。
特に石炭は劇的に改善されているし、世界トップである。
世界の石炭発電が日本の技術を使えば、CO2排出量が13億トン減少すると言う!!
日本の技術も大したものようだが………
12
12
ドジョウ総理の未来
野田元総理のあだ名は、ドジョウのようだ!
ひたすら頭を下げて実利を取るやり方は、そこそこの実績を上げるが、
著者は動物園で、カワウソにドジョウを食べさせていたようだ。
ドジョウ総理は、カワウソ総理に成れるのか??
12
12
地球外生命
実際に宇宙に生命体があり、出会うときはどうなるのか??
ヨーロッパのアフリカ、中東、アジア、南米侵略は相手のことなど考えていない??
ついこの前までは、人類は孤独な存在だと!!
最近は恒星に惑星があるとの観測が出来ている。
この惑星がドンドン発見されている。
生命にH2Oが必要であるが、液体として存在するのは0℃~100℃である。 限られてくる!!
宇宙の始まりはビッグバーンである。 これが正しければ、膨張する宇宙とは言えスタートは同じようなものなのか??
最高段階の存在者から見れば、人もシラミも同レベルの存在か??
12
12
四次元時計
百億年に1秒しか狂わない時計が出来つつあるようだ??
もはや時計ではない???
これだけの時計であれば、設置場所が違えば同じ時を刻まないようだ!
干潮、鉱物の違い等で違う。 同じ時は刻まなくなる??
重力変化でも変わる。 つまり地震予知等にも使える??
今や時計の精度は誰も問題にしない!!!!
12
12
飽食時代の終焉
身分証明は各国で違う??
日本は住民票に住民登録がいる。
社会保障番号(米)、国民保険番号(英)、税務番号(伊)、住民登録番号(デンマーク)、
市民サービス番号(蘭)、個人識別番号(スウェーデン)、国民ID(エストニア)、NIR(仏)
現在国家では何らかの形で、国民総背番号制を導入している。
ドイツもそうである。 飽食の時代は過去のものになりつつある!
米穀通帳の時代に戻っても不思議では
125
125

« 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 | トップページ | 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ② (2014/10)・立花 隆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 | トップページ | 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ② (2014/10)・立花 隆 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ