« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード3 | トップページ | 本・日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 ② 満州・満鉄(2016/11)・広瀬 隆 »

2017年8月 4日 (金)

本・日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 ① 財閥    (2016/11)・広瀬 隆

Photo
12
グローバリズム、格差社会、ファシズム――日本を暴走させてきた権力を明らかにする!
明治以降、日本を誤らせてきたのは誰か?日本を戦争の惨禍に巻き込み、アジアを侵略し、繁栄とは名ばかりの住みにくい日本を作り上げてきた本当の犯人は誰か?
精緻かつ大胆な歴史考察で、政治家、財閥、資本家が入り乱れる金脈と血脈にメスを入れ、日本近現代史の真実にせまる。これまで「常識」とされてきた事件・歴史的エピソード、「英雄」と考えられてきた人物たちの闇の部分に光を当て、現代社会に警鐘を鳴らす!!
12
著者お得意のテーマである。『続・文明開化は長崎から』???
最も日本だけではなく、世界に及んでいるが………
明治維新以降からの話である。
昔、司馬遼太郎をよく読んだ。 幕末物はあまり好きではない。
その中で、高杉晋作らの豪遊がある。 金が入ったら即遊郭か??
藩の金を遊興につかっている?? 今も会社の金も自分のものと思っているアホはいるが…………
それが志士だったようだ……… 尊敬すべき対象ではない??
薩摩藩の調所将衛門の財政改革の話は有名である。
しかし財政改革と言うより、借金踏み倒しである! 250年で返却する。 まだ残っている計算になるが………
明治維新になり、政府公認の踏み倒しである?? 250年も無しになる…………
12
内容は下記の通りである。
第1章 日本の財閥はどのように誕生したか
第2章 明治・大正時代の産業の勃興
第3章 朝鮮侵略・満州侵略の歴史
第4章 満鉄を設立して大々的なアジア侵略に踏み出す
第5章 最終絶滅戦争に至った経過
第6章 敗戦直後の日本の改革と日本国憲法
第7章 戦後の工業・経済復興はどのようにおこなわれたか
12
幕末の各藩は、多かれ少なかれ商人に借金している。
その金は返したのだろうか?? その疑問はこの本に書かれていたようだ………
財閥が出来る。
岩崎弥太郎の三菱の話は面白い!! 面白いと言ったら語弊があるか??
スリーダイヤの生立ちも分かった!  なるほどと思った………
三菱VS三井。
政治家が関与する。 三井の番頭さんと呼ばれた井上薫!
革命の実利を取るのは、実際に血を流した連中ではないようだ!
血を流した連中が死んで、残りの二流、三流の人間が実を取る。 これは司馬遼太郎も記述していたと思う!
著者にかかっては、勝海舟、福沢諭吉、佐久間象山、吉田松陰もボロクソである!!
明治の元老、伊藤博文、井上薫、山県有朋らもである。
12
財閥が形成されていく過程がある。
三菱、三井、住友、安田、鴻池、古河、大倉、薩摩・川崎、水戸・川崎、浅野、藤田・日産・日立………
松方正義、渋沢栄一らの名前もある。
これ等の系列から、銀行、証券、生保、損保、紡績、造船等がぶら下がって出来る??
呉服系の百貨店、越後屋―三越、白木屋―東急百貨店、大丸、高島屋、そごう、松坂屋、松屋、伊勢丹………
一覧表があるが、見ていて面白い!!
が、恐ろしくもある!!!!
政治家とつるんでいるのは、今も昔も変わらない!!
明治維新後、スタートラインに立つが、財閥が有利になる。
そして大阪の商人が潰される! 
12
あらかじめのもうけ話がある。 インサイダー取引みたいなものである!
情報を先に貰って買い占める。 翌日に倍になる! 借金しても買う!!
人民の税金の使われ方が、こうであると!
12
産業が興る。 がそのもとは戦争である。
日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦と10年毎に戦争が起こる。
征韓論があり、朝鮮半島、中国へ進出する。
著者は、竹島、尖閣諸島も日本のものでは無いと!!
そういう前提での話し合いが必要だと!!
日本のものでは無いと言った瞬間に、ありとあらゆることを自分のものだと主張するだろう………
どちらか分からないものを条約、法律に照らし合わせて日本領土とした。
間違っているとも思えないが………
小笠原諸島の例もある。 ここが日本領土とは信じられないが………
沖縄の問題がある。 琉球処分の話になる。
沖縄は日本なのか??
この辺りは佐藤優が詳しい! 
朝鮮半島への侵攻がある。 台湾、朝鮮半島と植民地にする。
遅れてきた帝国主義である??
朝鮮半島の王朝を潰したと言われるが、それなら英国はどうなのか??
潰しまくっている?? 
遅れていたのは、日本にドイツなのか??
無理している??? それを理由で終わりにしたら問題であるが………
12
明治維新は薩長土肥である。
自由民権運動も、外された土肥の薩長に対する権力闘争なのか??
大風呂敷の、後藤象二郎もかなりいい加減である!!!
佐賀の乱、神風連の乱、萩の乱、そして西南戦争とある。
西南戦争で、他は乱である。 規模が違う!
内戦、朝鮮半島侵攻で、財閥は儲ける。 兵器製造、輸送、食料でか??
戦争と共に大きくなり、政治家も支配する!!
今の安倍政権、安倍晋三も長州閥に繋がる??
世界は閨閥で結ばれている??
12
12

« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード3 | トップページ | 本・日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 ② 満州・満鉄(2016/11)・広瀬 隆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« テレビドラマ 「ゲーム・オブ・スローンズ 第7章 氷と炎の歌」 エピソード3 | トップページ | 本・日本近現代史入門 黒い人脈と金脈 ② 満州・満鉄(2016/11)・広瀬 隆 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ