« 神戸製鋼の不祥事について  日本の技術は一流なのか? | トップページ | 本・トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート(2016/12)・宮家 邦彦 »

2017年10月30日 (月)

本・右肩下がりの君たちへ (2016/3)・佐藤 優

Photo_12
12
12
若き知識人5人との対談から読み解く、これからの日本の未来。憲法から結婚、そして情報分析まで、今、日本が直面する問題の本質をあぶり出す。
商品の説明をすべて表示する
12
12
佐藤優も多忙である。 博学なのは良く知っている!
対談相手と言っても知っている名前はない!
が有名な人達である!
内容は下記の通りである!
12
12
まえがき
01 津田大介×佐藤優「情報を見極めること」
02 古市憲寿×佐藤優「希望を持つこと」
03 萱野稔人×佐藤優「家族を持つということ」
04 木村草太×佐藤優「変化の中で生きること」
05 荻上チキ×佐藤優「いじめについて考えること」
あとがき
12
12
まえがき
最初に著者の生い立ちがある。 母親が沖縄生まれで、沖縄決戦を生き延びた!
沖縄で死んでもおかしくなかったようだ!
母親は軍と一緒に行動していたので、色々助けられたりもしたので軍に対する気持ちは普通のようだ!
著者はその経験が生き方に影響している!
著者の持論であると思うが、格差社会を何とかしなければならないと思っている!
12
12
01 津田大介×佐藤優「情報を見極めること」
12
有料メルマガの話になる。  そう言う世界に疎い!
津田大介のメルマガは、商業的に成功しているメルマガである。
電子メールにソーシャルメディアはセキュリティとして有効でない!
やはり手紙か実際に会う事から始める!
メールは信頼出来てからである!!
日本のツイッターは独特の発展をしたいるようだ!
遅れているので、ツイッターのラインは知らないし、使う気もない!
電話とメールのみで充分である??
選挙運動中はツイッター、フェイスブックが盛んになる!
選挙が終われば更新が無くなる?? そんなものなのか?
著者は学生支援に金を出しているようだ! 沖縄の学生のようだ! 
偉い人である。
ただし公平感がない? そう言う風に言う人もいる??
が、出来ることをやっているのは凄いと思う! 
自分で出来ることからやらなければならないのでは??
12
誰でも自分が生きるうえで必要なものごと以上の価値をつくりだすことができる。
それに気が付いた人はちゃんと生活をよりよいものにしていける!!
12
12
02 古市憲寿×佐藤優「希望を持つこと
12
現在はほんとうに希望のない時代なのか?
希望………  幸福………
ブータンの記述がある?
幸福度がある。 話題になっているがどんなものなのか?
割と否定的に記述されているが………
辛坊治郎がブータン行って見て記述していたが、あまり良くは書いていなかった??
幸福は絶対的な物ではない!
「幸福度さえ高ければいい」 「生活満足度が高ければよい」
個人がそれで満足しているのはダメなのでは??
12
無責任に「自由な働き方」をあおる危険
起業家や成功者は、個人の「能力」「努力」にスポットが当たる。
が実際は環境的要素に社会的要素を無視出来ない?
福祉国家の北欧で起業家が増えているのは、手厚い福祉制度があるからだと!!
結局いい大学を出て、一流企業に勤めて、そこで培った人脈を持っている人が起業家として成功しやすい!・
12
佐藤優は英国に語学留学している。
英国は階級社会である。 労働者階級にも優秀な人間がいる。
が生まれ育った階級のコミュニティで暮らすことを選択する人間も多いようだ?
だからいくら優秀でも上には行かない?
物がなければ手に入れた時は幸せである!
ロシアでトイレットペーパーが手に入った時の幸せがある?
12
北欧の国は豊かなのか?
スエーデンは警察国家と言う! 社会問題も多いようだ………
監視されている。 北欧に行ったがあまり美味しいものが無かった!
スウェーデンはイケヤのレストランのメニューである?
普通はパンにチーズに、冷凍ピザを食べている?
合理性を追求した民主主義の実験場と言われる。
が、ナチスドイツが果たせなかった夢を追っている国々とも言う???
12
格差はどこまで広がるか?
昔から格差はあったが、気付かなかっただけだと?
日本の社会保障の考えは北欧に近づいている?
福祉を会社と家族に任せてきたが、社会が回らなくなって国や地方自治体が福祉を行う!
12
30年後、都心にスラムができる?
30年後に世代が変わる? 単身高齢者が増える!
少子高齢者が徐々に日本を二流国、三流国に変えて行く??
12
人間の生き方や幸せに生きる方法って、根本はそんなに変わっていない!
日本は確実に豊かになって来ている。
「希望を持てと」と強要するは無いが、今ある「希望」に気付かないと言う事はもったいない??
12
12
03 萱野稔人×佐藤優「家族を持つということ」
12
恋愛結婚信仰が結婚を難しくしている??
そもそも結婚は個人の判断で無しに、家族や地域で決まった!
恋愛結婚の本質は物々交換である!
自分の欲しいモノと、相手の欲しいモノが一致している?
ある意味、恋愛結婚できたのは僥倖と言う!
「人は自分に甘く、他人に厳しい条件を要求する」
インドの性愛の指南書では、手に入り易い女は、
臭い女、醜い女、男を探してふらふらしている女、夫が長期出張に出ている女!
分かり易い!! はっきり言えば適当なところで妥協する??
12
「マルクス経済学」の中の「賃金論」の話がある!
これは佐藤優が絶えず言っているので、ある程度は理解している!
〇 日々の生活のためのエネルギー源
〇 子孫を育てるための資源
〇 自己学習のための費用
日本のような先進資本主義国で生き残っていくには、
理数系を含めた基礎学力、特に高度な国語能力が不可欠である。
労働環境の変化が「家族」を変えた。
資本主義のシステムの中での労働環境は、家族的要素を崩している?
12
仕事格差によって家族の在り方が変わる
12
人口オーナス期??
少子高齢化が進み、生産年齢人口(15歳以上64歳以下)より、それ以外の人口比率がたかまる状況を言う!
バブルが起こると言う………  中国がそのようである?
12
共同体に属さないリスク。 海外での結婚はリスクがある??
パリでも女性のホームレスが多いようだ
結婚は女性の所有権を明確にするもの??
12
結婚したいけどできない人へのアドバイス
期待しすぎることなく、信頼出来る相手を探す!!
不倫は止めた方が良い!! 佐藤優は不倫の外務省出身である!
実例を挙げて批判している………
家族円満の秘訣は、家族一緒に食事する。 

 

ユダヤ人、アラブ人、キリスト教徒はバーベキューが好きである!!

 

煙が神様なので、神様と一緒に食事することになる??
12
離婚は結婚の3倍のエネルギーが必要
奥さんが良く言っているが、フランスでは同棲してお互いに生活出来ると分かってから結婚する?
一緒に生活しないとお互いの事は分からない??
そう言う事を言っている!!
12
12
04 木村草太×佐藤優「変化の中で生きること」
12
憲法学である! 集団的自衛権で話題になった?
実際に日本では憲法と言っても100年である?
アメリカでも200年である!
集団的自衛権の閣議決定は、公明党の大勝利と言う?
集団的自衛権の目的は何なのか??
湾岸戦争のトラウマがある!
資金援助だけで、感謝もされなかった………
12
現状に不満のある人が変化を要求する?
「解釈を変える」 ことの怖さ!
ナチスドイツの憲法は無い。
憲法にない都合のいい解釈や法律を加えて、事実上の「ナチス憲法」が出来た?
麻生太郎が参考にした?? さんざんに叩かれている!!
法律が意図した通りに運用されるとは限らない!
12
間違った変化に「ノー」と言うために
専門家も間違う??
が、その間違いに共鳴するのは間違っている?
自分が信頼出来る専門家を確保しておと、自分で判断して「ノー」と言えるようにする。
おかしな言説はほっておいても淘汰されるか、弱まる!
政治は正確さで判断されるのではなく、その時の権力者の意見が通る!
これからの日本に、ゲッペルス、リッペントロップ、ローゼンベルグと似たような「理論家」が現れる保証はない??
12
12
05 荻上チキ×佐藤優「いじめについて考えること」
12
「いじめ」がある。 荻上チキはいじめる側と、いじめられる側を経験している。
外務省のパワハラ・セクハラがある。
この話は、嫌と言うほど佐藤優は記述している!
自身が経験している!
ハラスメント被害は顕在化させる。 だから記録を残す?
何月何日に誰にこんなことを言われたと?
被害者の「声」は残りにくい!
異物を排除するのか?  「自分達に居心地のよい場所を」を温存する!
12
体育会系の部活動にありがちな問題
指導者は学校の先生である。 OBの場合もある!

 

アスリートを育てるでもなく、スポーツの楽しみを教えるでもなく、人格教育と言う苦痛に耐えることを教える!
中高生は問題が多いようだ………
12
いじめ加害者が不健全な教育的効果。 人間には本質的に攻撃心がある。
ケアされない加害者が成長すると。
要は普通にやっていてもいじめはなくならい??
12
スクールガーディアン制度がある!
そんな制度は初めて知った?? 
行政に期待するよりNPOや学校単位で対策する。
根本治療と対処療法の二層構造で行う?
政治家は 「教育に取り組んでいる人格者です」と選挙用に有権者のアピールには熱心である?
終わればそのままである………
官僚は数字に弱い!!
あまり官僚を信じていないようだ………
12
右肩下がりと言っても、すでにあるインフラや、リソースを活用できる!
これを悲観的に見るのではなく、チャンスと見るのか??
12
12

« 神戸製鋼の不祥事について  日本の技術は一流なのか? | トップページ | 本・トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート(2016/12)・宮家 邦彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・右肩下がりの君たちへ (2016/3)・佐藤 優:

« 神戸製鋼の不祥事について  日本の技術は一流なのか? | トップページ | 本・トランプ大統領とダークサイドの逆襲 ―宮家邦彦の国際深層リポート(2016/12)・宮家 邦彦 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ