« 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 | トップページ | 第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる! ② 資本論・格差貧困・国家再生(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

2017年7月20日 (木)

本・第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる! ① 資本主義・小さな政府(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗

Photo_5
12
第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる! ① 資本主義・小さな政府(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗
12
クライマックスの大戦争があるのかないのか、それを論じても意味がない。必要なのは、第三次世界大戦はすでに始まっているという前提で国際情勢を見るという思考実験である。
第三次世界大戦をキーワードにお金と欲望から日本の未来を解読する。それが本書の狙いである。
政治、経済、軍事、宗教を、「第三次世界大戦」という切り口から見れば、その裏側や本質がハッキリ見えてくる。世界と日本の大問題の意味がわかってくるのである

12
下巻になる。内容は下記の通りである。
2008年発行である。時代は進んでいるが、格差・貧困の問題はもっと進んでいる。
12
第六章 ◎資本主義の行方◎    金融大崩壊がもたらすもの
第七章 ◎小さな政府◎      新自由主義を超えて
第八章 ◎マルクスと『資本論』◎ 今、なぜマルクスなのか
第九章 ◎格差から貧困へ◎    日本を襲う貧困の広がり
第十章 ◎国家再生◎       日本にこそチェンジが必要だ 

12
第六章 ◎資本主義の行方◎    金融大崩壊がもたらすもの
12
世界金融危機がある。「デリバティブ」 金融派生商品がある。
投資信託、株などの商品を買っているが、良く分からない商品も多い!
『シンプル・イズ・ベスト』 か??
サプライムローン問題による世界恐慌があるが、見本はアメリカ・ヨーロッパに比べると被害が少ない!
どちらかと言えば、チューリップ投機のバルブ崩壊に近い??
共産主義が負けたことにより資本主義の暴走が始まった??
今までは共産主義のおかげで、企業も福祉に等金を使った。 国家独占資本主義と言う!!
が今は遠慮が無い! 近代経済学も説明できない!
新自由主義が無ければ、被害は少なかった??
12
1929年の大恐慌をルーズベルトはニューデール政策で乗り切った??
が現実は、やはり戦争で経済は回復した。
戦争はもっとも効率の良い公共事業と言う………
12
戦争の話になる。
第3次世界大戦は、イランと北朝鮮で始まると言う!
イランに課しては、今もイエメンでのサウジvsイランの代理戦争から始まると言っている!!
アメリカの民主党と共和党の違い。
民主党は、民主主義が原理原則なので、「ダメなものはダメ」になる。
共和党は、棲み分け主義である。 ダメなものもあると感じている。
日本は共和党が合っている。 共和党の大物、マケインに期待している!!
アメリカは日本と価値観を共有していない。
マクドナルドでも吉野家でも日本語で注文できる。
がアメリカは本来、英語で注文である。 世界中である! フランスでも英語である??
この辺りの事を言っているようだ………
12
景気対策があるが、ガタルカナルと同じで兵力の逐次投入になっている??
ルーズベルトは正直である。
プーチンも正直である。
サルコジ、はズルく、狡猾である?
金融工学は、やはりおかしい??
金融は生きているのであろう………
経産に乗らないところもある???
基本に労働がある、労働価値説に立たなければならないと!!
12
12

第七章 ◎小さな政府◎      新自由主義を超えて
12
ケインズが出て来る。 イギリスよりアメリカで用いられている。
大きな政府である。
「新自由主義」 に 「新保守主義」 がある。
「新保守主義」は、アメリカ型とヨーロッパ型がある。
アメリカ型は、自然と闘い、自然を征服する。
ヨーロッパ型は、自然に還れである。
自然に還れであるが、人類には出来ない??

自分で子供を産み、自分で食べ物を見つけ、自分で病気を治すことは出来ない!!
人類が自然のままの状態で生きれるのは、アジアのモンスーン気候、ヨーロッパの海洋性気候や地中海気候など限られている。
ドイツは内向きである。 ァメリカは砂漠の民の発想に近く何でも世界に押し付ける!!
大きな政府から小さな政府へ!
英国   英国病克服  貧富の差が拡大
日本   失われた10年
アメリカ 景気は回復、財政・貿易赤字の拡大、貧富の差が拡大

12
新自由主義が貧困をもたらした??
アメリカの金持ちは寄付をして社会に還元する。 文化に違いであるが
ロックフェラーが代表である。 広瀬隆に言わせれば何か魂胆がある!!
批判逃れになる。
「ロックフェラーは、一代で巨万の富を造った。 がそれを引き継ぐお前たちの方が難しい!」
思い出したのは、堺屋太一である。
『唐書』    創業は易く守成は難し
『貞観政要』 「創業と守成いずれが難きや」
結論は、創業と守成、いずれも難き!! のようだが………
洋の東西を問わずに、同じような格言はあるようだ………

12
日本でも、昔はパナソニック、ホンダ、ソニー等がそうだったようだ………
現在ではなくなっている??
金儲け中心主義が悪くない!! 共産党や社民党は、「みんなで貧乏になろう」
の世界か?? 儲けるだけではなく社会に還元することが大切なようである!!
しかし当たり前と思われるのも問題である!!

12
12

« 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 | トップページ | 第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる! ② 資本論・格差貧困・国家再生(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 | トップページ | 第三次世界大戦 世界恐慌でこうなる! ② 資本論・格差貧困・国家再生(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ