« 本・阪神タイガースの黄金時代が永遠に来ない理由(2014/9)・野村 克也 | トップページ | テレビドラマ・HOMELAND シーズン6  TUTAYA »

2017年9月30日 (土)

本・巨人がプロ野球をダメにした(2001/2)・海老沢 泰久

Photo
12
12
かつて、野球が純粋に「野球」であった頃、人々を魅了してやまなかったプロ野球が危機に瀕している。「巨人」という病理が球界を覆い、ファンの思いは金の亡者の前に踏みにじられようとしている。
長年、プロ野球を卓越した視座で見続け、この憂うべき状態を予見、警鐘を鳴らしてきた著者が、数年来書き綴ってきたエッセイを今ここに集大成。
本物の野球の見方、その醍醐味を語り、21世紀にファンを大事にし、ファンに愛される日本プロ野球の未来像を問う。
12
著者の本はよく読んだ。
初めて読んだおは、「F1 地上の夢」だった。
メチャメチャ面白かった! F1の事は著者の本から入った。
ネルソン・ピケ、アイルトン・セナ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロストらの名前もここで覚えた!
ホンダのF1挑戦から記述されていた。 第一期挑戦から、ワールドチャンピオンになるまで記述されている。
「F1 走る魂」は日本人の初ドライバー中島をも記述していた!
スポーツ物、野球についての作品も多かった!
本の整理をしていたら沢山出て来た。 整理しているのか本を読んでいるのか分からないが………
思わせぶりな題名の本である!
著者は絶対に言われるだろう?? 「たかが作家!!」
内容は下記の通りである。
12
ジャイアンツが抱える長嶋茂雄という矛盾
第一章 「記録」はすべてを物語る
第二章 「選手の価値」を分かつもの
第三章 一流選手の「存在証明」
第四章 プロ野球をつまな楽したのは誰なのか
第五章 「ジャイアンツ」であることの不幸
第六章 “ジャッジ”よ野球の主役たれ
第七章 ルールがないから悲劇は起こる
第八章 「普通の野球場」の幸福
あとがき
12
著者は1983年に、「みんなジャイアンツを愛していた」
その時のまえがきの文章である。  長嶋を見る為に球場に足を運ぶ!
強かった時代はONがいて、他球団から一目置かれていた?
今はこの本の発行時期よりかなり進んでいるが、巨人は今まで以上に他球団から選手を取って来ている??
12
12
第一章 「記録」はすべてを物語る
イチローのヒットがある。  徹底してヒットを狙っている。
四球を選んで打率を稼ごうとは思わない??
現在では、トップバッターで球数を多く投げさせてピッチャーの調子を見させようとはしない!
あくまでヒットは自分の為でチームの為でないとの批判もある?
12
秋山幸二がいる。
2000本安打に4000本以上のホームラン、300の盗塁数。
凄い記録である!! これは他には張本勲がいるだけである。
がこれに守備力を加えるとどうなるか?  明らかに秋山が上になる??
12
大洋秋山登の72試合登板の記録の重みがある!
西鉄稲尾和久の78試合登板と共に永遠に破られない記録と思ったがそうではない!
両者は先発にリリーフにフル活動したが、破った記録は一試合一イニング程度の投球である。
記録に為に投げたと言われている??
先の両者はどちらも魔術師三原監督が絡んでいるが………
南海広瀬は試合が決まってからは走らなかった!
記録のために走っていない??
アメリカではゲームが決まってからの盗塁は報復を受ける!!
12
12
第二章 「選手の価値」を分かつもの
マーリンズの小宮山悟の契約が年棒1億2千万、出来高3千万!
プロ入りからの成績。 6勝10敗、10勝16敗、8勝15敗、12勝14敗、3勝9敗、通算39勝64敗である!
勝ち越しているシーズンは3シーズンのプラス2シーズンで通算117勝141敗である!
著者はエースの値打ちを言っている??
稲尾、杉浦、秋山、権藤、村山…………
12
選手交代がある!
守備に就いてから交代は外人選手は屈辱に感じる!
マニエルに広岡監督は言われて、それ以来中途の交代はやらなかった!
駒田も代打を出されてそのまま家に帰った?
プライドもあるし、代打もそれほどの選手では無かった??
日本ではわがままと言われて、プライドや論理性が問題になる事は無かった………
12
野村監督がヤクルトの監督だった時期である!
一塁塁審を「このバカ」と言って退場になり、阪神が逆転した!
スポーツ紙の一面!
〇 トラナイン奮起九連敗で止めた
〇 非常事態に選手一丸
〇 野村監督にとって後味は悪くなかった
当事者の野村監督の本はよく読んでいる。 監督と著者の意見が一致している??
この報道姿勢が阪神をダメにしている??
12
甲子園の予選で122対0の試合があった!
この試合に76盗塁決めている! 盗塁稼ぎのコソ泥みたいなものである!!
そんなに嬉しかったのかと思ってしまうが……… 美しくもなんともない!!
12
ベテランと新人の力関係??
中西太、長嶋茂雄らならば、相手の選手が納得するが、納得できない選手もいる!
日本ハムの高代に古屋がいる! 何も言われずにレギュラーを外される??
自らトレードになる!
が高代は野村監督の本では、「ゴマすりの事は高代に聞け」と!
12
ドラフトは命運か??
江川、荒川、元木、小池ら思ったほどの活躍はしていない?
平松、星野は巨人で無かったが、活躍出来た?
何が幸福になるのか?  桑田、清原、松井は………
12
12
第三章 一流選手の「存在証明」
イチローの四球である。 肯定的な考えである?
四割を狙っている??
12
清原の事を記述している。 現在の清原を予想している??
12
高卒で活躍した投手! 5年で100勝近くしている!!
尾崎行雄、池永正明、堀内恒夫、鈴木啓示、江夏豊………
現在では松阪か??
松永はよく練習する。 堀内は何もしないで2年目を迎えて、ギックリ腰になった??
要は舐めていたと自覚している??
12
FAで巨人に入った広島江藤!
ヤクルト広沢克美!  徹底的に前チームから攻撃される?
同一リーグでは好成績を残すのは難しい??
最後はあまり良い結果で終わらないようだ………
この話は野村監督が、今でも相当言いたいことを言っているが………
12
12
第四章 プロ野球をつまな楽したのは誰なのか
日本の球界はコミュショナーをはじめ、球界全体の事を考えていない!
12
最適の登板間隔は?? 中6日?? 肩は消耗品である??
12
サイン盗みは無くならないようだ??  それが試合時間を長引かせている!
2000年9月24日、ジャイアンツは優勝した! シドニーでは8人のプロが参加している!
金で買った優勝を喜んでいるチームがいる。 シドニーには孤独な8人がいた!
著者は矛盾を感じている………
12
12
第五章 「ジャイアンツ」であることの不幸
大リーグを破壊しかけたヤンキース化するジャイアンツ!
現状は少し変わって来ている??
が金にあかせてFAで選手を獲得するし、ドラフトも自分の都合のよい方向に持って行こうとする?
野村監督が言いまくっているが、現在のスタメンで生え抜きが何人いるのか??
12
著者は渡邊オーナーとは水と油である! 渡邊オーナーと言えば二宮清純もだろう………
〇 ジャイアンツは強くあれ
〇 ジャイアンツは紳士たれ
〇 ジャイアンツはアメリカ野球に追いつき追いこせ!
審判にボールを投げつけたガルベス。
「おれも若いころは人をぶん殴ってよくケンカした。
相手を半殺しにして病院送りにしたこともあるが、ガルベスのやったことはそれほどのことじゃない!!」
渡邊オーナーが亡くなれば今までの事は否定されるのではないか??
悦ぶ人も多いはずである!!
ジャイアンツの敗北は球団の希望である??
著者の思いが出ている。
メチャメチャな補強である!  4番打者を集めているが野球にならない?
飼い殺しである!!  2軍の選手も希望がない??
ここまで言われてもあまり変わっていない!!
12
12
第六章 “ジャッジ”よ野球の主役たれ
審判は何故毅然とした態度が取れないのか??
ディミュロ審判の件がある。 同僚の審判、リーグのサポートが欲しかったと!!
何か日本の恥をさらしている??
日本のレベルは低い??
暴行に対する処分も甘い!! 審判の教育ももっと必要なのか??
12
「ルールを守れ」と教えるアメリカ、抜け道を教える日本」
ドラフト制度が良い例で、抜け道を探す!!
それがジャイアンツである!!
12
12
第七章 ルールがないから悲劇は起こる
ジャイアンツはルールを平気で破る!
長嶋監督の出馬で感激したと!  直ぐに捨てられるが………
有望選手にブローカーが付いている。  契約金を吊り上げる??
何かあっても野球協会、コミッショナーが毅然とした態度を取れない??
渡邊オーナーも舐めている!!  どうせこの連中は言いなりだと??
12
ドラフト制と2軍選手を飼い殺しにしない制度が必要である!
不完全性になるルールである!
完全ウエーバーにして、FA制か何かで球団を移れる理由をもっと確立する!
スカウトの自殺者も出ている! ルールをちゃんと作る??
12
12
第八章 「普通の野球場」の幸福
メジャーのチームが日本に来た時、太鼓やトランペットの持ち込みを禁止した!
バットの折れる音が聞こえる??
1984年の「応援倫理三則」
〇 他人に応援を強制しない
〇 他人の耳をつんざくカネや太鼓を鳴らさない
〇 他人の目を覆う大きな旗やのぼりを振らない
球音の聞こえる試合が観たい??
12
広島カープは金がない!!
が選手を上手く育てている。 ジャイアンツとは違うと言いたい??
12
権藤監督の投手起用を褒めている!!
野村監督に言わせれば、目立ちたがり屋と言う??
12
有能な監督ではなく、必要を知る監督が勝つ!!
選手をやる気にさせるのが監督の力である??
星野監督にはある??
12
国立競技場の芝の話である。
グランド・キーパーによれば、Jリーグの試合もレベルが上がっている!
芝が傷まなくなったようだ! トヨタカップの試合ではほとんど芝は傷まない?
12
根本睦夫が亡くなった。  素人の意見も重視するようだ………
12
アメリカの野球の観戦の楽しさを記述している!
フェアな試合が観たい?? スピーディーな試合を………
12
12
巨人がプロ野球をダメにした・海老沢泰久
12
12
12
12

« 本・阪神タイガースの黄金時代が永遠に来ない理由(2014/9)・野村 克也 | トップページ | テレビドラマ・HOMELAND シーズン6  TUTAYA »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・巨人がプロ野球をダメにした(2001/2)・海老沢 泰久:

« 本・阪神タイガースの黄金時代が永遠に来ない理由(2014/9)・野村 克也 | トップページ | テレビドラマ・HOMELAND シーズン6  TUTAYA »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ