« 本・ドイツものしり紀行・紅山雪夫 | トップページ | 本・50歳を過ぎて20代のアタマを取り戻す習慣(2012/4)・多湖 輝 »

2017年11月 2日 (木)

本・一気にわかる! 池上彰の世界情勢2017 トランプ政権誕生編(2017/1)・池上 彰

2017
12
12
2017年1月、アメリカの大統領にドナルド・トランプ氏が就任する。 選挙期間中に「不法移民の取り締まり強化」「日本の核武装容認」など過激な発言を繰り広げた。
トランプ新大統領は、世界中にどのような影響を与えるのか………
自らアメリカ、中東、アジアなど世界各地を取材してきたジャーナリストの池上彰氏が、世界の<次>を読む。
12
12
著者の本はよく読んでいる! 最近は特に読んでいるので、重複する内容も多い!
今回はトランプ大統領誕生である。 世界はどう変わるのか??
政治家ではなく、実業家だと言う!  視点が違っている?? 
が大統領である! すごく反応するし、挑発する!!
批判されればやり返す! 公約も現在では守れていないのが多いようだ………
内容は下記の通りである!
12
はじめに
第一章 2017年の世界はこうなる
第二章 トランプ新大統領で変わるアメリカ
第三章 混迷深まるアジア
第四章 テロ、移民問題で揺れる欧州、中東
第五章 世界と日本
12
公約がある。     オバマケア見直し!
現在、代わりの案が無いと言って、共和党からも造反者が出て否決されている。
TPP離脱は行ったが、その後は? 新たな枠組みか?? 中国の影響力か??
メキシコとの国境との壁は??
イスラム教徒の、特定の国からの入国禁止は??
公約と言っても、大衆受けする公約であり、実際はどうなのか?
トランプは政治家ではない! 
実業家で事業の為にはあくどいこともしてきているはずである!
安倍総理がトランプを訪問している。 まだオバマ大統領である! 
気分が悪かっただろう………
おだてている? 無難な対応のようである………
トランプは外国の事を知らない!!
「司馬遼太郎 坂の上の雲」に、日露戦争時のロシアのウィッテが言ったと言う言葉がある。
皇帝なんか普通の頭があれば出来る! 要は補佐官だと言いたいと感じたが………
トランプも補佐官がしっかりしていればよいが、どうもそうでは無さそうである。
2017年7月の時点では問題は多い!!
12
12
大統領選挙については言い尽くされていると感じるが………
選挙人制度の問題はとやかく言えない! アメリカの問題である。
副大統領より下院議長の方が重要な感じがするが………
実際に役所の幹部は、政権が変わると全部入れ替わる。 4000人と言う!
NRA 全米ライフル協会! 力はある! 
何年も銃規制が言われているが規制出来ない?
反対派の議員を選挙で落とす力がある?
地球温暖化をトランプは否定しているようだ………
アメリカは内向きになる??
そうすれば、中東にヨーロッパ、東南アジアと問題は多い!
特に、イラン、シリア、中国とどうなるのか??
TPPは?
12
12
アジアは中国である。 力の信望者である!
領海も中国が言う了解がこの世の真実である??
裁判所の判定も無視である! よくこんな国を信用していると思うが………
「一帯一路」 海と陸のシルクロード!
中国主導である! AIIBが金庫番である。
南シナ海、インド洋を支配する!
12
尖閣諸島は資源があるから自国の領土と主張する。 中国、台湾である。
中東も石油に、天然ガスが無ければほっておかれる!
海底資源があるから自国領土と主張される??
沖ノ鳥島は、島か?? それとも岩か??
日本にチタンの技術で浸食を防いでいる!
佐藤優は岩の意見のようだが………
12
中国の民族問題がある。 56の民族がある!
連邦国家である?
新疆ウイグルにチベットがある! どちらも独立志向がある?
チベットはダライ・ラマも中国に押し付けられるかもしれない?
帝国は緩やかな帝国の方が長持ちすと感じている?
オスマントルコ、ハプスブルク家………
帝国が崩壊すると必ず民族問題になる。
ソ連、ユーゴしかりである。
崩壊のサイクルは早くなってきている?
中国はどうかなと??
世界の工場、中国の終焉? 今やバングラディシュに拠点は移っているようだ………
12
12
欧州、中東の話になる。
イギリスのEU離脱により、スコットランド独立が現実味を帯びている?
各国に極右政党の進出がある。
トランプ現象が広がっている。
アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポーランド、ハンガリー、フィンランド………
フィンランドとは意外な感じがするが………
イスラム対策でカトリックとロシア正教が和解したのはニュースである。
それほどイスラムに対する危機感がある!
12
中東である。
シリアの経済はなんで成り立っているのか? 内戦で難民も発生している!
難民キャンプの話がある。 だんだん立派になって行っている。
テント、仮設住宅、コンクリートと進化した??
12
石油の生産量にイスラエルがある。
アメリカはシェールガスで中東に依存しなくても良くなった??
そんな事は無いが、原油の生産はサウジが戦略的に決めれる。
イスラム国の盗掘の石油の値段を下げるために増産する。 
もっとも同じスンナ派であるが………
イラン潰しにロシアの収入減も狙える??
イスラエルのネタニヤフ大統領は、トランプ大統領を歓迎している!
又揉めるようであるが………
12
「ボコ・ハラム」とは?? ナイジェリアである。
イスラム教の正しい教え以外は禁止せよ!!
教育を受けていない人が、イスラムを曲解する。
それを又教育を受けていない子供に教える。
強硬派になるようだ!!
こうれは中東にアフリカにはまだまだいるようだが………
アメリカも、ノアの箱舟を造ってミュージアムにして、聖書は正しいと言う極端な人もいる
昔は回教にマホメッドと教えて貰ったが、今は違う!
何故かは又、著者が書いてくれるだろう………
12
12
TPPのアメリカ離脱での日本への影響はある!
喜ぶのは中国??
沖縄問題があるが、日米地位協定?? やはり不公平である?
現在の防衛大臣辞任の南スーダンの記述がある。 駆け付け護衛を許す!!
日本はアメリカの核に守られているので、核軍縮に消極的と言う?
広島、長崎の原爆で被害者と言っている割にはどうなのか??
12
トランプ大統領は外国を良く知らずに、政治も素人である。
その言動は大きく取り上げられている。
どこかの元首相みたいに、「学べば学ぶほど米兵の抑止力が分かった」 とは言わないと思うが………
石原慎太郎が 「学ぶまで知らないとか(知能が)小学生みたいだね」
12
12
一気にわかる! 池上彰の世界情勢2017 トランプ政権誕生編・池上 彰
12
12
12
12

« 本・ドイツものしり紀行・紅山雪夫 | トップページ | 本・50歳を過ぎて20代のアタマを取り戻す習慣(2012/4)・多湖 輝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・ドイツものしり紀行・紅山雪夫 | トップページ | 本・50歳を過ぎて20代のアタマを取り戻す習慣(2012/4)・多湖 輝 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ