« 本・歴史の坂道 - 戦国・幕末余話(2017/8)・中村 彰彦 | トップページ | 動楽亭 2017/12/22~24 大阪 新世界南光亭 »

2017年12月23日 (土)

本・東海の戦国史:天下人を輩出した流通経済の要衝(2016/5)・小和田 哲男

Photo_2
12
12

東海地域において、戦国時代の150年間にどのような歴史が展開したのか。信長、秀吉、家康などの天下人はもちろんのこと、全国的にも名の知られた今川・斯波・土岐・斎藤・北畠氏など数多の有力武家を輩出し、戦国の世を動かしていったのはなぜなのか。本書では、東海地域の大名の興亡を中央権力との関わりの中に位置づけ、また経済、宗教、文化といった動向についても、最新の知見を踏まえて、分かりやすく紹介する。
12
12

旧分国名で言うと、駿河、遠江、三河、尾張、美濃、飛騨、伊勢、志摩、伊賀は東海地方に当たるようだ。
現在の、三重、岐阜、愛知、静岡の大部分である。

戦国時代の天下争奪戦の中心地である!
京に近いとか、理由は色々らると思うが………
12
研究者、学者と言う人は大変である!
資料を読みあさり、その内容を検証する??
好きでなければやってられない商売であると思うが………
内容は下記の通りである。
12
はしがき
第一章 応仁・文明の乱と守護大名の盛衰
第二章 戦国大名の領国経営
第三章 織田信長の登場
第四章 徳川・武田の全面戦争
第五章 豊臣秀吉の天下統一と東海地域
第六章 関ケ原の戦いから大阪の陣へ
第七章 商品流通経済の発展
第八章 戦国文化史上の東海地方
参考文献・あとがき・年表

12
12

信長、秀吉、家康に七割方を占めている??
最初は各国の状況がある。
やはり伊賀はまとまっていない!
美濃は斎藤道三で、やはり親子2代の国盗りであった事が記述されている!
逆に考えると、2代続けて有能だったと言う事である?
最後は息子と戦って敗れるが………
戦国時代である!!
12
今川は守護大名から戦国大名化に成功している。
義元自身有能であったんだろう………
太源雪斎がいる! 家臣も領主が有能であれば離反しない!
小土豪は勝つ方に付く!

伊勢宗瑞も今川の力になる。
年齢も1432年生まれから1456年に変わっている。 24歳、二回り違う事になる!
今川に嫁いだ妹がいるが、姉と変わって来ているようだ??
伊豆侵攻については今川の援助がある!
今川は女大名、寿桂尼が登場する。
それと同時に井伊谷の直虎も少しであるが出て来る。
12
伊勢と飛騨は、国司大名が生き残る。他には土佐一条氏がいる。
伊勢は北畠氏、飛騨は姉小路氏である。
信長の圧力に耐えられない。
飛騨では帰雲城ががある。 一度行きたいが………
12
伊賀である。ここは一人では弱い百姓もまとまれば強くなる。
土豪クラスの領主が各地にいる。 忍びの元である。
信長の伊賀攻めまで大名支配を排除した!
12
12

東海地方の中心は信長である!
読んでいて嫌になるが、信の字が付く織田の一族がいかに多いのか??
遠交近攻? 
各国が生き残りのために同盟がある。
今川、武田、北条の同盟。 各国とも自国の利益になる。
今川は尾張侵攻、武田は上杉に集中する、北条は関東侵攻である。
今川義元、武田信玄、北条氏康と大物がいる間は守られる??
今川も盛んに終わりに侵攻している!
信長の尾張統一がある。

一族との争い! 弟信勝を殺す。 真田幸村と同様に名前がおかしい。 信行と理解していた!!
そして桶狭間の合戦になる。 奇襲説は無くなったようだ………
今川の上洛は不定されている。 では尾張攻略の目的なのか??
① 三河確保説
② 織田方封鎖解除説
③ 水野氏封じこめ説
④ 尾張今川領回復説
⑤ 尾張奪取説

どちらにせよ尾張が目的である! 著者は⑤のようだ!!
それからの信長の侵攻が記述されている。
三河との同盟。
小牧山から美濃侵攻。
伊勢侵攻。 息子と弟を養子で送り込む!
伊賀侵攻。
長島の一向宗の焼き殺し、皆殺し!
浅井、朝倉と戦う!
将軍足利義昭を手に入れる!
一向一揆との戦い!

全国の大名の的になる。 が逆によしみを求めて来る大名もいる!
方面軍を設立して、全国で戦う!
北陸 柴田勝家
関東 滝川一益
中国 羽柴秀吉
四国 丹羽長秀
近畿 明智光秀
信長も家臣に叛逆されている。
荒木村重、松永弾正………
無能な、かって敵対した家臣を追放する!
独裁者であり、神に近づいた男である!!

12
12

家康になる
国内をまとめて、今川から離れて、一向一揆との争いにも負けない!
敵対するのは武田信玄である。
信玄の上洛の目的は??
果たして天下に号令する事だったのか??
兵站がある! ロジェステックである。 果たして京都までの食料は確保出来ていたのか??
疑問に思うが………
三方が原の合戦で負ける!!
がその後はこんな戦いをしていないと思うが………
信長に救援を求めて、勝てるようになってから戦っている??
家康は信長の政権の中では家臣扱いである!!
本能寺の変は起こり、甲斐・信濃を手に入れる。
北条と争い領国を分けあう!
そして秀吉との対立になる!!
12
12

秀吉の墨俣一夜城は無かったようだ………
ロマンが無くなる??
天下統一になる1
本能寺の変から清須会議になる。
残った大物家康と和平を結び、北条との対決になる。
家康には妹に母親を人質出している!
北条に対しては、そう言う配慮が無い??
大国北条も意地がある??
家康も中に入るが、戦いになる!
戦後家康は伊豆一国を、あわよくば相模も貰えると思った??
が関八州に国替えとなる!
江戸を中心にする! 江戸を勧めたのは秀吉と言う!
関ケ原の合戦になる!!
12
12

東海地方の大名の配置
駿府城   中村一氏
浜松城   堀尾吉晴
横須賀城  渡瀬繁詮
掛川城   山内一豊
岡崎城   田中吉政
吉田城   池田輝政
清洲城   福島正則

秀吉に忠実と思われる大名を並べて、家康に備えたが、ことごとく家康に付いた??
関ケ原の大谷吉継の陣から、小早川秀秋の陣が見える。
情けなかったと思うが………

大坂の陣になるが、この辺りは中途半端な知識であるが知っている!
家康が勝った!!! 75歳で亡くなる!!
12
12

最後に、商品流通経済の発展と、戦国文化史上の東海地方がある。
道の整理、三河木綿の流通、金山の開発がある!
12
東海地方は禅宗に帰依している
今川氏は臨済宗との結びつきが強い。 権勢に近づく!
曹洞宗もある! それに○○派がある。 
美濃斎藤氏も禅宗のようだ。
三河は浄土宗である。 庶民は浄土真宗が多い!
富士山信仰もある!  富士山の見える範囲と言う!!
12
お茶は信長がはやらした?? 茶器も高価になる??
連歌、和歌も流行っている。 辞世の句を作らなければならない!
連歌師は地方に招かれる。 この日記が資料になっているようだ………
12
琵琶法師、白拍子、猿楽、傀儡子等、漂泊の旅芸人たちがいる。
東海地方の民俗芸能、田遊びと田楽、花祭りがある。
田楽は食べ物ではない?? 稲作の成長の流れを芝居にしている。
知っている話が多いが、面白い本である!!

12
東海の戦国史:天下人を輩出した流通経済の要衝・小和田哲男

12

« 本・歴史の坂道 - 戦国・幕末余話(2017/8)・中村 彰彦 | トップページ | 動楽亭 2017/12/22~24 大阪 新世界南光亭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 北条氏(小田原・早雲他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・歴史の坂道 - 戦国・幕末余話(2017/8)・中村 彰彦 | トップページ | 動楽亭 2017/12/22~24 大阪 新世界南光亭 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ