« 本・ぼくらの頭脳の鍛え方(2009/10)・立花 隆・佐藤 | トップページ | 本・戦国史譚 徳川家康(1990/6 )・戸部 新十郎 »

2017年9月 1日 (金)

本・中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀(2017/2)・山内昌之

41l9lzps8hl_sx330_bo1204203200_
12
12
歴史学の泰斗が、現代中東の"地殻変動"に迫る。
IS(イスラム国)、宗派対立、難民、ロシア、中国そしてトランプ大統領など、
日に日に危機が高まる中東・中央アジアの嵌合を解き明かす。
「山内昌之氏×宮家邦彦氏×中川恵氏」による鼎談「中東混迷を読み解く」も収録。
12
12
内容は多岐にわたる。 中東関係の専門家が項目毎に解説する。
序章 新しい中東とトランプとプーチン/山中昌之
・中東の革命と内線  ・中東複合危機  ・トランプショック
・中東をめぐるトランプとプーチンの「ディール」 ・中東四つの地域強国 
・難民、ロシア、新しい中東………
12
【第一章】ISをめぐる地政学
第1章 ISの地政学的意味/宮家邦彦
第2章 ISのイデオロギー/保坂修司
第3章 米国:オバマ政権の「対テロ戦争」と「IS」/溝渕正季
第4章 シリア――紛争とイスラーム過激派の台頭/高岡豊
12
【第二部】拡散するISの脅威
第5章 トルコにおける「IS」の活動/今井宏平
第6章 リビアの地政学リスクとイスラーム過激派の動向――「非統治空間」への着目/小林周
第7章 エジプトにおける急進派の連携と分裂――「ISシナイ州」とアル・カイーダの競合関係の考察/鈴木恵美
第8章 対「イスラーム国」戦の陰で深まるイラクの政治危機/吉岡明子
12
【第三部】中東・中央アジアの経済・ビジネス――日本企業はどう対応すべきか――
第9章 中東の地政学リスクと国際エネルギー市場
第10章 サウディアラビアの石油依存脱却に向けた取り組み――油価下落の影響――/田村亮平
第11章 紛争が常態化する中東での経済活動を考える/星野守
第12章 一総合商社の活動の歴史から見たイスラーム市場の魅力/吉川恵章
12
【第四部】中東・中央アジアの歴史・宗教・社会
第13章 フランスのテロとイスラム過激派の実態/国末憲人
第14章 モロッコの過激派対策:長期的視点に立った宗教政策の試み/中川恵
第15章 シリア難民女性による演劇:癒しの実験とジェンダー規範/辻上奈美江
第16章 GCC諸国の高等教育の状況/近藤洋平
第17章 歴史のなかの中央アジア――ゼンギーアタからの眺望――/小松久男
12
12
よくこれだけの内容を監修していると思うが………
12
第1章 ISの地政学的意味/宮家邦彦
現状の分析がある。
1、 アメリカのイラクの占領計画の失敗。ISの台頭。
2、 ロシアのクリミア併合
3、 イラン核合意
4、 中国の人口島
5、 トランプ現象
今後どうなるのか???
12
17章ある。良くまとめてると思うが………
かって観たNHKスペシャルでのカタールの戦略がある。
金がある。 が資源が枯渇する前に次を考えて教育する。
金があるのでどんどん有能な人を引っ張って来ている。
中東は石油生産で税金の無い国もあるのに、破たん国家もある!
世の中バランスが取れている??
GCC諸国の高等教育の状況という項目もある。
この辺り誤解がある??
高等教育を受ければ、現状の政治体制が良いのかどうか??
余計に反王権政治になるのではないか??
トルコ、イラン、エジプトは選挙で政権が変わる。 
12
シリアの内戦は、潰し合いをしてくれた方がよい??
そう言う意見もある。
イスラエルはアサド政権で良い??
「知らぬ仏より知っている鬼である???」
ISへの人員供給は、ベルギー、フランス、インドネシア、ドイツ………
EUへの難民の責任はEUにもある??
12
イラン・サウジの関係。  石油生産の主導権争い!!
サウジの長期計画があるようだが、どうしても教育の問題がある!
サウジはスンナ派と言うが、シーア派もいる。
アメリカが中東の同盟国をサウジからイランにに代えていると思われている???
サウジも矛盾だらけと感じるが………
12
大規模テロの容疑者は、移民二世が多いようだ………
一世、三世は少ない!!
以前から敬虔なイスラム教徒と言われる人には、テロ容疑者はいない!
若者たちの反抗予よりどころとして、イスラム教のジハード主義と言う。
12
モロッコの取り組みの解説がある。
佐藤優がモロッコについてはよく解説している。 分かり易かった………
12
中央アジアも複雑なようだ。
佐藤優が良く書いているが、国家と国民が合っているのか??
中東にアフリカは人工的に国家が造られている??
国の為にと言う考えは国民にあるのか??
そうする為には独裁者が必要なのか??
中央アジアもどうなのか??
今ISの勢力が、中央アジアに浸透し、新疆ウイグルに及ぼうとしている。
第二ISが出来るのか??
アジア最大のイスラム人口を抱えるインドネシアもある。
12
現在モスル攻略が進んでいる。
これはイラクの正規兵、イランに支援されたシーア派、クルド系が参加している。
制圧してもあと何処が支配権を握るのか??
ISの兵も、イラク人で解放されたと言って、ありがとうで逃げる??
国民、宗教で国家と言う観念がなさそうである。
12
中東はどこへ向かうのか?  ISのテロはいつ終わるのか? 
内戦あるいは戦争が続くシリア、イラク、リビア、イエメン。テロの脅威に晒されるトルコ。
岐路に立つ欧州。トランプ大統領誕生後、先行きの見えぬアメリカ。プーチンとロシアのしたたかな思惑。
イラン、イスラエル、サウディアラビアの不穏な関係。グローバルに拡大する難民。
それらを解説しているが、1回読んだだけでは理解出来ていない感じである。
又読み返したいが………
12
12
中東とISの地政学・山内昌之
12
12
12
12

« 本・ぼくらの頭脳の鍛え方(2009/10)・立花 隆・佐藤 | トップページ | 本・戦国史譚 徳川家康(1990/6 )・戸部 新十郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・ぼくらの頭脳の鍛え方(2009/10)・立花 隆・佐藤 | トップページ | 本・戦国史譚 徳川家康(1990/6 )・戸部 新十郎 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ