« ベテランプロ野球の選手の晩年! 巨人村田修一!! | トップページ | 本・ど真剣に生きる(2010/9)・稲盛 和夫 »

2017年10月22日 (日)

本・人の心を掴む極意(2015/8)・田原総一朗

今はスロヴァキアです!
12
Photo
12
12
自分をさらけ出す、矛盾を面白がる、相手にほれる―日本を代表するジャーナリスト81歳が実践し続ける、人生の基本!!
12
12
ジャーナリスト81歳が実践し続ける「人生の基本」!
対談、インタビューにより著者は人の意見、本当の事を掴む達人なのか??
12
内容は下記の通りである。
はじめに
第1章 人の心を掴む極意      01~16
第2章 人の話を聞き出す極意   17~33
第3章 人に強くなる極意        34~46
第4章 動じない心の極意       47~60
第5章 ず太く生きる極意         61~77
第6章 これからの時代を生き抜く  78~94
12
12
政治家、竹下登は「言語明瞭、意味不明」と自分で弱点を表現した。
一つのテクニックである。 完璧な人間なんかいない?? 
「目は口ほどに物を言う」
言葉以上に表情や挙動が物語る。 やはり会って話をしなければならない!!
12
12
第1章 人の心を掴む極意     01~16
自分の弱みをさらけ出す。 自分は頭が悪いと!!
セヴン・イレヴンの鈴木敏文は自社の弁当を毎日食べた。 
相手の立場に立って考える。 利他の精神。 相手の身になって考える。
IALとANA。著者はANAを使う。 サービスが違う。
例があるが、あまりにも官僚的で、杓子定規なのがJALだったようだ。
三方善し。 近江商人が実践する。
お客さんにとって善し、世間とって善し、自分にとって善し。
田中角栄  人に会う前に一貫目(?)の資料を読む。
官僚の身上を把握する! 誕生日、学校、家族……… 個人情報である!
謙虚さ、誠意をもって接する。 相手がそう思うまでそう言う態度を続ける。
12
12
第2章 人の話を聞き出す極意   17~33
相手の事を好きになる??
相手の欠点は考えずに、良い面を探し信用させる。 信頼されれば喋ってくれる。
リーダーになる人間は聞き上手である!!
わざと途中で話を遮る。
建前だけを言われれば、わざと話を遮り、もう一度後で聞き、本音を喋らせる。
自然体が大切。
嫌なことも相手を研究すれば出て来るので、それを聞く。 食い下がる。 
分からなければ、素直に簡単に喋ってくれと頼む。
知ったかぶりをしない!!
12
12
第3章 人に強くなる極意     34~46
人に会うのが好きでなければならない。
こちらの本音を見せて、素直にお願いする。欠点も同様に見せる。 
不器用さもである………
服装は正装でそれなりの人には会う!
亀井静香が言っていた。 小泉のやった事を全部ひっくり返す。
小泉元首相に裏切られる?? その程度の人間だった。
政界は裏切りが当たり前である??
竹下登の言葉。
「箱根山 籠に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人」
一つの現象には沢山の人間が参加していることを忘れない!!
12
12
第4章 動じない心の極意     47~60
この章は忍耐力なのか?
嫌われても良い。嫌われる勇気を持つ。嫌われる政治家が権力を持てば安定する。 
安倍晋三???
いろいろ記述されている。
いい加減の良さ。 じっと待つ。 能天気に生きる。 好きなことしかしない。
頑張らない! 身体の事は医者に任せる???
竹中平蔵は叩かれても折れない強さがある???
人間、喋る相手、聞いてもらえる相手がいると気が楽になる???
12
12
第5章 ず太く生きる極意     61~77
東北楽天イーグルスの創設で、ホリエモンは負けて、三木谷が勝った。
読売、渡邊恒雄を抑えたかどうかであった???
ホリエモンは気が付いて渡邊恒雄に会いに行ったが、ノーネクタイのラフな格好で会いに行った!!
人の縁を大事にする。
NHKとTBSとはまともに戦っては勝てない。 象とアリの戦い???
ゲリラ戦、ヤバい番組で勝負せざる得ない!! でも塀の中には落ちない!!
失敗は考えない。 挑戦し続ける。 逆境を面白がる人は運が向く!
『運・鈍・根』 馬鹿になっても根気よく人生を生きる!!
継続は力なり!!!
官僚的生き方は要らない。 組織としての失敗は?
考えは変わっても良い。時代は変わる??
頑固さを持つ。 小泉元首相は頑固さで郵政民営化を成し遂げた!!
風見鶏が良い。 周りの風の方向を読んで方向を決める。 自由奔放に生きる。
12
12
第6章 これからの時代を生き抜く 78~94
マスコミ、新聞は丸ごと信用しない。 武田邦彦の世界である。
複数の情報から裏を取る。 佐藤優の言う、マスコミ情報はフィルターがかかっている。
批判だけではなく代案が必要である。 日本は識者は批判が多い。
国際交流、国益が一番である。 とことん話し合うと理解が深まる。
社員が夢を持てる会社が伸びる。 夢は利益を分配する会社である??
プライドを持つとやる気が出る。 期待が人を育てると言う事になる。
とことん話し合う!!
うつ病がある!! やはり多いようだ……… その前に転職・起業する選択もある!!
最後に、人のために役に立つ人間になれと!!
12
12

« ベテランプロ野球の選手の晩年! 巨人村田修一!! | トップページ | 本・ど真剣に生きる(2010/9)・稲盛 和夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・人の心を掴む極意(2015/8)・田原総一朗:

« ベテランプロ野球の選手の晩年! 巨人村田修一!! | トップページ | 本・ど真剣に生きる(2010/9)・稲盛 和夫 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ