« 本・知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?(2015/5)・池上 彰・(その他) | トップページ | 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 »

2018年2月 8日 (木)

本・お金の流れが変わった!(2010/12)・大前 研一

Photo
12
12

従来の常識が通用しなくなった世界市場。あてどなき膨大なカネが国の盛衰を決す。変貌を遂げる2010年代を正しく導く究極の羅針盤。
世界経済のルールは一変していた。
世界をさまよう4,000兆円の「ホームレス・マネー」がいま大挙して新興国へと向かい、繁栄の種子を蒔いている。
バラマキや借金を続ける無策な政府に、おとなしく従う日本人! なぜ金融緩和も財政出動も効果が出ないのか?
ウワサ一発で国が吹っ飛ぶ今日的バブルの正体とは?  企業も個人も、日本人が「チェンジ」すべきはその世界観。
お金の動きをいち早く読み、日本がふたたび大発展するための戦略を語る!

12
12

先日某証券会社のセミナーで、大前研一の話を聞いた!
ライブ映像?? 大変良く分かったので、ブックオフへ直行である!
何冊かあったがまずこの本にした!
2010年の発行なので、東北の大震災の前である!
原発の推進を言っている?  今はどう言うのか??
著者も民主党のだらしなさを非難している??
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第①章 超大国「G2」のたそがれ
①     アメリカ 「唯一の大国」はいかにして崩壊したのか
②     中国   バブル崩壊はいつやってくるか

第②章 お金の流れが変わった!
①     「ホームレス・マネー」に翻弄される世界
②     EU   帝国拡大から防衛へのシナリオ
③     新興国 二十一世紀の世界経済の寵児

第③章 二十一世紀の新パラダイムと日本
①     マクロ経済政策はもう効かない
②     市場が日本を見限る日

第④章 新興国市場とホームレス・マネー活用戦略
①  新興国で成功するための発想
②     日本経済再成長の処方箋

おわりに

12
12

セミナーを聴いているので良く分かる!
アメリカと中国の事は語りつくされているのか??
現在はトランプ大統領である!!
アメリカの個人消費は当てにならない?
それより個人の貯蓄が増えているようだ??
貯蓄率は高くなかった??
12
中国は崩壊すると言い続けられて崩壊しない?
2010年からすれば7年は経っているが………
崩壊はしないのか??  共産党支配だからか??
12
今も変わらない状態であるが、「ホームレス・マネー」がある!
投資策を探して世界をさまよっている、不要不急で無責任きわまりない金と言う!!
①  アメリカ、ノルウェー、スウェーデン、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリスなどで、
   高齢化が進み国内でリターンが求められない余剰金。
②  中東のオイルマネー、ロシアマネーもである!
③  中国のマネー

これ等が瞬時に動く!
何処へ???  新興国と言う!
開発の見込みがあると金が流れる! 日本には流れない??
オイルマネーにより繁栄がもたされた、バルト三国、ウクライナ、ルーマニア、チェコ、
スロバキア、ポーランド、ハンガーらの国は、サムプライムローンでの影響をもろに受けた?
EUもギリシャ不安で拡大から防衛にまわっている??
イギリスの離脱があったが、セミナーで再投票しか無いと!! どうでしょうか??
これからは新興国である!!

「BRICs」だけでなく「VITAMIN」の時代へと言う! 今も状況は変わらない!!
「VITAMIN」とは??
ヴェトナム、インドネシア、タイとトルコ、アルゼンチンと南アフリカ、メキシコ、
イラントイラク、ナイジェリアと言う!!
日本はもはや落日の国なのか??

日米欧の技術的優位もわずかなものと言う!!
金は高きから低きに流れる? 新興国に流れている!
新興国はその金で雇用を生み出し、設備投資でますます発展すると言う!!
著者は、インドネシア、トルコ、チリ等の例としている!
チリも期待されている??
フィリピンも大統領が変わっている! ここも期待する国だろう………
日本に対する批判は多い!!
オーストリラリアのマッコーリー銀行が、羽田空港ビルに資本参加したいとの打診を断った!
世界一空港経営が上手いマッコーリー銀行である! 
頼んでも来て欲しいところだが、日本政府の閉鎖的な考えには呆れると!
そこそこで良いと考えてしまっている?

12
著者の批判が並んでいる??
この時期は民主党政権である! 批判だらけである?
金の使い方も内向きである?
事業仕分けも単なるパフォーマンスだったと??
日本航空も下手に国が救済する事は無い?? 日本だけか??
著者はJR東日本か、JR東海に買わせればよいと!
活性化に繋がるが、日本はそう言うことが出来ない??
現在の地方創成も、この時期に批判している!
人のいないところにいくら金を注ぎ込んでも無駄である??
他に予算が必要なところも多い?? 人材育成である!!
外務省の人材の問題も有る!
チャイナスクールにアメリカンスクールしかない?
ロシアスクールは鈴木宗男の失墜でおかしくなっている?
もっと新興国に対応出来る人間を育てなければならない!!
言語にしてもだろう………

12
ホームレスマネーの呼び込みに夢中になれば、アイスランドと同じ運命になる!
ニュージーランド、タイ、韓国、ドバイ、アイルランドがその洗礼を受けている!
悲観的な話が並んでいる……
125
新興国は発展途上であるが、昔の日本が歩んだ道である!
昔日本で培ったノウハウをそのまま現地に持って行って成功している!!
ホンダ、矢崎総業、YKK、ヤマハ発動機………

12
鉄道は売れる!!
ただ鉄道だけ売っても利益は知れている。
システム毎売らなければならない!
日立はイギリスに工場を持っているが、信号のシステムの会社をイタリアから買っている!
ワンセットで勝負する!
ただ原発についてはどうかなと? 東北に震災があったので著者も考えが変わっているのか?
12
新興国で成功するには??
法人需要。    工作機械などである?
中流層需要。  「安かろう悪かろう」では売れない! 品質を下げずに値段を下げる!
           今時、ネットでほとんどのモノの値段は分かる??
貧困層需要。  日本はお手上げ状態である! 貧困層なのでシャンプーも
                       小分けにして 売る!
12
12

現実に何をすべきか?
セミナーで言っていたが、財政の健全化である?
国民の不安を無くす! 将来が不明だから貯蓄に走る??
所得税を下げる! 所得税を下げて税収が減った国はない??
そうすれば正直に申告するようになる??
所得より資産に税をかけた方が良い??
「いざというときのため」の資金は相続税免除で??
12
減価償却期間を短縮させるのが良いと!!
税金を使わない景気刺激の最大の起爆剤と言う!!!!
12
各知事に市町村を競わせて、日本の観光名所を造る??
パリは何処も写真になる?
スイスもである? 川に渓谷、湖が美しい!
日本はどうか? 浅草??
各地で頭を絞って考える?
中国がそれで成功している!!
各地でマネーを呼び込んでいる?
日本にはそう言う魅力がない!

そうならないためには内外から投資をしたくなるようにすることである1
色々書かれている!
土地の規制緩和! シャッター街を活性化する!!
が、いずれにせよ日本は経済大国の看板をおろさなければならないという!
「内向き、下向き、うしろ向き」から「外向き、上向き、前向き」に
進んで行かなければならない!!!
セミナーを聞いてから読んだが、興味深い話が多い!!
12
12

« 本・知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?(2015/5)・池上 彰・(その他) | トップページ | 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・お金の流れが変わった!(2010/12)・大前 研一:

« 本・知らないと恥をかく世界の大問題 (6) 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?(2015/5)・池上 彰・(その他) | トップページ | 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ