« 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 | トップページ | 本・源平合戦と源氏三代(清和源氏の全家系4)(1989/10)・奥富 敬之 »

2017年9月14日 (木)

本・東国源氏の京都進出 清和源氏の全家系3(1989/4)・奥富 敬之

3
12
あなたは何源氏か?あなたの姓は清和源氏の何流から発するのか?日本人姓氏の1大源流を時代順・地方別に探る
12
12
義家の兄弟に、為義の息子たちの解説である!
長男義宗は早くに亡くなった!
義家の息子は問題児が多いようだ??
内容は下記の通りである。
12
序章 義忠以前の系譜概観
一章 陰謀の犠牲義忠とその弟  源太夫判官義忠
 一  次兄義親・三兄義国と義忠
 二  五弟義時と六弟義隆
二章 孤影悄然の老武者   六条判官源為義
三章 家運挽回の努力家   佐馬頭源義朝
 一  東北制覇の努力
 二  京都での努力
 三  痛恨、最後の努力
四章 義朝の弟たち    義賢、義広、為朝、行家
 一  次弟帯刀先生義賢流木曽氏
 二  三弟信太三郎先生義広
 三  八弟鎮西八郎為朝
 四  十弟十郎蔵人行家
あとがき
12
12
一章 陰謀の犠牲義忠とその弟  源太夫判官義忠
12
次兄義親は、康和の乱を起こす! 相当な暴れん坊なのか?
父義家に追討の命が出されるが、義家は亡くなる。
伊勢平氏の平正盛に追討を命じて首を取る??
が以後20年に渡って 「われこそは、源義親なるぞ」 と出現し続けたようだ??
摂関政治側が源氏、院政側が平氏を利用する!
著者も陰謀好きである。 白河法王が裏にいる??
しかし義家は、義親の六男為義を、後継者四男義忠の後継に指名している?
12
三兄義国の系統は多い!! 義国については
足利、新田、世良田、徳川、吉良、斯波、今川、畠山、仁木、細川ら非常に多い! 100家を超えているようだ?
源氏の惣領?? 主張できそうである! 息子の時代に子孫は広がる!
義国もかなりの暴れん坊であり、家督を継げなかった?
四男義忠が家督をつぐが、その後継は義親の六男為義と義家が決めている!
つまりは中継ぎである!! 本人にとってはどう思っていたのか??
ただし義忠は暗殺される。 加茂次郎義綱が犯人とされたが、実際は新羅三郎義光が黒幕である!
12
五弟義時と六弟義隆はあまり興味を引くものでは無いが、
六弟義隆の末に、本能寺の変で死んだ、森蘭丸がいる! 庶系であるが………
12
12
二章 孤影悄然の老武者   六条判官源為義
12
源為義は悲劇の連続と言っても良かった?
愚直なまでの誠実さが、悲劇を倍加させている。
時代の要求がある!
白河院政に鳥羽院政で源氏は落ち目になる??
源氏は摂関側に付いている??
平氏が台頭する!
為義は正室に、藤原摂関家の娘を貰う!
庶流のの又庶流である! 望んだ妻では無かったようだ!
その正室が義朝を生む!
為義と義朝の間は、冷たいものの様だった? 為義にこだわりがある?
こに時期、摂関家の藤原氏も割れている!
忠実と頼長の対立! 源氏は頼長に利用される!
12
為義の兄弟は仲が悪いのか??
東国を治めていた義朝が京に上がり、長男義平が東国を治める!
そこに義朝の弟、次弟義賢に三弟義広が入れ替わりに関東に来る!
内輪もめである!! が 「兵は拙速を尊ぶ!」
義平は兵力不足をものともせずに攻撃する!
源氏は内部の争いが絶えない??
義賢が討ち取られて、四弟頼賢が東国へ来る!
これも白河院政と鳥羽院政が裏にいる??
こういう時期に「保元の乱」が起こる1
12
院政か? 摂関政治か?? 日本の将来を決める戦いである!
崇徳上皇➡藤原忠実・頼長➡源為義➡平忠正
12
後白河天皇➡藤原忠通➡源義朝(源頼政・足利義康)➡平清盛
天皇家、藤原家、源氏、平家と割れた!!
鎮西八郎為朝が、為義の推薦を受ける。 夜襲を献策するが拒否される!
(関ケ原の宇喜多秀家みたい?)
逆に義朝は夜襲の献策をいて受け入れられる!
為義は敗れて、再起を図るが捕まる!
そして首をはねられる!! 一部の息子を除いて一族は滅びの手前になる??
源氏の凋落は、どん底かと思えたが、まだ先がある!
12
12
三章 家運挽回の努力家   佐馬頭源義朝
12
東北制覇の努力、京都での努力、痛恨、最後の努力
義朝の努力がある。 源氏の凋落を何とかした。
その為に為義が望まない正室(藤原氏)を迎えたため、親子の間は上手くいっていない?
為義の方に原因がある?
関東で源氏の力を蓄える?
平氏も多い! 千葉、上総、相馬らがいる。
下総相馬御厨事件。
相模大庭御厨事件。
源家の元に東国武士たちを引き戻した!
甲斐の武田党、常陸の佐竹党、上野の新田党らはまだ従っていない??
頼朝が生まれるが、乳母には東国各地の豪族の妻や娘が選ばれた!
12
京に上がるが、為義の冷たい視線にさらされる。
摂関家ではなく、鳥羽上皇に仕える!
後の内紛の元である!
兄弟も義賢に義広が東国に下がり、菱平と争う!!
源源合戦である!
12
近衛天皇に入内した呈子姫の、呈子立后のさい、天下の美女をもってそのかしずきにすることになり、
天下の美女が集められた。
都で1000人の美女が選ばれ、100人を残し10人を選んだ。
その筆頭が常葉御前で13歳と言う。16歳の時に為義と結ばれて牛若丸らを生む!
何故この美女が為義の元に行ったのか? 何かあるのか?
12
保元の乱が始まる!
家督は義朝に譲っている。 東国の武士は義朝に付く!
為義は頼長に付き負ける!
再起を図るが一族は斬られる! 源氏のますますの衰退である!
摂関政治は去り、院政も去る。 天皇親政になる?
と言うよりお側御用人の政治になる?
信西が登場する。 後白河天皇が後ろ盾である! 摂関家を敵視するので源氏に対して厳しい!
清盛は為義亡き後の常葉御前に手を出す!
源氏も世の末である??
12
天皇、法王らが複雑に絡む! 力を持てば妬まれる?
反信西がクーデターを計画する!
後白河上皇➡藤原信西➡平清盛
12
藤原信頼➡源義朝
清盛の熊野詣はクーデターの誘いか?
義平が清盛要撃を献策するが、認められない!
義朝は時期を逸して負ける!
結局平氏の天下になる! 東国に逃れようとしたが、東国には義広がいる!
負けるべくして負けた!!
源氏は全滅である?? が常陸の佐竹・信太、甲斐の武田、上野の新田などが残っている!!
頼朝も生かされている??
12
四章 義朝の弟たち    義賢、義広、為朝、行家
次男義賢は義平に殺される。
四男頼賢、五男頼仲、六男為宗、七男為成、九男為仲………
為家、頼定、正親、維義、乙若丸、亀若丸、鶴若丸、天王丸。
ほとんどが殺される。
12
〇 次弟帯刀先生義賢流木曽氏
次男義賢は義平に殺されるが、その子孫が木曽義仲になる。
頼朝と義仲は対立する。  間に行家が絡んでいる?
長男義高を人質に出し、破れて死んで後、義高も殺される!
頼朝は徹底している!
この系統からは、武田信玄に仕えた木曽義昌がいる。
この辺の事情は複雑である………
12
〇 三弟信太三郎先生義広
義平の恐ろしさを身にしみて感じている。
平治の乱以降20年関東で力を蓄える?
以仁王の命旨を行家が持って来る。
頼朝が勢力を回復しても動かない?
頼朝が上野・信濃の碓氷峠に出陣した時、鎌倉攻撃の兵を発した??
何とか逃れるが、懲りずに反頼朝兵をあげる!
ここまでだったようだ!
敗れて死ぬ!
子孫も残っていないようだ??
12
〇 八弟鎮西八郎為朝
この人に関しては何度も登場する!
戦術家であると思う!
為義の子供はほとんど殺されているが、為朝は生かされている?
大島に流されてからも武勇も多い!
子孫が琉球王になった伝説もある。
12
〇 十弟新宮十郎蔵人行家
あまり良くは言われない! 実際戦は下手で陰謀好きのようだ?
保元の乱には参加していないので、助かっている。 平治の乱には義朝配下で戦っている。
生き残っているのは重要視されていなかったからか?
以仁王の平家追討の令旨を各地の源氏に伝達する。 源平合戦の火付け役??
義仲、義経の陣営にもいたようだ! 頼朝に好まれていない??
最後は悲惨だったようだ??
12
12

« 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 | トップページ | 本・源平合戦と源氏三代(清和源氏の全家系4)(1989/10)・奥富 敬之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

源平合戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・奥羽争乱と東国源氏 清和源氏の全家系2(1988/11)・奥富 敬之 | トップページ | 本・源平合戦と源氏三代(清和源氏の全家系4)(1989/10)・奥富 敬之 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ