« テレビドラマ・ハンド・オブ・ゴッド  シーズン2 Amazonビデオ | トップページ | 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 »

2017年6月 6日 (火)

本・徹底解説! アメリカ(2016/8)・池上 彰・増田 ユリヤ

Photo
12
12
「メキシコとの国境に巨大な壁をつくるべきだ」などの暴言で人気を得るトランプ、献金問題で「嘘つき」と呼ばれる本命候補のヒラリー、
健闘を続けたサンダース。波乱続きの大統領選挙の裏には、経済格差による民意の分断と、中央政府への不信があった。世界に大きな影響を与えるアメリカ大統領選挙を、渾身の現地ルポと鋭い視点で徹底解説!!
12
大統領選の最中であり、接戦だった。 どちらも評判が良くない??
トランプ大統領となった今読むと、改めて面白い!!
大統領が決まった時は、スペイン・リスボンの昼食時にテレビニュースで見た。
テレビにトランプが大きく映っていたのでいたので、直ぐに分かったが………
結果が出てからこういう本を読むのも又楽しいが………
12
内容は下記の通りである。
はじめに 分断され、格差が拡大するアメリカ(池上 彰)
序章   大統領選挙かえあ見えてくる 民主主義のプラスとマイナス(池上 彰・増田 ユリヤ)
第1章  予備選を支える草のの支持者たち(増田 ユリヤ)
第2章  強大な力を持つアメリカ大統領が選ばれるまで(池上 彰)
第3章  専門家ほど予測できなかったトランプ旋風(増田 ユリヤ)
第4章  今、アメリカ社会で何が起こっているのか(池上 彰)
おわりに 世界が内向きになっていく中での大統領選挙(増田 ユリヤ)
12
12
大統領と首相、どう違うのか子供の頃は分からなかった!!
共産圏は、書記長、主席とか言っていた??
日本は首相で、アメリカは大統領である。
フランス、韓国は大統領で、ドイツ、イギリス、カナダは首相である。
どちらが力があるのか??
あまり気にしなかったが、池上彰の著作によって理解できた!!
日本は首相である。 天皇が元首扱いである。 行政は首相が行う。
フランス、韓国、ロシアは大統領が強い権限を持ち、内政は大統領が指名した首相が行う。
ドイツ、インド、イスラエルは実際の権力は首相が持ち、議会が任命した大統領は名誉職である。 
イギリス、カナダ、ニュージーランドは首相しかいない。
英国は王がいる。 元首がいるので首相しかいない!!
12
アメリカ大統領は特殊な例であるようだ!!
選挙方式も特異である??
接戦なれば良く揉めている?? 選挙人数で争うので、住民投票の過半数が決めた大統領で無い場合がある。
ケネディVSニクソンの戦況で、イリノイの票に不正があった??
ニクソンは敗北宣言をする前に、カリフォルニア開票が未だだと言ったようだ??
12
12
ブッシュVSゴアのフロリダでの開票のやり直しがあった………
草の根運動の取材がある。 読んでいて面白い。
反対派に対しては、説得はしない! 時間の無駄である!!
隠れトランプ派が沢山いる。 その主張が引き付ける。 
アメリカの選挙民は既成の政治家を信用しない??
サンダース候補に、トランプ候補はブレていないと言う!!
ヒラリーは票目当てに変わる??
アメリカは格差社会と言う! 大学教育にも金がかかる。
サンダース候補は無料にすると言う! がその場合の財政は??
問題があるが、選挙民をひきつける。
鳩山元首相みたいなものなのか??
ヒラリー候補も、自身の講演で稼いでいる。  富裕層から支持されている。
ヒラリーの娘もそう言う投資会社で働いている。
そう言う人間が、民衆レベルの事が分かるのか???
「ヒラリーは嘘つき!」
ヒラリーも嫌われているが、トランプも嫌われている。
トランプも最初は泡沫候補である! その過激な発言が共和党の本流の意見と合わない!  が、予備選に勝っている??
他に候補者がいなかったのか?? 変な選挙になっている??
予備選は途中で勝てないと思ったら撤退するが、サンダース候補は撤退しない!
最後まで戦う!!
その結果により、サンダースの主張がヒラリーに取り入れられる事になる??
草の根運動も生きたようだが、ヒラリーは負けた!!
12
予備選、本選、選挙人の話もある。  分からない事も良く分かる………
「特別代議員制度」 ますますアメリカの選挙が分からない??
12
大統領の継承順位がある。
大統領➡副大統領➡下院議長の順番であるのは知っていた。
ここまでは小説のネタにもなっている!
「ホワイトハウスダウン」 「エンドオヴホワイトハウス」
どちらの映画も下院議長が重要な役になっている!!
12
リバタリアン党、リベラル、アメリカ共産党らがある。
医療、軍事、福祉国家、麻薬、教育、聖書、銃規制等の考えが違う!
大きな政府より、小さな政府で規制を少なくする考え。
進化論を否定し、学校での教育を拒否する。
世界の警察官の立場を止める。 韓国、日本からも撤退する。
自分を守る権利があるので、銃規制は必要ない??
麻薬も合法化すれば、問題が潜らない??税金も
12
余計な候補者、第三の候補者が出たために、票が割れて選挙に影響を与える。
昔、アラバマ州ジョージ・ウォレス知事が立候補した時には、結果に影響したようだ………
12
政治献金の話がある。
政治献金はやはり見返りを求めている??
各候補者とも勝った時には、優遇される企業、団体があることは間違いないだろう………
結果が分かってからの本は面白い。
読まないのは、20XX年、XXが崩壊する。
未だに健在である。 こう言う本はあまり読まない!
12
12
徹底解説! アメリカ・池上彰・増田ユリヤ
12
12

« テレビドラマ・ハンド・オブ・ゴッド  シーズン2 Amazonビデオ | トップページ | 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・徹底解説! アメリカ(2016/8)・池上 彰・増田 ユリヤ:

« テレビドラマ・ハンド・オブ・ゴッド  シーズン2 Amazonビデオ | トップページ | 本・奪われぬもの(2002/12)・後藤 正治 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ