« 本・ロシア革命史入門(2017/2)・広瀬 隆 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第45回「魔王のいけにえ」 »

2017年11月12日 (日)

本・薩摩燃ゆ(2007/10)・安部 龍太郎

Photo_3
12
12
19世紀前半、破綻寸前だった薩摩藩の財政立て直しを命じられたのは53歳の側用人の調所笑左衛門広郷。借金を長期年賦にすることで実質帳消しにした上、密貿易や離島からの搾取など非合法・非人道的なことも行いながら50万両の貯蓄をし、予備費も蓄える。さらに国内の治水などさまざまな改革を成しとげていく一方、若き日の西郷隆盛や大久保利通も積極的に推挙し、新しい時代への礎を築いていくが、重豪亡きあとは後継者争いのあおりを受けたあげく、汚名を一身に背負い自ら命を絶つ。薩摩が明治維新の中心となることができたのは、彼が汚れ役に徹して財政難を解消し、豊かな蓄えをしたからなのである。
12
昔、滝口康彦の本をよく読んだ。
切腹の原作者だと言う事は知っていた。
その中で短編集があり、「薩摩軍法」があった。
薩摩の小説集で、印象に残っているのが、島津歳久!
それに宇喜多家臣で島津に仕えた弓の名手!
その中で『奸臣と人のいう』が、調所笑左衛門を主人公にしている。
往々にして短編の方がその人なりを良く表している思う事がある!
12
島津の内情がある!
島津重豪、斉興、斉彬、久光!
英邁をうたわれた斉彬の父が斉興で、高名なお由羅の方がいる。
久光の母親である!
この本ではお由羅騒動に話は出て来ない!
大久保、西郷も調所笑左衛門が見出している?
調所笑左衛門は重豪に忠実だったようだ!
その為に商人と組み、相当なえげつない事をやる! 抜け荷もやる。
砂糖は作るのに人手がいる。 儲ける為には人件費を抑える!
つまり奴隷である??
何処までやったのかは分からないが、相当な事をやっている!
でなければ金は造れない???
12
500万両棒引きにして、まだ50万両を造る?
加賀の銭屋も登場する!
繁号の為にも金を残し、借金を減らす!
減らすと言うより、有無を言わせずに棒引きを認めさせる。
250年の分割払い??
よく商人も我慢している!
英邁な藩主では金がかかる!
政治的に、技術的にかかる。
幕閣へのワイロもいる??
重豪はよく使った。 調所笑左衛門は認められる!
が知っている話としては、斉彬が藩主になれば又正常になった財政が破たんされるのを、調所笑左衛門は恐れた?
その為にお由羅の方と組んだ??
この辺は良く分からない??
ただこういう人間を長編化するのは難しいと思う!
作者の想像力が必要でありものを言う!!
12
薩摩藩は一向宗は禁止されている。
が門徒は多い! この本では相当いるようだ!
この対策もある。 百姓が逃げ出す!
12
斉興が相当あくどく記述されている1
本人にはそれなりの理由があるようだが、権力にしがみついている??
調所笑左衛門が斉興の無理を断る!
本人ではなく、取り次ぎ役を責め立てる!
そうして自害に追い込み、引き受けさせる!
有り得るような話である??
斉興とは対立していたのか??
斉彬とは??
調所笑左衛門から描けば、本人は正しくまわりは悪くなる??
少し疲れた本である??
12
12

« 本・ロシア革命史入門(2017/2)・広瀬 隆 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第45回「魔王のいけにえ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・薩摩燃ゆ(2007/10)・安部 龍太郎:

« 本・ロシア革命史入門(2017/2)・広瀬 隆 | トップページ | 2017年NHK大河ドラマ おんな城主直虎 第45回「魔王のいけにえ」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ