« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード1 | トップページ | 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

2017年7月19日 (水)

本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!① 第三次世界大戦・アメリカ・ヨーロッパ(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗

Photo_8
12
第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!① 第三次世界大戦・アメリカ・ヨーロッパ(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗
12
クライマックスの大戦争があるのかないのか、それを論じても意味がない。必要なのは、第三次世界大戦はすでに始まっているという前提で国際情勢を見るという思考実験である。
第三次世界大戦をキーワードに国家と宗教から日本の未来を解読する。
それが本書の狙いである。政治、経済、軍事、宗教を、「第三次世界大戦」という切り口から見れば、その裏側や本質がハッキリ見えてくる。世界と日本の大問題の意味がわかってくるのである。

12
田原総一郎と佐藤優である。 この二人の対談であるので遠慮はあまりない!! 露骨な話になる!  2巻に分けている。
次は、◎世界恐慌でこうなる◎である。 300ページぐらいで読み易い対談集である。
12
内容は下記の通りである。
第一章 ◎新しい戦争の時代◎ 第三次世界大戦がはじまった。
第二章 ◎アメリカ・ヨーロッパ◎ 帝国主義化する世界
第三章 ◎ロシア・中国◎ 資本主義化する二大大国の行方
第四章 ◎日本◎ 「押しつけ憲法」論の大きな間違い
第五章 ◎世界と日本◎ これが日本の生きる道!

12
現在は、第三次世界大戦は始まっていると!
中東である! アルカイダに、イランの核疑惑??
2008年発行なので、もう10年近く前である。
オバマ大統領が誕生した時代である。
現在の北朝鮮、は未だ大きく話題になっていない。  イランもである!
佐藤優が絶えず言っている、新・帝国主義がある。
12
第一章 ◎新しい戦争の時代◎ 第三次世界大戦がはじまった。
12
第一次世界大戦から第二次世界大戦までを分けずに30年戦争とみる。
冷戦が終わり新たな時代になった。
9・11事件が転機と言う!
アメリカの力が落ちている。 と言っても圧倒的であるのは間違いない!
「非対称の戦争」  そう言う時代になっている。
調べると、「交戦様態が、正規軍同士ではない戦闘である点を特徴とし、相手と同じ戦術では勝利が困難な交戦集団が、予想も対抗も困難な別の手段によって戦闘をしかける」
ゲリラ戦、テロになる!!

そういう時代になっているし、現実に多くに戦いが起こっている。
中東の分析がある。 昔は回教と教えらえた?? 今はそうでは無いようだが………
スンニ派とシーア派がある。 著者の本を読でおればなんとなくは分かる??
シーア派大国イランは、ハルマゲドンを信じている??  12イマーム派!
世界最終戦争の時に助けてくれる??

スンニ派のサウジは、アラーは一人で神様も一人、地上の秩序もカリフ帝国。 世界帝国と言う。 ワバーフ派!
サウジは、人民も、領土も、財産も君主のものである。 私有財産である!
要はどちらも最終的には世界制覇をもくろんでいる??? その為にイスラム教徒は存在する。

良く出て来るが、良い原理主義に、悪い原理主義がある!
欧米が自分の都合の良い解釈である。
サウジは、禁酒だが、コーランが禁じるのはブドウから造ったワインと言い、ウイスキーは構わないと!!
宗教指導者が、これに対して何も言わないのか??
12
無差別テロを広めたのは、イスラエルと言う。
もっとも相手はイギリスの統治に対して行った………
テロリストと言えば、「山の老人」 暗殺教団、アサシンが存在した!
現在も存在しているのか?? 小説のネタには困らない。 ゴルゴ13でも登場する!!
ハッシュで洗脳するが、テロの恐怖があるから手を出さない!
12
日本の外交は、誰からも文句が出ないように、フナフニャでやっている???
民主主義の話になる。
国会議員、政治家が日本では722人いる。 これを721人にしたらどうなる??
そうやって行けば、理論的には最後の一人が民意を代表してもおかしくない??
麻生太郎が聞いたら喜びそうな考えである!

12
アメリカ民主党政権時に戦争は起こる??
共和党の候補で、宗教が問題になったようだ。
怖い国である。 マケイン大統領候補がいる。 日本は期待していたようだ!
軍人の鏡みたいな人である。 絶対に、「映画 ラスト・キャッスル」 のモデルである!!
12
面白い事を記述している。
友愛を国家に拡大すると、ファシズムになる??
普通ならどうこう言わないが、鳩山元総理がいるのでおかしい!
この対談時は未だ首相では無かった!!
12
日本国には国の為に働く人間がいる??
ここで外務省の話になるが、日露交渉である。
佐藤優は、ソ連の崩壊を目に前で見ている。
日本の外交は親英米スクールが握っている?? へたに日露交渉なんか出来ないようだ………
12
第二章 ◎アメリカ・ヨーロッパ◎ 帝国主義化する世界
12
アメリカは民主主義の国である。
日本とドイツは戦後復興した。 
この成功は、成功すべくして成功した??
日本はアメリカから見れば異質な国である。 それが成功したのだから、他でも成功するだろうと!
これが間違っていた!!
韓国、べオナム、アフガン、中南米、イラクとほとんど成功していない。
イラクにも日本と同じように考えた。
が、しょせん天皇でまとまっている国と、シーア派、スンニ派、クルド人と別れている国に民主主義を持ち込んでもまとまるわけはない!!

12                                                                                                                                                                                                                                                                                   
アメリカは、敵を必要とする。
イラクの次は、この当時は無かったISなのか??
12
ドイツの実情がある。 著者の本では必ず出て来る話である!
ミュンヘンでカツレツを食べる。 シェフはドイツ人。
給仕に清掃員はブタペスト。
肉はハンガリーから来ている。
ハンガリーに行くと、清掃員はウクライナから来ている。 豚のエサの穀物もウクライナ産である!!
ナチスドイツはオーストリアにハンガリーをドイツ文化を支える二級人種で、外側にいるのがロシア!!
チェコも日本も二級人種である。
現在のドイツは、ユーロにより、人種序列を果たしている。 
ユダヤ人の除去を除いてである。
ギリシャ問題もまだ言われていない時代である。
ユーロから出て行きたければ出て行けと!!
フランスのサルコジ大統領も、ドイツメンケル首相の太鼓持ち???
12
オバマ大統領が実現したが、退陣である!!
現在のトランプ大統領はについてはどういう意見になるのか??
12
12

« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード1 | トップページ | 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード1 | トップページ | 本・第三次世界大戦 新・帝国主義でこうなる!② ロシア・中国・日本(2008/12)・佐藤 優・田原 総一朗 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ