« BCRのレスリーの東京公演 2018年2月17日 会場が燃えないのか??? | トップページ | 本・現代パチンコ文化考(1998/3)・谷岡 一郎 »

2018年2月20日 (火)

テレビドラマ・Xファイル シーズン6 1998年~1999年 amazonビデオ

X_61
12
12

超常現象に挑むFBI捜査官コンビの活躍を描いたSFサスペンスシリーズ第6シーズンのBOX。捜査官のモルダーとスカリーはX-ファイル課を外されるが、スキナーは影で情報を提供する。その後、事件現場で人間以外の生物の爪痕が発見される。全22話を収録。
12
12

Xファイルから、モルダーとスカリーは外される!
後任は生意気な若造と、モルダーの元恋人である!!
ドラマはスカリーの想いと平行に進んで行く!!
コメディ的は話が多くなって来ている??
それにしても舞台は広範囲にわたっている?? そりゃ結果も出ていなのに経費だけかかっている??
目次は下記の通りである!
12
「ビギニング」「迷走」「トライアングル」「ドリームランド Part1」「ドリームランド Part2」
「クリスマス・イブの過ごし方」「愛児」「レイン・キング」「S.R.819」「ティトノス」
「ファイト・ザ・フューチャー Part1」「ファイト・ザ・フューチャー Part2」「アグア・マラ」「月曜の朝」
「スイート・ホーム」「絶滅種」「電界」「ミラグロ」「アンナチュラル」「荒野の三人」「トリップ」「創世記」
12

 

X_62
12

X_63

12

12
○ 激しく嫌われてXファイルから外される。 二人共である! 後任が元彼女である。 
  モルダーは裏切られたと感じるその頃、シンジゲートによって異星人捜査の為にある

  少年が利用されようとしていた。
  人の心が読めるという超能力を持った少年ギブソン・プレイズであった。
  モルダーは元彼女に助けられたと思っている? 甘い男である! 

  スカリーは信じていないが、モルダーは信じている!
  スパイと思うが………
○ 暴走車がいる。 モルダーが人質になる。 止まれない??
  止まれば死ぬ? だんだん話がおかしくなる??
○ タイムスリップである! 第2次世界大戦前の客船である。 

  乗組員の中にスカリーと副長官がいる!
  当然、バミューダー海域の話である!
  モルダーはスカリーに似た女性とキスをする! 終わった後で殴られるが………
  行方不明のモルダーの捜査に、スカリーは三人組の助けを求める! 

  この三人組が登場すると楽しい!!
○ 2話続く! エリア51の職員から匿名の情報提供があり現地へ向かうモルダーと

  スカリー。

  入り口で職員のモリスから尋問を受けていると頭上をUFOらしき物体が通り過ぎた。
  次の瞬間、モルダーとモリスの魂が入れ替わってしまった。

  元に戻る方法を模索するスカリー。陰謀に携わる者の悲哀を知るモルダー。
  一方のモリスは家庭崩壊で離婚寸前である! 

  モルダーとして新たな人生を楽しく生きようとしていて、スカリーを誘惑する!
  戻れるが、ちょっとおかしいのではないか??
○ クリスマス・イブの夜、心霊スポットとして有名な屋敷で、老夫婦の幽霊が

  モルダーとスカリーを手玉に取り、様々なイタズラをしかけていく。
  コメディ的と言うより、脚本家のお遊びである。

   シーズンが進むにつれて時々こう言う話がある?
○ 出捜査依頼書はスペンダーが受け取ったそばからシュレッダーにかけたものを

  モルダーがゴミ箱を漁って紙に貼り付けて復元した。 良くやる!!
  出産を間近に控えたある妊婦が、夜中に悪魔のような謎の化け物に襲われて

  無理やり子供を奪われる。現実に起こった事件であると判明する。
  悪魔?? 悪魔が来るのは東欧である! 女を騙して複数結婚して

  子供を欲しがる?? 悪魔の子は欲しくない? まともな子度が欲しい!
  しかし一人の女が上を行く! どちらが悪魔なのか??
○ 雨乞い師の行くところ必ず雨が降る。という力を利用して詐欺をやっている、

  通称レイン・キングと呼ばれる男がいる。
  そいつを捕まえてほしいという依頼を受けたモルダーとスカリー。

  疑いながらも、本当に雨乞い師のところ一帯に雨が降る。
  ところがそれは雨乞い師の力ではなかった。 男と女の関係が絡んでくる?
○ ジムで倒れ、病院で目覚めたスキナーに一本の電話が入る。

  それは、「お前にはあと24時間の命しかない」と機械音声で伝える死の宣告であった。
  スカリーはスキナーの症状から毒を盛られたと推測、彼の血液から

  未知の物質の増殖を発見する、その正体は新技術で開発されたナノマシン。
  スキナーはクライチェックによってナノマシンを体内に注入されていた。
○ 身元調査の仕事のモルダーとスカリー。仕事をこなすスカリーに対して、

  やる気のないモルダー。
  FBIニューヨーク支局の捜査官は犯罪現場写真家の老人フェリッグが、

  人の絶命の瞬間をカメラに収め続けていて、彼が殺人を犯しているのではないかと

  疑い、スカリーに捜査への協力を依頼する。
  スカリーはニューヨークへ向かい調査を始めるが、モルダーは事件を勝手に嗅ぎ回る。

  調査により、フェリッグが名を変えてアメリカ各地を転々とし、

  百年以上も前から指名手配になっていた事が判明する。"
○ 2話続く。このパート1は、C.S.マンのある人物への一連の流れの回想を

  聞かせるという形で描かれる。

  「ペイシェントX」でUFOに連れていかれたカサンドラが発見される。
  しかしながら彼女はすでに宇宙人と人間のハイブリッドの第1号として

  生まれ変わってしまっていた。
  シンジゲートが誕生するきっかけとなった、ロズウェル事件以来彼らが裏で行って

  きた  「異星人入植計画」の全貌が明かされる。
  ハイブリッドであるカサンドラが誕生してしまったことで、事態は急変し

  入植計画を急ぐシンジケート。
  波乱軍などが登場する。 三人組がスカラーの依頼で協力する。 

  が元恋人をモルダーは信じている??
  スカリーと不協調になる? モルダーはスカリーに個人的感情を持ち来ぬなと! 

  スカリーに愛されていると勘違いしている??
  生意気な若造は巨大な秘密の中心にいることを知らされる! 

  Xファイルにモルダーたちを復帰させることを進言する!
  多分死んだのだろう?? シンジケートの中心の父親に??
○ 第5シーズンに登場したX-ファイルの創始者である、

  アーサー・デールズの依頼を受けて、フロリダ州に向かったモルダーとスカリー。
  彼らは深海生物と思われる何ものかに襲われる。 ハリケーンの真っ最中である?
○ モルダーのデジャ・ヴ。一人の女性が繰り返される月曜日から抜け出そうと試む。

  「映画・ミッション: 8ミニッツ」みたいな物である。
  何度もモルダーは死ぬ?? なのに何故新しくストーリーが展開するのか?? 

  お遊びの話になるのか??
○ おせっかいな隣人がいる。失踪事件が起こり、潜入捜査のためにモルダーと

  スカリーは潜入捜査の為、夫婦として入居する。
  ここの規則は異常なほどに細かく厳しく、その規律の中心には

  「住民組合会長」なる者が居る。
Xファイルに関係なさそうであるが………
○ 中国からカリフォルニア州に運ばれてきた絶滅したはずの犬。

  それは人間以上の知能を持ち、自らを捕らえた人間たちに復讐を開始する。

  犬が変身する??
  この手の話は、中国奥地、インド奥地、東南アジア、アフリカ、中南米、東欧、

  中東らが主になる??
○ 屋外の独房に入れられていた囚人が、竜巻に巻き込まれ結果的に

  脱獄することとなった。かれは竜巻により多量の電磁波を浴び、

  物体をすり抜ける能力を身につけていた。
  過去の犯罪の後始末に行く! かっての妻に子供である。 

  相変わらず何故なのかの結論は出て来ない??
○ 傷痕を一切残さず心臓だけが摘出される連続殺人事件が発生。

  フードを深く被った容疑者に襲われ、男の子が心臓をえぐり取られ殺害されたのだ。
  何者かがモルダーのオフィスに封筒を滑り込ませていった。

  差出人不明の封筒には、炎に包まれた心臓を手に持ったレリーフの

  小さなペンダントが入っていた。
  やがて、捜査線上にモルダーの家の隣室に引っ越してきた若い作家、

  フィリップ・パジェットが浮上する。 スカリーに恋する??
  結局犯人、実行犯は??
○ 1974年、エックスリーという伝説的な選手が黒人野球チームに属していた。

  人種差別主義者から彼を守るため、警察官デールスが護衛を担当する。
  チームに同行したデールスはエックスリーの正体を見てしまう。 

  当然エイリアンである? 暗殺者も来る?? 

  迷惑をかけたくないので静かに引き下がる?
  警官とエイリアンの友情である??
○ 三人組、ローン・ガンメンである! ラスベガスでギャンブルに励んでいる!!
  秘密兵器会議を探っている。 かつてXに誘拐された科学者スザンヌ・モデスキーを

  カジノで見かけ、彼女を救うため、スカリーを巻き込んで活動を開始する。
○ ハイキングに行ったカップルが、白骨死体となって発見された。

  モルダーは、発見現場が不思議な光が発見されているブラウン山であることから

  異星人に関わる事件だと睨む。
  現場へ向かうと、洞窟の中で死んだはずのカップルを発見。

  二人は強い光に誘導され、異性人に拉致されていたという。

  その後、再び強い光が洞窟の中に差し込み、モルダーはその中へ突き進む。
  モルダーは死んだことになる?? 三人組も仇を討つ気である? 

  現実と幻想が分かり難い??  シリアスになって来ている???
○ コートジボワールでナバホ語が書かれた遺物が発見されるが、

  それをアメリカに持ち込んだ大学教授が殺害される。何故ナバホ語がアフリカ

  にあるのか??
  モルダーはその捜査で遺物の写真を手にすると、激しい頭痛に襲われ、

  他人の心が読めるようになる??
12
12

« BCRのレスリーの東京公演 2018年2月17日 会場が燃えないのか??? | トップページ | 本・現代パチンコ文化考(1998/3)・谷岡 一郎 »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« BCRのレスリーの東京公演 2018年2月17日 会場が燃えないのか??? | トップページ | 本・現代パチンコ文化考(1998/3)・谷岡 一郎 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ