« テレビドラマ・24 -TWENTY FOUR シーズン4 2004年~05年 amazonビデオ | トップページ | 2018年1月1日 新しい年です! まずは諺から!!  「待てば海路の日和あり」 »

2017年12月31日 (日)

テレビドラマ・24 -TWENTY FOUR シーズン5 2006年 amazonビデオ

2454
12
12

ジャック・バウアーが、名前も仕事も、そして家族や友人さえも捨て、姿を消してから1年半。ふたたび新たな恐怖がジャックに、そしてアメリカに襲いかかる。
アメリカとロシアが反テロ対策の防衛条約を結ぶ歴史的な日、何者かがパーマー元大統領を狙撃。
さらに、トニー、ミシェル、そしてクロエと、ジャックの生存を知る者の命が次々ねらわれる。果たして、犯人の目的は? 防衛条約との関連は?

12
12相変わらずである!!
ローガン政権が続いている!!
大統領選挙は無かったと思うが、副大統領が登場した!
保守派である?
政権内にスパイがいる??  CTUにもである!
毎回毎回同じ事の繰り返しである!!
12
ドラマはローガン大統領は引き続き大統領である?
夫人が登場している!! 病気である?? 精神的に安定していない??
最初から衝撃的な幕開きである!!
元大統領の暗殺である! 犯人はジャックバウアー?? ビデオに写っている?
引き続き、トニーにミッシェルが爆殺される! トニーは重傷である!
ジャックの生存を知っている人達である! もう一人いる。 クロエである!!
狙われるがクロエは間一髪で逃げる! そうしてバウアーに救出を求める!!
バウアーは名前を変えてひっそりと暮らしている。
母親と息子の家で暮らしているが、息子はバウアーを信じていない!!
そこへクロエから連絡が入る!
静かな生活から、再び自分から飛び込んでいく!!
楽しんでいる??
12
チャールズ・ローガン グレゴリー・イッツェン     キーラー政権副大統領。
マーサ・ローガン  ジーン・スマート        チャールズ・ローガン大統領夫人
ウォルト・カミングス ジョン・アレン・ネルソン  大統領首席補佐官。 「15年間、ローガンのために汚れ仕事を担ってきた」
マイク・ノヴィック   ジュード・チコレッラ    大統領補佐官(後に首席補佐官に昇格)
エヴリン・マーティン サンドリーヌ・ホルト    マーサー・ローガンの秘書兼世話係。デイビッドの情報源。
ハル・ガードナー レイ・ワイズ          副大統領。
アーロン・ピアース グレン・モーシャワー     アメリカ合衆国シークレットサービス特別捜査官。主に大統領警護を務める。シーズン7までに出演かつ生存している唯一のキャラクター。
12
Photo_16
12
2
12
Photo_17
12
24_5_5
12
Photo_22
12
5_2
12
大統領暗殺に、CTUの職員襲撃がある!!
バウアーはCTUに復帰する。 犯人を捜すが、今回のテロリストはロシア関係である!
と言うよりロシア圏で恨みのある民族である!
ガス攻撃がある。 あり得ない話と思っていたが、神経ガスはある!!
これをテロリストに奪われる??
裏で糸を引いているのが、大統領側近??
こう言うの事は、それらしい人間がいる??
そしてもっとも近い人間が、そうとは思わない人間が犯人である!
今回は最初から分かっている??
それが第1の山である!!
12
CTUの内部もほとんど変わっている?
クロエにデブのエドガー・スタイルズに、ビル・ブキャナンが局長でいる!
オタクである?? それとも変人である!!
ここにビックリするような女優を見た!! ケイトマーラである!!
相変わらずの美しさである!  出番は少なかったが………
それに妹が麻薬中毒のリン・マクギル ショーン・アスティンが面白かった!
このCTUのも変人だらけである。人の言う事を聞かない? 「忙しい!!」
嫉妬に妬みも多い!!
自分が一番できると思っている人間だらけである!!
12
ビル・ブキャナン      ジェームズ・モリソン      ライアン・シャペルの後任としてシーズン4からCTUロス地域本部長として登場
クロエ・オブライエン メアリー・リン・ライスカブ   能面のような、
エドガー・スタイルズ ルイス・ロンバルディ    デブのプログラマー
シャーリー・ローゼンバーグ ケイト・マーラ              エドガーの後任。
リン・マクギル ショーン・アスティン      テロ勃発で本部から派遣されてきた指揮官。
12
Photo_15
12
Photo_18
12
Photo_19
12
空港ジャックがある。 自爆ベストを付けている!
この状況下に現場に潜り込んでいるバウアー!
人質が世話になっている息子なので出て行く!
突入する場所を指定する!
が突入中止の暗号を入れる!
これをCTUに到着したリンガ見抜く!
第2の山である!!
12
神経ガスの奪い合いがある! 
これに大統領側近が絡んでいる?
とりあえず犯人は分かる??
第3の山である!
12
ロシア大統領がアメリカに来ている!
条約の締結である! ローガン大統領が張り切っている!
テロの対象はロシアである! ロシアに混乱を招こうとしている?
ガス攻撃に、ロシア大統領の襲撃がある!
ガスを海外に持ち出せなくなる!
代わりに、アメリカを攻撃する? テロリスト内部でも対立がある!
そうしてCTUも攻撃される!! ここからCTU運命が変わる??
第4の山である!!
12
そしてロシア大統領の襲撃がある!
ガス攻撃を恐れてその道筋テロリストに教える!
反対する側近と夫人!!
反対の夫人はロシア大統領夫妻を見送るために車に乗る!!
大統領は焦る!!  が襲撃は失敗する!!
第5の山である!!
12
犯人グループの名前に意外な名前がある!!
かってのCTU時代のバウアーの上司である!!
ここからの展開は面白い !!   上司の方が上手である!!
12
クリストファー・ヘンダーソン  ピーター・ウェラー   デイビッド・パーマー元大統領暗殺の首謀者。
ウラジミール・ビエルコ   ジュリアン・サンズ   ロシアから独立を目指す独立派組織のリーダー。
ハース    ジェフ・コーバー     デイビットを狙撃したスナイパー。
アントン・ベレシュ  デヴィッド・ダヤン・フィッシャー   オンタリオ空港を占拠したテロリスト達のリーダー。
イワン・アーウィック   マーク・シェパード    オンタリオ空港のテロの人質の一人に紛れ込み、神経ガスの入手と散布を目論む。
ジェイコブ・ロスラー  パトリック・ボーショー  ソフトプログラマー。機密システム侵入とID窃盗で起訴された人物。
コレット・ステンガー スタナ・カティック         国際情報ブローカーの女性。美人でかなり用心深い性格。
マイルズ・パパジアン   (Stephen Spinella)   カレン・ヘイズに長年使えてきた忠実な部下。
カレン・ヘイズ ジェイン・アトキンソン  国土安全保障省の職員。
12
多彩な顔ぶれである! 犯人は情け容赦ない! 直ぐに殺す!
娘キムに生存の説明をするが、キムはどうでもよい??
もう関係の復旧は難しい!!
大統領夫人の秘書兼世話役のエヴリン・マーティン  サンドリーヌ・ホルトがいる!
どこかで見たと考えていたら思い出した!
バイオハザードⅡの記者役だった!  娘を人質に取られている!
バウアーが取り返しに行くが、緊急電話で居所がばれて犯人に脅された?
12
24_5_14
12
24_5_2
12
24_5_3
12
24_5_stephen_spinella
12
このドラマ、大統領特赦のオンパレードである!! 必ず書面で要求する!! 
バウアーは甘い!!  きついように見えて甘い!
何でも国家の為である!!
起動装置の再起動の装置を修正している、
この老人、若い10代の女を飼っている?
免責の条件に女も連れて行くと!!
条件を飲むが女は又地獄の生活になると思う!!  結局撃ち殺す!!
こういう場面がこのシリーズ多い!! 多過ぎる!!!!!
犯人護送も逃げてくれと言わんばかりの警備である?
それにスパイが紛れ込んでいる??
スパイではなく、自己の為に裏切る人間もいる!!
12
元上司との対決!  ハイジャックがあり、波乱万丈である!
以上が第6の山である! それから最後の戦いがある!
狙いはロシア製原子力潜水艦の奪取と、高性能ミサイルである!!
元上司に免責を持ち掛ける!
そうして原子力潜水艦を攻撃する??
これが第7の山である!
陰謀の奥には隠れた組織がある!
シーズン5では対決は無く、以次期シリーズに続くのか??
録音テープは消去されている。 その為にバウアーはローガンに罠を仕掛ける!!
たいそうにバウアーが言うのでどんな罠と思ったが………
これが第8の山なのか??
12
気になった場面は多い!!
国務長官に録音テープを説明する!  そのテープを渡す場面がある!!
奪われたわけではない! オードリー・レインズが人質にされて証拠品と交換する!!
相手は元バウアーの上官である! バウアーは読まれている!
局長を犯人の要求に従って殺している!
12
Photo_21
12
犯人を救う為に、手術中の恋人の夫の手術を辞めさせて殺している!
娘に恋人の事はになると必死になる!  他の関係ない人間にそこまでなるのか??
自分が逆らって捜査している??  協力者はいない!!
がクロエ等協力者はいるが、 「さっさとしろ!!」 「なんで出来ないんだ!!」
怒鳴りたてている??? 付いていきたくない人間である!!!
12
それに引き換え長官は立派である!!!
取引に応じるなと!!! そのまま車で湖に突っ込む!!
麻薬中毒の妹リン・マクギルに、セキュリティーカードを奪われて、
CTUはガス攻撃を浴びるが、
警備の人間と、自ら死ぬ事を覚悟してガス消滅を行った…………
尊い犠牲と言うのは自分の身内の事か??
12
特に印象に残るのは、マイルズ・パパジアン!! 
見事に裏切る!!  信頼と心配、一字違いで大違いである!!
こう言うタイプの人間はよく知っている!!
自分の会社にもいた………
12
Photo_20
12
大統領の演技である! うろたえる、気弱な、陰日向のある演技!
本当の顔は???
12
12

最後は次期シーズンに続くである!
相手は想像出来る?? ファンなら誰でも分かるか???
12
12

« テレビドラマ・24 -TWENTY FOUR シーズン4 2004年~05年 amazonビデオ | トップページ | 2018年1月1日 新しい年です! まずは諺から!!  「待てば海路の日和あり」 »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビドラマ・24 -TWENTY FOUR シーズン5 2006年 amazonビデオ:

« テレビドラマ・24 -TWENTY FOUR シーズン4 2004年~05年 amazonビデオ | トップページ | 2018年1月1日 新しい年です! まずは諺から!!  「待てば海路の日和あり」 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ