« 本・督たちの戦い ベンチ裏の人間学(1999/7)・浜田昭八 | トップページ | 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 »

2017年9月14日 (木)

本・天皇家と多田源氏(清和源氏の全家系1)(1988/10)・奥富 敬之

1
12
あなたは何源氏か?あなたの姓は清和源氏の何流から発するのか?日本人姓氏の一大源流を時代順・地方別に探る
12
12
臣籍降下から源氏が始まる。
20人の天皇から臣籍降下で皇室から平民に落とされる!
その時に天皇家が源流、源ということで源と名付けられた?
源氏は20人の天皇だが、平氏は桓武天皇以下4人の天皇から臣籍降下されるが、
桓武天皇以外は、源氏と平氏と両方与えられたようだ!
したがって平氏と言えば桓武天皇である!
源氏と言えば清和天皇である? が、そうでもなさそうである!!
内容は下記の通りである!
12
12
一章 清和源氏か陽成か
 一 貞観の治者   56代天皇 清和天皇
 二 謎の親王    第六皇子貞純親王
二章 清和源氏の成立
 一 清和源氏の祖  57代陽成天皇
 二 安逸の親王   三品式部卿元平親王
 三 清和源氏の初代 正四位上鎮守府将軍源経基
三章 源家の摂関臣従
 一 摂関家の爪牙  正四位下多田新発意満仲
 二 満仲の弟たちの系統  美濃・近江・信濃等の諸流
四章 源家嫡流の交代
 一 東国への進出者  従四位上源河内守頼信
 二 源家の大転換   辺境東国への進出
 三 源家の分流    嫡流の交代
五章 陸奥への進出
 一 東国部門の棟梁  伊予入道源頼義
 二 陸奥での苦戦   前九年の合戦
 三 頼義の弟たちとその系統  信濃源氏の攻防
あとがき
12
12
一章 清和源氏か陽成か
 一 貞観の治者   56代天皇 清和天皇
 二 謎の親王    第六皇子貞純親王
著者の解説がある! 
○○源氏がある。 この○○は父親の天皇の名前が入る。
嵯峨源氏、醍醐源氏、清和源氏である。
その父より先には遡れない! そうすると神武源氏が生まれる??
実際は清和天皇ではなく陽成天皇ようだ………
第六皇子貞純親王がいる。 この親王の生年の計算が合わないようだ?
実際に頼信がそう言っているようだ!
清和天皇➡陽成天皇➡元平親王➡経基王➡満仲➡頼信となる!
つまり清和源氏でなく、陽成源氏だったようだ! 遡れないのに遡っている!!
天皇家で子孫を賄えない??  なので臣籍降下になる!
嵯峨天皇は50人の子供がいる。 32人を臣籍降下させている!
昔の天皇はやりたい放題だったようだ………
12
二章 清和源氏の成立
 一 清和源氏の祖  57代陽成天皇
 二 安逸の親王   三品式部卿元平親王
 三 清和源氏の初代 正四位上鎮守府将軍源経基
何故陽成ではなく清和になったのか??
「悪君の極み」「乱国の主」
そう呼ばれていたようだ! 強健で奔放な精力があり、精神疾患の一種で、狂宗性、狂暴性を伴っている。
実際に殺人まで犯しているようだし、82歳まで生きている!
殺人も犯している??
要は
「やあやあ、われこそは宮中において乳兄弟を格殺し“悪逆の極み”とか
“乱国の主”などと呼ばれた、あの暴逆の陽成天皇の子孫なり」
そんな事は言えない! 仕掛け人は頼朝と言う!!
清和源氏族を流布させた仕掛け人は、いわゆる清和源氏の面々すべてであり、
「大鏡」「今昔物語」などの筆者も共犯であった………
12
経基王は、関東に来る!
武蔵介を任官して任地に赴任する。
関東では、平将門、桓武天皇四代の孫鎮守守府将軍平良将の嫡男が暴れている!
この辺りは人間が出て来るが、謀反が多いようだ………
良く訴えている??   「将門、謀叛の企て、必定なり」
経基王と事実もないのに訴える!
これは無実が明らかになるが、その後将門は本当に謀叛を起した。
同じ時期に藤原純友の乱もあるが………
こうなると経基王は先見の明ありとなる??
経基王は、臣籍降下されて源朝臣経基となる!
12
12
三章 源家の摂関臣従
 一 摂関家の爪牙  正四位下多田新発意満仲
 二 満仲の弟たちの系統  美濃・近江・信濃等の諸流
源経基の息子はみんな満の字が付いているようだ。
嫡男満仲。以下満政、満季、満快、満生、満重、(満頼)
珍しく感じる! それに長男である! 母の出自が良かったのか??
この時期の朝廷は、煎じ詰めれば「藤原摂関家」である。
満仲は数多くの国々を受領している。
政治力がある。 摂関家に取り入っている。
それに武略に長じている!!
朝廷内での駆け引きがある、天皇に摂関家の争いがある。
味方でないものは排除する!
皇族まで盗賊を働く時代だったようだ………
源高明は後醍醐天皇の息子で、兄に朱雀天皇、村上天皇、その息子冷泉天皇がいる。
高明を葬り去る。 藤原北家の三兄弟は実行犯(?)に満仲を選んだ!
満仲もしたたかである! 自分の敵も一緒に葬り去ろうとする!
この時期は“変”が多い!  藤原家の中でも対立がある!
満仲は政治のセンスがある。 保険をかけるのを忘れていない?
藤原家内紛にも片方だけに肩入れしない!!
両方共に出入りしている?? 先物買いをしている。 蝙蝠か??
多田神社に満仲は居を構える!  86歳で死ぬ!!
12
満政系の美濃源氏。近江源氏、信濃源氏とは言わない! 別の源氏がいる??
ここら辺りも源々合戦である!!
系図に残っていない子孫も多そうである!!
12
12
四章 源家嫡流の交代
 一 東国への進出者  従四位上源河内守頼信
 二 源家の大転換   辺境東国への進出
 三 源家の分流    嫡流の交代
満仲の子供には、満と仲は付いていない!!
何か意味があるのか??  後を継いだ頼信は三男である!
摂関家の内紛がある。 部屋住の四男道長が摂関を継ぐ!
本来無いことである??  「御堂関白」と呼ばれる!
長男頼光は大江山の酒呑童子の鬼退治で有名である!
頼光は藤原道長の忠実な侍であった!
頼信と20歳の歳の差がある。
頼信は東国の武門の棟梁を目指す!
「長元の乱」起こる。
前上総介平忠常が反抗する? 反乱でもなさそうに思うが………
東国の惣領は源氏、源頼信のようだ。 平忠常も影響下にあり降伏する!
この平忠常の子孫が、上総介広常、千葉介常胤。頼信に臣従している村岡忠通の子孫は三浦氏である!
頼信の生涯は、清和源氏を東国における部門の棟梁たらしめる為にあった??
12
長兄頼光の系統は源氏の嫡流と言ってもおかしくない!
が摂津源氏、多田源氏である。 その子孫は信濃源氏、美濃源氏となる。
明智光秀も子孫と言う??
大和源氏もあるようだ!
若くして死ななければ、子孫も多く出来て繁栄する。
為義、義朝、頼朝は兄弟が殺されたり、殺したりで身内が少ない!!
嫡流は頼朝から三代で絶えているが、本来の嫡流はいるのではないかと思ってしまうが………
12
12
五章 陸奥への進出
 一 東国部門の棟梁  伊予入道源頼義
 二 陸奥での苦戦   前九年の合戦
 三 頼義の弟たちとその系統  信濃源氏の攻防
12
頼信の次は嫡男の頼義である。
息子が、八幡太郎義家、加茂次郎義綱、新羅三郎義光である。
当時の平安京の公卿社会は倫理感が欠如しているようだ………
その中で頼義は人一倍清潔だったと言う?? (故に子供三人なのか?)
源氏は東国から陸奥に進出しようとする! 東国は開発が進んでいる?
前九年の乱の始まりである!
安倍貞任である。
苦戦のようだ! 9年ではなく12年の戦いだったようだ!
敵の内紛に付け込んでようやく勝てたようだ?? 勝ててはいないのか? 
白鳩一羽が2回も飛び去った?? 白鳩は源氏の守護神八幡菩薩の使者の鳥である!
勝ったとは言い難いのか?? が頼義は子孫に経済力と源氏の棟梁と言う軍事力を残した?
後三年の役、頼朝の奥州藤原氏の滅亡で東北は平定される??
12
頼義の弟達も広がっている。 徳川の旗本などで残っている子孫も多い!
信濃源氏の攻防がある? 戦国時代の武田信玄と争った村上義清が末のようだ!
12
12
これを読むと日本は源氏だらけかと思ってしまうが………
あと5巻、ゆっくりと読みたい??
12
12

« 本・督たちの戦い ベンチ裏の人間学(1999/7)・浜田昭八 | トップページ | 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

源平合戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・督たちの戦い ベンチ裏の人間学(1999/7)・浜田昭八 | トップページ | 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ