« 初めてのサッカー観戦 8月9日 ヴィッセル神戸VS鹿嶋アントラーズ | トップページ | 本・組織の興亡―日本海軍の教訓(2003/9 )・日下 公人・三野 正洋 »

2017年8月12日 (土)

本・カラー写真・決定版 第二次世界大戦「戦闘機」列伝(2017/6)・三野 正洋

Photo
12
零戦、スピットファイア、マスタング……。 第二次世界大戦で活躍した戦闘機が、いまでも大空を舞い、多くの人を魅了しているのをご存じだろうか?
本書では、現代に残された機体を撮影した90枚ものカラー写真とともに、
世界主要国の戦闘機約40機種の歩みと特質を、列伝形式で解説している。
空に舞う機体にロマンを感じつつ、「読んで&見て」戦闘機のことがよくわかるファン垂涎の一冊。
12
著者の兵器比較の本はよく読んでいる。 読み返している本もあるので、紹介したい!
しばらく続く!!
「戦闘機対戦闘機」 「日本軍兵器の比較研究」 「ドイツ軍の兵器比較研究」
らを読んでいる。
戦闘機毎の比較があるのを読んでいるのでそれなりの知識はある??
ゼロ戦VSグラマンF4F、F6F
Bf109VSスピッツファイヤー
エンジン、武装等様々な事について分析していた!
一撃離脱型なのか??  格闘戦、ドッグファイト重視なのか??
12
ヨーロッパに良く行く方である!
初めて行ったところが、ウィーンに行った。
その次がベルギーで、次がイギリスである。
ベルギーの軍事博物館で航空機を沢山展示していた。
ジェット戦闘機もあったが、気に入りはレシプロ機である。 モスキートが嬉しかった!!
12
20150618_arm_71
12512
そして憧れの大英空軍博物館である!
庭にスピットファイヤーとハリケーンが展示されている。 救国の戦闘機である!!
ここの展示場は、子供の頃から憧れである!!
それ以来各国に行っているが、中欧はレシプロ戦闘機は無い。
よく見るのは、ミグ21である。 T34も見る。これは戦車であるが………
昨年、スペインに行っている。 マドリッド郊外の博物館に行っている。
ここは広い!! 屋外に屋内、ヘリコプター、旅客機、ジェット戦闘機にレシプロ機である!!
特に嬉しかったのは、Ju52輸送機である。 スペイン製と思うが2台並んでいる。
B26もあり、ジェット戦闘機も並んでいる。
屋内に、スペイン製メッサーシュミットも展示されている。
ここは楽しかった!!!
12
20161112_711
12
今年の5月にヘルシンキ経由でバルト三国に行った。
帰りは、ヘルシンキ経由で帰った。 
そのヘルシンキ空港の近くに、博物館がある。
今回行くことが出来た‼!ここはそんなに大きくはない!
最初にBf109G型の残骸がある。 翼は無いがその形が残っているのが嬉しい!!
12
1111
12
1111111_2
12
ワシントンDC・スミソニアン国立航空宇宙博物館も楽しかった!!
メッサ―シュミットG-6、スピッツファイヤーMKⅦ、ゼロ戦に、P51Dムスタングが展示されている。
12
ゼロ戦
20130427_washinton391
12
スピッツファイヤーMKⅦ
20130427_washinton411
12
メッサ―シュミットG-6
20130427_washinton421
12
P51Dムスタング
20130427_washinton531
12
この本もあるが、神戸に住んでいるので、ポートアイランドの復元された三式戦闘機飛燕も見ている。
昔愛媛県で、紫電改を見ている!
こうしてみると、各国に行って見ている!
12
内容は下記の通りである。 国ごとの分析がある。
序章:知っておきたい基礎知識
第1章:第二次世界大戦前夜の戦争と戦闘機
第2章:アメリカの戦闘機   P- 51マスタングほか
第3章:イギリスの戦闘機  スピットファイアほか
第4章:ソ連の戦闘機     La-5/7/9ほか
第5章:ドイツの戦闘機    Fw190D型
第6章:日本の戦闘機    四式戦闘機 疾風、零式艦上戦闘機ほか
第7章:フランスとイタリアの戦闘機
――ドボアチンD520、マッキMC202フォルゴーレほか
第8章:双発戦闘機の評価
第9章:ウォーバーズファンのための関連ガイド
12
エンジンの話がある!
生産機数である。 単発戦闘機である。
アメリカ 9万1800機、 イギリス 4万2500機、 ソ連 6万8600機、 ドイツ5万500機、
日本 2万9300機、 フランス 2500機、 イタリア4200機。
枢軸国側は勝てないであろう………
それにアメリカ、イギリスは4発爆撃機を造っている!
エンジンと言えば、ダイムラーベンツに、ロールス・ロイス マーリンであろう………
ダイムラーベンツのエンジンを日本はライセンス生産したが、作れなかったようだ………
佐貫又男が、ドイツで 
「何が難しいのか? あんなものひっぱたけば出来る」 と言われたようだ!
それほど技術差があった??
12
機銃については著者の本で嫌と言うほど理解している??
アメリカは12,7㎜の初速が早く、弾道性能の良いブローニングM2がある。 高性能で統一されている。
持てる国が補給も考えている!! 日本は今一のようだが……… 陸海軍共有化出来ていない!!
12
エンジン出力の話は何時もしている。
大戦中全般にわたって活躍した、ゼロ戦、bf109、スッピツファイヤーの変化がある。
小幅な改造しか出来なかったゼロ戦と、エンジン出力を向上させているbf109、スッピツファイヤーの違い??
12
ゼロ戦開発で、堀越二郎はテストパイロットに気に入られるように気を使った!
エンジンも、もう少し大容量のエンジンを使いたかったようだが、それでは機体が大きくなる。
ましてや当時は格闘戦重視である。 そう言う考えで造った!!
でなければテストパイロットに気に入られない!!
それが後に響いたのか??
12
飛行機の命名方法がある。
アメリカ、日本は分かり易い! 五式戦も何かつければよかったのみと思う!
隼、鍾馗、飛燕、疾風………  紫電改、雷電………
アメリカも分かり易い!!
ワイルドキャット、ヘルキャット、タイガーキャット、ベルキャット、コルセア………
ライトニング、サンダーポルト、ムスタング、エアコブラ、キングコブラ、ウオーホーク、
12
ドイツは愛嬌が無い?? 無いのではないがあまり聞かない!!
イタリア、フランスはあまり知られていない!
ソ連は、大生産国である!! 頑丈な機体が多い!!
12
ドイツは、戦闘機はFw190にbf109の2種類に絞って生産している。
それが良かったが、どちらも性能向上が図られている。
最初から見ると、別の戦闘機かと思われている??
12
子供の頃に分からなかったことがある。 艦載機の翼である。
日本は翼の先が少しだけたためる。 が、アメリカは胴体近くで折れてたためる。
この意味が分からなかったが、ようやく分かった!!
翼をたためたのは良いが、あまり根元近くでたためば、翼を補強しなければならない!
そうすれば性能が下がる!  日本はそれを嫌がる!
アメリカはそれにより性能が下がっても、空母に積める戦闘機の数を増やしたい!
そういう事のようだ………
12
アメリカ、ドイツ、イギリスはジェット戦闘機を1942年から開発しているし、飛行させている!!
決戦戦闘機、疾風も終戦に近い。 
つまり疾風は、P51に対抗出来る戦闘機でも、そに時期にアメリカ、イギリス、ドイツはジェット戦闘機を飛行させている??
やはり技術の差はあったようだ!!
12
双発戦闘機の分析がある!
アメリカはこの重戦闘機、駆逐戦闘機に手を出していない!
日本も月光、屠龍があるが、戦闘機としては使い物にならず、対爆撃機用として使用されるが、力不足である。
ゲーリング自慢のBf110も、駆逐戦闘機としては使い物にならなかったが、夜間戦闘機として復活した!
結局は、モスキートにP38ライトニングが対戦闘機用として成功している!!
12
ウォーバーズファンは知らなかったが、行ってみたい気はするが………
スピッツファイヤーに乗りたい??
また飛んでいて、横の戦闘機も見たい!
空軍ショーも見たいと思うが………
短くまとまっていて良く内容が分かった本である!
12
12
カラー写真・決定版 第二次世界大戦「戦闘機」列伝・三野正洋
12
12
12
12

« 初めてのサッカー観戦 8月9日 ヴィッセル神戸VS鹿嶋アントラーズ | トップページ | 本・組織の興亡―日本海軍の教訓(2003/9 )・日下 公人・三野 正洋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 初めてのサッカー観戦 8月9日 ヴィッセル神戸VS鹿嶋アントラーズ | トップページ | 本・組織の興亡―日本海軍の教訓(2003/9 )・日下 公人・三野 正洋 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ