« 本・智将は敵に学び 愚将は身内を妬む(2017/3)・中村彰彦 | トップページ | 本・政治の修羅場 (2012/6)・鈴木 宗男 »

2017年11月 5日 (日)

本・政治家失格―なぜ日本の政治はダメなのか(2009/3)・田崎 史郎

Photo_7
12
12
二代連続の政権投げ出し、ねじれによる国会の不全…経済の非常時に政治が機能しない。政治劣化の原因は政治家なのかシステムなのか?
政治取材三十年の経験をもとに徹底的に論考する。
2009年発行である!
1212
希望の党がある時期だけに面白い本と思うが………
12
著者は良く知っている。 政治解説によく出ている!
2009年の発行である。 政治記者30年の実績がある。
何よりも小沢蕃と言うか、小沢一郎と親しかったが絶縁状態となり別れる??
小沢一郎も側近が離れて行く。 最後まで小沢一郎についていかない!
しかし中曽根総理の事を、「神輿は軽くてパーが良い!」 なんて言えるものなのか??
ばらしてくれたおかげで正体が、個人的には鮮明になった??
日本の政治家は総理に対しても○○君と、君付けで呼ぶアホな政治家も多いのは事実である。
アメリカは○○○○大統領と呼ぶ! もっとも陰にまわったらどうなのかは分からない??
内容は下記の通りである!!
12
12
はじめに
第一章 かって政治家がいた
第二章 人かシステムか
第三章 政権交代
第四章 『CHANGE』に見る理想の総理像
第五章 政治報道
終章  明日の政治の為に
あとがき
12
12
第一章 かって政治家がいた
大物政治家たちの話である! 当然田中角栄に田中派の政治家である!
最後まで角栄に殉じた政治家たちに、裏切った政治家??
ロッキード裁判以降に、「絶対やめません」 議員にしがみついた??
しだいに側近が離れて行く。 小沢辰男、山下元利らは最後まで忠誠を誓う!
小沢、梶山、羽田らは竹下派、創政会設立に走った……
12
竹下登!  政治の運用の天才と言う。
官僚の質の低下を招いたのはやはり政治と政治家と言う!
12
金丸信
金丸は妖怪のようだった?  アバウトさと抜群の記憶力がある。
誰にいくら渡しかは頭の中に入っている?
食事に言っても、必ず「うまかった」言う!
作ってくれた人は、結果はともかく美味しいモノを作ろうとしてくれている!
それに対する感謝である。 気配りがある!
12
梶山静六、橋本龍太郎、小渕恵三、小泉純一郎、麻生太郎と続く………
やはり梶山静六である! 大乱世の梶山である!
ビスマルクではなく、モルトケになりたいと!
政治家としては変わっている?? 実際に陸軍航空士官学校に進んだ。
田中真紀子に「軍人」と揶揄された?
自社さの政権を作った黒幕の一人であるが、村山を総理にしたのは最大のミスである?
それこそ、「神輿は軽くてパーが良い」 の世界である!!
首相になっていれば面白かっと思うが……て
力ある政治家の時代は終わった??
12
12
第二章 人かシステムか
小選挙区制と中選挙区制がある!
今更政治家は、中選挙区制に戻れない??
「改革」と言う言葉がある!
「守旧」と言うのは、保守派、改革反対派に対して使われる!!
キャッチフレーズがモノを言う!!
梶山静六は、守旧と読めずに意味も分からなかった?
想像は付くが、たいがい分からない?
12
政治家は育てられるのか??  松下政経塾は?
新人が出にくくなった??  危機が政治家を育てる。
田中派、七奉行!
梶山静六、小沢一郎、羽田孜、小渕恵三、橋本龍太郎、渡部恒三、奥田敬和。
政治家同士の触れ合いの中で育つ!! 現在は群れたがらない傾向にある??
12
12
第三章 政権交代
小沢一郎は選挙に強いと言われる?
後ろ盾があるから強いのではないか?
2017年の落ちぶれた状況を見るとそう思う!
民主党が政権を取ってから、もたついていた時、「何でも最初からうまくいかない」
疑惑を質問されて 「そう報告を聞いている」
新生党の当時は少しは期待もしたが……… 今は何の期待もしない!!
海上自衛隊のインド洋での給油活動延長に反対した。
が自衛隊を海外に派遣するための国際平和協力法を主導している。
主義主張なんてないのか??
ぶっ潰せば、何しても構わないようだ!
12
著者は小沢一郎と絶縁状態になる!
その時の小沢語録を紹介している!
「神輿は軽くてパーが良い」
「海部は本当に馬鹿だな」 後に小沢に総理として祭り上げられる!
梶山静六の小沢評。
「冷酷非情になれる男だ。田中を切り、竹下を切った。
後世おそるべし、いや現世おそるべしだ!」
側近が離れて行く!
村岡兼三、中村喜四郎、熊谷弘、船田元らが、反小沢になっている?
大義名分を上げて戦っている??
笑っているが、目が笑っていないと言われていた!!
権力闘争では勝負強いし、決断も早い! 今は過去の人である!!
12
現在の希望の党の話がある。  生え抜き四天王を紹介している。
長妻昭、福山哲郎、細野豪志、馬淵澄夫! 今や半分は希望の党である!
期待した方が間違いである! 声の大きいのと出来るのを勘違いしている?
12
一回生の「三銃士」
小川淳也、北神圭朗、大串博志といるが、今度の選挙ではどうなのか?
官僚が民主党から出馬する例が多くなってきている!
12
亀井静香が下野した時、何も決められなくて面白くなかったと!
今回で引退である! もはや過去の人である!! イヤ古代の人である!!!
自民党の議員の記述もある! 著者も、今読み返すと虚しいのではないか??
12
12
第四章 『CHANGE』に見る理想の総理像
このドラマは知らなかった!
著者は監修を担当している。 解説は面白かったが………
政治には血が通っていなければならいと!
又時間があれば見てみたい!!
12
12
第五章 政治報道
橋下徹のファンである!
なのでYouTubeで記者会見を見たことがある!
みんなパソコンを叩いている!
つまり橋下徹の顔を見ていない?
この時思ったが、すぐに記事を送れるようにしているだけである!
橋下徹に質問しているが、逆に突っ込まれていた!
うわべだけで質問している?
政治記者にも、リーダーを育て、守り立て、国の方向を間違えないようにする意識を持たなければならない!!
12
12
終章  明日の政治の為に
日本全体の電圧が低下している!
今や政治家は尊敬されない職業である??
著者が政治で学んだ事がある。
田中角栄  「怒るときは一対一、ひとのみえないところで。褒めるときは、みんなの前で」
        「マムシはふところに入れてもマムシである」
梶山静六  「絶対はない」  戦争体験がある!
12
政治と政治家のありようにを考える。
首相の座に就く人へのお願い。
国会議員へのお願い。
記者諸君へのお願い。
国民へのお願いがある。
政治の再生は、国会議員、国民、記者がそれぞれを理解し合いながら、立て直していく以外にないと言う!
若く優秀な人が政治の門をくぐって欲しい!!
12
12

« 本・智将は敵に学び 愚将は身内を妬む(2017/3)・中村彰彦 | トップページ | 本・政治の修羅場 (2012/6)・鈴木 宗男 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・智将は敵に学び 愚将は身内を妬む(2017/3)・中村彰彦 | トップページ | 本・政治の修羅場 (2012/6)・鈴木 宗男 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ