« 本・知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑(2013/5)・池上 彰 | トップページ | 第67回 神戸市小・中・特別支援学校(盲・養護学校) 書初展 »

2018年1月14日 (日)

本・知らないと恥をかく世界の大問題5 どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~(2014/5)・池上 彰

5
12
12

プーチン動く、ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現だ。「敵の敵は味方」、「昨日の敵は今日の友」。
敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界が、危険な一歩を大きく踏み出した。
世界の大問題を知るためには、こうした国と国との位置関係による国際政治の「地政学」的観点を持つことが大事だ。
私たちは何をすべきなのか?めまぐるしく変化する“世界のいま"を俯瞰する大人気シリーズの最新版にして、ウクライナ問題以降、最初の池上ニュース解説本。第2次世界大戦以降、最大の大国衝突の危機を池上彰が斬る!

12
12

2014年発行である! 当時はウクライナの問題が大きかった?
内容は下記の通りである!
12
はじめに
プロローグ 新たな東西冷戦の始まり
第1章 大きく内向きになるアメリカ
第2章 EU混乱の主役はロシア!?
第3章 苛酷な“アラブの夏”の深刻化
第4章 小泉元首相も脱原発派に
第5章 “物騒”になってきた東アジア情勢
第6章 アベノミクスはどこへ向かうのか?
エピローグ
おわりに

12
12

はじめに
新しい東西冷戦の始まり??
12
12

プロローグ 新たな東西冷戦の始まり
各国の現状がある。
国際社会の枠組み。 貿易の主導権争い。 TPPもある。
アメリカの離脱は考えられなかった!
プロローグに記述されている内容は各章で開設されている!
ロシアプーチン大統領に、アメリカオバマ大統領!
アメリカの大統領は二期目はレームダックのようだ………
ヨーロッパはウクライナに難民、中東、東アジアは中国に北朝鮮!
問題は2017年になっても解決しない??
12
12

第1章 大きく内向きになるアメリカ
この時点では、オバマの名前なんか出て来ない?
アメリカが内向きになっている。
「国内の経済や雇用問題の解決を優先すべきである。他国の紛争に関わるべきではない」
「債務上限問題」「オバマケア問題」「スノーデン問題」「シリア問題」
懐かしい話になる??
この時点は、ヒラリー待望論もあったようだ………

「TPP」は記述されていない!
2017年、シリア問題はロシアが主導権を握る。
トランプ大統領により、TPPは離脱。
オバマケアは廃案になりかけたが何とか廃案になっていない!
今後どうなるのか??
ヒラリーの支持率は脅威の65%で待望論があった?
2016年の大統領選挙の、ヒラリーにトランプは両方とも人気が無かった?
時代は変わるものである………
12
12

第2章 EU混乱の主役はロシア!?
2014年、北方領土問題が大きく動く可能性が出て来た??
アメリカのシェールガスにより、天然ガスが売れなくなることを見越して、日本に揺さぶりをかけて来る。
それが北方領土である。
「魯西亜?」 1855年に日魯通好条約で北方四島を日本領土と決めた!
2017年になるが、いいようにあしらわれている感じがするが??
12
ウクライナは豊かな穀物地帯と言われ、ヒトラーが狙った!
ウクライナも腐敗しているようだが、ロシアも譲らない?
パイプラインも通っている!
プーチン大統領はブレていな???

12
スイスでは移民を受け入れない国民投票が実施される。
イギリスのEU離脱があり、スコットランド独立、今なおスペイン・カタルニアの独立投票があった!
ヨーロッパには、国家分裂というベクトルと、EUという国家統合に参加したいというベクトルが混在している。
12
12

第3章 苛酷な“アラブの夏”の深刻化
シリアの内戦がある。
シリアはアラウィ派と言う土着宗教? シーア派の一派である??
春は、これかいい季節を迎えるイメージであるが、中東では春の次は苛酷な夏と言う!
春と言うより冬になりかねないと言ったのは、イスラエルか??
アサド政権打倒にスンニ派が立ち上がり、サウジにカタールが支援している。
アサド政権の軍からも反政府の「自由シリア軍」を結成する。
ここでヨルダンのシーア派、ヒズボラがアサド政権支援に入った。
この時期、ISの名前は出て来ていない。 6か7で出て来るのか?

12
シリアのアサド政権を中国、ロシアは支持している?
独裁者に対するリップサービスと言う?
中東、アフリカの独裁者に対して良好な関係を結んで、資源を確保する?
「それぞれの国のことは、それぞれの国で解決すべきで国連やほかの国が口だしすべきでない」

12
アメリカとイランの関係修復が始まっている?
実際に修復されてきて、イスラエルが孤立を深めている?
なんせイスラエルを抹殺することを公言しているのがイランである!
イランはシーア派、サウジはスンニ派で現在は断交している!
イスラエルはパレスチナ自治区にオスロ合意に反して入植している。
エジプトもクーデターである!
中東は複雑なようだ?
その中でロシア・プーチン大統領の存在感が増している?

12
12

第4章 小泉元首相も脱原発派に

東京オリンピック招致で、安倍総理は見えを切った!
福島の原発事故の対策で問題は無いと!!
これはニュースで見たが、大丈夫かなと思ったが………
廃炉作業に、汚染水処理、除染は上手くいっているのか?
やってもやっても終わらない!
そんな折に小泉元首相の原発ゼロの発言があった!
フィンランドの使用済み核燃料の最終処分場「オンカロ」がある。
三菱重工、東芝、日立の幹部らと視察して、日本ではだめだと!!
ここは19億年前の地層である! 地下水も出ない!
そう言う地形が日本にはない! なので原発は無理である!!
日本では10万年も保管できるのか??
出来ないので原発は出来ないと!!

大変当たり前の発言であるが、良く言ったと思う!
原発再稼働の声が高い! 現に原発がある町は、再稼働しなければ作業員もいなく、消費が落ち込んでいる!
電力会社は、原発も資産であるので、稼働しなければ債務超過になる会社も出て来る。
12
日本で出来ないのなら海外へ売る!
サウジ16基、ベトナム14基、トルコ12基、中国56基、インド18基が予定されている。
安倍首相自らセールスしている?

エネルギーも化石燃料の埋蔵量は増えている?
シェールガスに、メタンハイドレードもある!
12
12

第5章 “物騒”になってきた東アジア情勢
問題は中国、韓国、北朝鮮である!
反日感情が強い! 海外の反日活動がある!
慰安婦像がある! 日本では朝鮮半島に対する罪悪感を感じる人が多い??
売国奴?? たいがい言われっぱなしである!!
2017年は、韓国大統領が親北と言われている文大統領である。
前大統領はと言うより、韓国大統領は退任後、野垂れ死にが多い??

韓国は中米の間で悩みも多い!
不満のはけ口は日本である??
12
中国はバブルがどうのこうの言われている。
2014年崩壊する等の本も多い! これを言っている識者も売国奴ではないか?
それで稼いでいる?
多民族国家である? 弾圧も厳しい!
いずれと言っても何年後か分からないが、民族問題が内乱にまで発展する?
新疆ウイグルにチベットは、独立の国民投票は許されない!
12
北朝鮮は我が道を行くである!
2014年から2017年と、ますます状況は悪くなって来ている!
12
12

第6章 アベノミクスはどこへ向かうのか?
三本の矢!
A:金融緩和
B:財政政策
C:成長戦略

ABEである! 消費を活発にさせて景気をよくする???
TPPは中国包囲網である!
2017年のトランプ大統領の離脱で雲行きが怪しいが………
12
靖国神社がある。 当初は明治政府の為に命を落とした人を祀ろうとした神社である!
西郷隆盛は、賊軍なので対象外である!
それ以降はお国の為に死んだ人たちの霊を祀るようになる!
「国家神道」は戦後否定されている。
「A級戦犯が合祀されいる」 サンフランシスコ講和条約が発効し、独立を果たし主権を回復した。
その時に、戦犯釈放を求める署名運動が起こり、服役者は釈放された。
すでに処刑された人は「公務死」となり、この時点で受刑者の罪は消滅されたことになり、
A級戦犯を靖国神社に合祀したようだ!

天皇陛下はそれ以来靖国神社へ参拝していない!
個人としての参拝は構わないようだが、国家戦略として批判している国がある!
暇なんかと思うが………
12
「戦後レジーム」からの脱出? 
第二次世界大戦の戦勝国が、国際秩序を作った!
悪く言えば、戦後レジームからの脱出はその国際秩序の否定である??

12
「特定秘密保護法」 日本は秘密が保てない! 情報も集め難い?
原発報道は特定秘密保護法になる?

12
沖縄の、現在の知事は翁長知事である。
前任者は辺野古移設を承認している!
現在はますますややこしくなっている?
鳩山元総理も迷走の原因である!
琉球共和国?? ますます迷走している!!
12
アメリカの外交官は、プロは中国、ロシア、中東に派遣される。
同盟国はお飾りで良い? 論功行賞で決める! ケネディの名前は日本では人気がある!
12
集団的自衛権を、憲法を変えず解釈を変えて実質的に憲法を変えたのと同等の効果をもたらすことを「解釈改憲」と言う。
ナチスドイツのやり方と言う!
これを言わなくても良いのに、ナチスの憲法を参考にしたらよいと言ったのは、麻生太郎!
12
12

エピローグ
佐藤優がこのシリーズを、「オシントの教科書」と褒めた。
合法的に入手できる資料、日常の情報から重要情報を特定する力である!
自ら考え、自ら道を切り開いていく能力が求められる。

与えられた条件の中で最適解を出すのは得意だが、ルールが変わったとたん役に立たない!
「条件がかわっても生き抜いていく力」 「ルールを作る力が必要」
12
12

知らないと恥をかく世界の大問題5 どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~

・池上 彰

12

12

« 本・知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑(2013/5)・池上 彰 | トップページ | 第67回 神戸市小・中・特別支援学校(盲・養護学校) 書初展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・知らないと恥をかく世界の大問題4 日本が対峙する大国の思惑(2013/5)・池上 彰 | トップページ | 第67回 神戸市小・中・特別支援学校(盲・養護学校) 書初展 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ