« NHKスペシャル 本土空襲 全記録 | トップページ | 本・ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史(2016/3)・武田 邦彦 »

2017年8月24日 (木)

本・正義について考えよう(2015/11)・猪瀬 直樹・東 浩紀

Photo_3

 

重厚なルポルタージュで、「戦後空間」のなかに潜む日本国という国家そのもののルーツを問い続け、
のちに東京都知事として行政機構のなかに自ら斬り込んだこともあった作家・猪瀬直樹氏と、
アカデミズムの枠組みを超えたフィールドワークを駆使し、
日本の言論空間につねに新風を吹き込んできた俊英の思想家・東浩紀氏との間で交わされた「正義」を巡る日本人論。

著者の猪瀬直樹は、もう終わりなのかと思ったら復活している??
本はよく読んでいる方である。 そのまま都知事を勤めていてくれたらよかったのにと思うが………
都議会のドン内田と、どうなるのか興味があるが………
内容は下記の通りである。

まえがき
第一章 安保法制を巡る議論と日本人の歪み
第二章 戦後がもたらした“めじれ”と日本人の正義
第三章 正義を語れなくなった町
第四章 ジャーナリズムの変容とメディアのタブー
第五章 当事者不在の東京五輪の日本のビジョン
第六章 3・11で再発見した日本人の底力~『救出』で描いた実体験
第七章 日本を変える知性を生み出せるか?
第八章 「団塊の世代」と歴史の断絶
第九章 新たな“イエ”の創出と歴史の継続

最初にサンデル博士が出て来る。
正義についてである。
路面電車の運転手がいる。 列車のブレーキが効かない。
前方に5人の作業員がいる。 待避線が目に付く。 そちらへ入れば作業員が1人である。
要は、5人殺すか、1人殺すかである!
「映画・ローンサイバー」がある。 これを例に出している。
任務遂行の4人のネイビーシールズがいる。
途中で羊飼いの子供たちに出会う。 どうするべきなのか??
3人が殺す、そのまま生かす、連れて行く??
結局逃がして攻撃受け、救援の兵を含めて多く死ぬ!
殺すべきだったのか???
その話から思い出したが、「映画 プライベートライアン」がある。
捕虜にしたドイツ兵をどうするのか?? 殺す?? 助ける??

憲法改正、沖縄、天皇、新国立競技場問題、大東亜戦争肯定論、イスラム国、右傾化、ゲンロンカフェ、安全保障関連法、
ディズニーランド化、「マンション墓地」、SEALs、関東軍、ニューカップル、
福島、歴史修正主義、メディアのタブー、文学部不要論、
三島由紀夫、ダークツーリズム、集団的自衛権、東京裁判史観、ネトウヨ、
『朝まで生テレビ』、団塊世代と団塊ジュニア、石原慎太郎、
一神教と多神教、日米安保条約、2020年東京五輪………

内容は多い。
誰もが「必敗」すると考えていた戦争に、なぜ日本は突き進んだのか。
32年前、『昭和16年夏の敗戦』で猪瀬直樹が提示したこの問いかけは、
新国立競技場をはじめとした東京五輪問題、安全保障関連法成立までの反対運動、
沖縄と福島が抱える宿痾、改憲論議……など、いま日本人が直面しているすべての問題に繋がっている。
同調圧力に屈しやすく、リーダー不在のため、自ら意思決定することすらできない。そして、
「不決断」という選択を取り続けたことで、誰も責任を取らない国になってしまった……
年金問題??  高速道路の交通量予測の間違い?? 
誰も責任を取らない!!!

安保法制、改憲等の問題がある。
読んでいるとどうするのかと思う!!
変に解釈でごまかしてきているので、考えをこじつけている為、歪んでいる!!
と言うことになるのか???

戦後空間は、ディズニーランドのように現実は慣れした世界と言う!
沖縄に福島の問題がある。
どちらも日本の問題を押し付けている。
原発に基地である。
原子力発電の技術を維持するために、新設する???
基地も、街中より郊外に持って行けばよい。 それはもっと早くやる問題である。
原発事故も天災と言うより人災であると!!

五輪問題がある。 当事者がいなくなっている??
恥ずかしい話である?? 何を揉めているのかと思うが………
世界に恥をさらしている?? 日本国としてどうすべきなのか??
「不決断」という選択を取り続けたことで、誰も責任を取らない???

3・11、「救出」で再発見した日本人の底力がある。 著者の実体験である。
この話は良く書いているので知っている。
ロンドンにまで情報が回っている???
みんなの力が集まって救出出来た??

国立大学に文学部不要論がある。
藤原正彦が言う。 英語だけ喋れて、日本の歴史・文化を語られない。
内容が無い英語では余計に馬鹿にされると!!
日本の問題を述べているが、直ぐに解決は出来ないようだ???


正義について考えよう・猪瀬直樹・東浩紀


12

 

12

« NHKスペシャル 本土空襲 全記録 | トップページ | 本・ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史(2016/3)・武田 邦彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・正義について考えよう(2015/11)・猪瀬 直樹・東 浩紀:

« NHKスペシャル 本土空襲 全記録 | トップページ | 本・ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史(2016/3)・武田 邦彦 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ