« テレビドラマ ブラインドスポット2 タトゥーの女  WOWOW | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」 »

2017年9月23日 (土)

本・ヤマダ電機の暴走(2010/10)・立石 泰則

Photo_2
12
12
家電量販の最大手ヤマダ電機を徹底解剖。急成長と大型店舗の全国展開の一方で、過激な安売り戦法、公取から排除命令を受ける派遣社員問題など物議をかもすことも多い。
現在の小売業界においてヤマダの手法はどこまで有効か? 創業経営者・山田昇の経歴・経営哲学に肉薄し、その可能性と限界を徹底検証する。
12
12
2010年の作品である。 時代は進んでいる。 ヤマダ電機も戦線縮小である!
広げ過ぎた戦線は、いずれ縮小である!
山田昇の経歴から始まる。 野望に燃えている??
12
内容は下記の通りである。
プロローグ
第一章 転機
第二章 上州戦争
第三章 メーカー支配の終焉
第四章 ヤマダの挫折
第五章 都市型大型店への挑戦
第六章 ヘルパー問題
第七章 松下電器との蜜月
第八章 公安委とコンプアイランス
第九章 首都進出
エピローグ
12
人間誰しも安ければ買うのか??  買うだろう!
現に二郎もブックオフで状態の良い本を、それも108円か200円の本を買う!
時には何件か回って買う
今から30年以上前に、会社の先輩が広告の値段を比較して買っていたのを覚えている。
神戸に今は住んでいるが、学校も会社の支店も神戸だった。
知らないと言う事は強い! 星電社がありこれが電機の量販店と思った? 今はヤマダ電機にグループである。
ヤマダ電機の生い立ちから始まる。
山田昇の経歴。 独立を果たして戦線を広げる。 
前橋市に松下電器の系列販売店を開業する。 やがて支店が増えるが創業の仲間が同じく独立する。
本店に絞って経営するが、この時の在庫一掃セールで安ければ売れることを知る!!
12
系列家電  メーカー➡メーカー系の販売店(問屋)➡系列小売店となり、メーカーの支配が強かった。
これに対抗し!! 値引き販売を行い、メーカーと対立する。
卸しで差別される? が売り上げはメーカーにとっても魅力である。 量は力である!!
ヤマダ電機は自社ビルで出店しなかったようだ。 経費を抑えたいが、土地の担保がないので銀行から金を借りれない。
そう言う中で故郷宮崎に100店目の店をオープンさせる。
量販店も郊外型と都市型がある!
最初の群馬県は、自働車が普及している。 なので郊外にでも買い物客が来るようだ?
「ピロティ方式」と呼ばれる店舗形式。
1階に駐車場を置く。 従来であれば上が駐車場である!
ハット神戸に、ヤマダ電機とケーズデンキが近くにある。 ケーズデンキがこの方式である。
12
出る釘は打たれる??
同じ量販店との競争、戦争が始まる。 かってのダイエーみたいである!
上州戦争、栃木のコジマに攻め込まれる!!
水戸市の  「カトーデンキ販売 現ケーズデンキ」
YKKと言われる。 価格競争に入り1円の目玉商品を売る。 対抗上3社ともやる。
ケーズデンキは、そうすれば公正取引委員会から待ったがかかるのを期待して、その通りになる!
体力勝負になる!!
ケーズデンキは、売り上げが一けた違えば生き残りは難しいと思っている。
基本的には関東が縄張りであるが、一けた離れた量販店を救済した結果が全国展開になったようだ! 
ヤマダ電機は、後に広島のデオデオにも攻め込まれる。
12
著者はパナソニックにソニーについても詳しい!
流通機構の系列化がある。
パナソニック、三洋電機、シャープ等の家電メーカーに、三菱、東芝、日立の重電メーカーが参入して来る!
過剰生産により大量の在庫が出来て、余計に安売りになる。
パナソニックの代理店が窮状を幸之助に訴え出て、幸之助が調整を行う!!
一時的には成功する。 メーカー、問屋、代理店、量販店に電気屋のみんなが被害を受けている。
12
「レールサイド」 ヨドバシカメラ、ビックリカメラで都市部の駅の周りに出店。
「ロードサイド」 郊外に出店、ヤマダにコジマ!!
タマダ電機はいつも騒動の中心にいる!!
12
上州戦争にヤマダは勝つ??
出店攻勢が始まる。 人口30万の都市には「テックランド」で出店する。
安売り商法に限界がある。
攻め込まれた広島、デオデオに出店するが勝ったとは言えない? 
むしろ意気込みと違って負けている?
広島はデオデオと電気屋の共存関係が出来ていた。 悪く言えばぬるま湯である!
が長年培ってきたお得意様がいる。
ヤマダでは目玉商品は買うが、それ以外は買わない! 
消費者なんてそんなものである??
サービスも自前で直ぐに対応出来るのと、外部に発注しているのでは差がある!!
ヤマダは経費節減のため外部である!!
12
都市型大型店のがある。ナンバに「LABI1 ラビワン」 をオープンさせる。
「レールサイド」になる。  成功してはいない!!
著者の解説がある。
パソコン販売で、兵庫県加古川市に「大西ジム」がある。
ここは安さを追求しているので、商品の説明はしない。 目的の商品を買うだけである。
これも安さになるのだろう………
「ヤマダに行って無ければ、ヨドバシかビッグに行く」
「ヨドバシ、ビッグに無ければヤマダに行っても無い」
これはパソコン商品に限定されていると思うがそう言う話である。
書籍も専門知識がいる。 聞いた担当が直ぐに案内出来るのと、又別の担当者に聞きに行きのとでは違う
他店では書籍も本格的な専門書のコーナーではない本屋作りもある?
ヤマダはここでも地域一番店は確保出来ていないようだ??
12
経緯費節減ではヘルパーの問題がある。
メーカーは自社の販売員を派遣している。
基本的には自社の製品の説明である。 当然メーカー持ちである。
これを好きなように使う! そうして5000円程度を支払う! 
それで何でもやらせてもかまわないという!
支払われる方も経理の問題も有り迷惑である!
それで経費の削減にしている!
暗にヘルパーの派遣を要求するようだが………
12
良きに付け、悪きに付けヤマダ電機の動向が業界に影響を与えている。
エディオンとビッグカメラの経営統合は破たんしたが、黒幕は松下電器??
ヤマダの独走を苦々しく思っている?? 
その割には松下とヤマダの蜜月関係とも言われる!
ヤマダ電機は、FC事業を展開する!
各地方でFC事業をてんかいしている企業を手に入れる!
ヤマダ電機のスケールメリット、新設・安心・小回りの利くスモールメリットの組み合わせである!
2010年当時と2017年は違っている?
12
ヤマダ電機のメーカーへの派遣要員の強要がある。 経費を削減している!
排除命令も、馬耳東風のようだ? 
独裁者は他人の言う事は聞かないようだ!!
12
ヤマダ電機の安さは??
特定の目玉商品の割引! タイムサービス?
いつ行っても安く買えると言うものでもない!
限定品は朝早くから並ばなければならないようだ!
転売業者もいるようだ!
かっての、ダイエー、西友と安売りで成長して、他に手を出した!
どちらも今は創業者の会社ではない!
ヤマダ電機はどうなるのか?
2017年は戦線縮小であり、撤退の店がある!
家電も消耗品になっている?? 耐久性のある商品は何度も買い換えない!
他店との競合もあり、今後がどうなるるのか興味津々である!!
12
12

« テレビドラマ ブラインドスポット2 タトゥーの女  WOWOW | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・ヤマダ電機の暴走(2010/10)・立石 泰則:

« テレビドラマ ブラインドスポット2 タトゥーの女  WOWOW | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ