« 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ① (2014/10)・立花 隆 | トップページ | 本・赤ひげ診療譚・山本周五郎 »

2017年6月 9日 (金)

本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ② (2014/10)・立花 隆

21_2
12
12
Ⅱ 革命の世紀
巨大地震の謎に迫る
東北大震災の後、海底地形を調査している。
世界一の深海掘削船ですべりを調査している。
海底地形が一変しているようだ!!
今後に役立つ資料のようだが………
この調査方法も大変である!!
8,000mも掘る。 パイプを繋ぐが何本繋ぐのか??
12
12
ベトナムの真実
ベトナム戦争は過去のものである??
現在のアメリカの諸悪の根源である??
北ベトナムは周到な用意をしていた。
テト攻勢がある。 混乱したアメリカも直ぐに反撃している。
結局は失敗だったようだ。
がマスコミと言うか、アメリカ国民が巻けたと思った??
なのでアメリカはもう戦えなかったようだ! これは吉田一彦が詳しい1
著者言う、結局は兵站を潰せなかったのが敗因なのか??
12
12
失なわれた密約
著者は田名角栄を評価しているのか??
竹島密約である。  解決せざるをもって、解決をしたとみなす!!
① 両国とも自国領土と主張、反論するのに意義は無い。
② 漁業区域の設定は竹島を自国領土として線引きして重なった部分は共同水域とする
③ 韓国は現状を維持し、警備員の補強、増強、施設の新設、増設は行わない!
④ この合意は今後も引き継ぐ。
韓国はこの合意書類を燃やしている。
これが今の現状である。  この方式を尖閣にも当てはめている。
が、何もしないと言いながら国有化した??  これが問題になっている??
竹島密約は、双方の政治家が実力があった??   顔が違うのか??
12
12
有人宇宙開発無用論
大変良く分かる!
国威発揚は、中国にやらせておけばよい???
必ず事故がある。 人身事故はある。 その時日本では人命軽視と騒ぎ立てるマスコミがいる。
それより、ハヤブサの様に、無人探索で結果を残した方がよい!!
ここで面白い話がある。
この件で、元宇宙飛行士たちの反論がある。
金ではないと!! 自分の金を払わずに言うのかと思うが………
野口家も赤字続きだが、子供に夢を与える為には金を出す!!
親から出して貰える赤字補填金額と、桁違いの税金の額と一緒にしてはならないと思うが………
12
12
黒潮町長の執念
畑村洋太郎の世界である。
東北の震災での、今後の対応を記述していた。
土佐である。 瀬戸内海地方に住んでいると、海は穏やかなものだと思ってしまう。
太平洋の荒波を受けない??
黒潮町では、津波は時間差があるので、山に逃げるようにしている。
そしてその訓練も行っている。 町長に指導力があるのだろう………
やることだけやって、後は山に逃げるようにする。
東北の震災でワザワザ逃げずに津波見物をしようとして亡くなった人もいる??
コンクリートで固めて、自然を破壊する行為では無い。
この町長の後が心配である。 風化しないようにしなければならないと思うが………
12
12
ツングースカの謎
隕石がぶつかった、その隕石の残骸は無かったようだ。
現在では彗星と言われている??
現在であれば、即座にリアルタイムの記録映像がネットの流れる??
この隕石、小惑星等の地球への接近は、他人事ではなくなってきている。
この話は、アイザック・アシモフのエッセイで読んでいる!!
12
12
Ⅲ 知の新時代へ
麻酔とボーイング787
麻酔の話がある。
知らなかったが、何故効くのかハッキリ分からないようだ!!
ボーイング787のリチウムイオン電池の事故がある。これは面白い!!
今回の事故は、事故原因を追究して、その原因を断つのではない。
ありとあらゆるバッテリー事故を想定して、全てに対して完全防止対策を施した。
全部で100を超える事故を想定した。
著者は納得している!!
1212
12
赤とんぼと戦争
太平洋戦争の末期は、赤とんぼで特攻していたようだ??
速度が遅いのは逆にプラスになっている。 構造もそのようである。
戦争の最後はそのようになるようだが………
最近の自爆テロを見ていると、感じる話であるが………
12
12
自動運転の時代
ほとんど生物的な感覚を備えたロボットと言う。
視覚は前方2台ノセンサー、側面センサー2台、後方センサー1台。
後方にはさらに超音波センサー、前方にはアラウンドモニターと言う超広角カメラがある。
付いているコンピューターの能力は何処まで進化するのか???
12
12
クリミア戦争を覚えているか
ロシアVSトルコ、英国、フランスの戦いである。
これについては、「司馬遼太郎 坂に上の雲」にも記述がある。
トルストイも参戦している。
第1次世界大戦の前哨戦とも言う!!
現在に至るまで揉めている。 巨大な国は民族問題がある!!
クリミアも気の毒なのか?? 佐藤優が詳しいが………
12
12
疑惑の細胞
STAP細胞の話がある。
マスコミも自分が正義の代行者と勘違いしている??
マスコミが問題を大きくしている!!
この細胞については、神戸に住んでいるので気になっていた!
理化学研究所も知っている。
小保方、笹井両氏の不適切な関係も言われている!!
出る釘は打たれると言う事と感じるが………
12
12

« 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ① (2014/10)・立花 隆 | トップページ | 本・赤ひげ診療譚・山本周五郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・四次元時計は狂わない-21世紀 文明の逆説 ① (2014/10)・立花 隆 | トップページ | 本・赤ひげ診療譚・山本周五郎 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ