« 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 | トップページ | 道楽亭昼席 2018年2月9日 14時開演 »

2018年2月 9日 (金)

本・知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義(2016/5)・池上 彰

7
12
12

アメリカが20世紀の覇権国の座からおり内向きになったのを見計らい、かつての大国が新しい形の帝国主義を推し進める。
難民問題、IS、リーダーの暴走…新たな衝突の種が世界中に。世界のいまを池上彰が解説。

12
12

2016年である。  時代は進んでいる!
この年はアメリカ大統領選挙がある!
プロローグで世界各国の紛争状況の図がある。
時代を先取りしているのか、エルサレムの分割の地図がある!
内容は下記の通りである!
12
12

プロローグ 新しい帝国主義時代の到来
第1章 大転換の中心「イスラク国」の変化と世界への波及
第2章 ヨーロッパは受け止め切れるか
第3章 内向きなるアメリカの苦悩と巻き返し
第4章 したたか中国の戦略と東アジア
第5章 せまりくる人類共通の大問題
第6章 安倍政権の「世界の大問題」への対処
エピローグ 近代文明の逆相を止めれるか
おわりに  熊本地震を受けてのメッセージ

12
12

プロローグを読めば内容は理解出来る!
新しい帝国主義時代の到来とある!
ピーチンはピュートル大帝を目指す!
習近平の野望「一帯一路」
トルコの先途がえり。 オスマントルコの復活、エルドアン大統領の野望!
イランのペルシャの復活??
北朝鮮の核の野望??
12
12

第1章  大転換の中心「イスラク国」の変化と世界への波及
チェニジアはアラブの春に成功したと!!
成功には成功の、失敗には失敗の理由がある??
何が何でもイスラム教を信じるのは止めようと??
それに過激派がイスラク国に行ったようだ??
国内に過激派が少ない!
12
イスラム国の種はブッシュのイラク攻撃時にばらまかれている。
イラクはクルド人、シーア派、スン二派の三つどもえになる??
種はイギリスが巻いたのか?
フセイン大統領はスンニ派である。このため戦後シーア派が勢力を増す。
この権力の空白時の混乱期にイラクはテロリストの巣窟になる?
シリアの内戦も絡んで来る?
「ISIL」イラクとレバント(古くからのシリア辺りを示す)
「ISIS」イラクとシリア
イラクに最新兵器を与えたが、その兵器がテロリストに渡っている。
要は中東政策は間違っている??
欧米の基準を当てはめてはいけないようだ………
12
アメリカは中東で兵を失いたくない?
なので空爆だけになる?
日本は空爆で降伏したと言っても良いと思う!
がそんなものでは無い??
この為にアメリカはイランに接近している?
そうなるとイスラエルの問題がある??
敵の敵は味方である!
サウジアラビアとロシアが接近する??
現在はサウジとイランは国交断絶である!!
イエメンの内戦は、イランとサウジの代理戦争である!
佐藤優によれば、この内戦から第三次世界大戦がはじまる??
12
イランは12イマーム派である!
この辺りは、佐藤優、山内昌之、宮家邦彦、池上彰の本で嫌と言うほど理解している!
スンニ派の盟主のサウジの経済が良くない??
今後どうなるのか??
12
独裁者がいるから複数の民族でもまとまっている!
オスマントルコにハスプブルク家も、ユーゴもチトー時代はまとまっていた??
民主的と言って民主的にはならない??

植民地支配の方法が現在にまで尾を引いている!!
フランスはカンボジアの支配をベトナム人にやらせた?
ベルギーのルワンダは、少数民族のツチ族で多数派のフツ族を支配した。
フランスはシリアの統治に少数派のアラウィ派を使った??
現在に至る対立の芽は、植民地の支配国が原因である???
12
12

第2章  ヨーロッパは受け止め切れるか

フランスの移民政策がある!
フランスは同化政策である! イギリスは違う!!
が二世三世となると思う事がある??
それが国内生まれ育った若者がテロをする「ホームグロウン・テロリズム」になっている!
ベルギーはベルギー語が無いために、同化圧力が無い??
スマホが難民を変えた??  地図もあり連絡も出来る!
充電もボランティアもあり、充電屋もいるようだ………
かっての西側の国は難民受け入れ賛成である!  東側は反対である!
12
現在は英国のEU離脱がある!
スコットランドの独立、カタルニアの独立が有り、この本ではバスク地方の独立もある!
12
EUの旗は12個の星がある! この意味は12と言うのがヨーロッパではまとまりの良い数字であることのようだ!!
公用語は加盟国の言葉すべてのようだ?
なのできゃだいな官僚機構が出来ている??
EUの国家は幻となったようだ………
要はまとまっているのか? 解体に向かっているのか??
問題は多そうであるが………
12
どの国も難民の問題が多い! 職を奪われているのと思っている!!
現実の問題がある!!
昨年の11月のヨーロッパ旅行でハンブルグに行った!
この話は詳しく、旅行記に書くが、スリにあった!
駅から出て通路で若い男性が両手を広げて何語か分からないが近づいて来て、近寄って来る!
手で払った時にカメラをポケットから抜いて行った………
奥さんが見ていたので分かった!!
その時は追いかけて「待て!」と言ったら止まり、カメラを返した!!
とてもラッキーだった!!
その経験があるので、移民、難民も問題が多いと実感した!
12
ウクライナ、ギリシャ、南欧も問題が多い!!
12
12

第3章 内向きなるアメリカの苦悩と巻き返し
大統領選挙が2016年にある。  この本の時期では、まだ候補者の一人である!
が反対派も多い??  著者もトランプが大統領になるとは思っていなかった??
予備選の方式も、党員集会と予備選挙がある!
選挙は、予備選で候補者にならなければならないので、かなり過激な意見を言う!
が本番ともなればかなり妥協するした発言になる??
当選するためには必要である??  全米ライフル協会は共和党の右派と繋がっている!
12
アメリカに最初に渡ってきたピューリタンはプロテスタントで、「カルヴィン派」と呼ばれる人々である!
カルヴィン派の教えは「予定説」と呼ばれる。
「個々の人間が救われる救われないかはも、あらかじめ決まっている」
民主党は、「経済は放任ではダメ」
ある程度政府がコントロールして、政治の力で貧しい人たちに分配しなければならない!
共和党は、「小さな政府」
民間の経済活動に介入することを嫌う! 結果として格差が拡大しても、自己責任と考える!
12
戦争は儲かるようだが………
12
12

第4章  したたか中国の戦略と東アジア
南シナ海は「中国の赤い舌」と呼ばれる!  「AIIB」「一対一路」「人民元の基軸通貨」
中国は恐ろしい国である!  ハエも叩く、虎も叩く!!
主席自身不正を認めている?  かっての勢いは無いようだ?
一人っ子政策は取り除かれた様だ?  が、高齢化社会を迎えて問題が多い!!
人件費も高騰して、資本が引き上げられている??
香港と台湾の問題がある?  世界は分離運動が流行りである??
が、中国はガチガチである??
新疆ウイグルにチベットも抱えている?
が、膨張は止めないようだ??  いずれ破たんする??
ASEANはEUになりえるか?  その時の盟主は中国なのか??
12
12

第5章  せまりくる人類共通の大問題
地球温暖化と異常気象??
先進国は今までさんざん大量に二酸化炭素を排出している?
開発途上国はこれまで算出して来なかったのだから、限定的なるはずである!!
納得できる話であるが………
温度上昇により熱帯の疫病が北上する??
日本は太平洋戦争時、マラリアにやられている??
太平洋戦争中、ラバウルでキニーネを持ち込むために、つぎはぎの飛行機を造り飛ばした話がある!
それほど被害があった??
12
アマゾンの森林伐採!
石油の価格の決まり方? 石油にも採算コストがある!
採掘に同じ値段がかかるわけではない?  品質にも差がある??
原油の値段は戦略になる??  下がれば収益が少なくなる??
サウジは値段を下げて、イスラム国やイランに金が行かないようにする??
これは問題が多そうである!!
12
「目の前にある危機は地球環境の危機ではなく、私たちの生き方の危機」
12
12

第6章  安倍政権の「世界の大問題」への対処
沖縄問題がある? 民意とは何か思うが??
シルバー民主主義??
三宮のセンター街のところでアジっている??
感心する?? 働きも終わ、目覚めている??
良くやる??  暇なのか?? それとも信じるものに命を捧げている??
孫を戦争に行かせない??  何でも反対である!!
基地問題、安全保障、原発問題………
要は安倍政権打倒である!!
これを安倍政権が支持されていないと言いまくっている??
疲れる話である! 
12
アベノミクス!
旧・三本の矢がある!
○ 機動的な財政政策   的からそれた
○ 長期投資を喚起する成長戦略  放ってみたけど、すぐ手前で落ちた!
○ 大胆な金融政策  いいところまで行ったが的には届かず

新・三本の矢  的に向けて放つ矢が無い??
○ 希望を生み出す強い経済    2020年のGDP600兆円
○ 夢をつぐむ子育て支援     出生率1,8人
○ 安心につながる社会保障    介護離職ゼロ(介護で離職する人が0)

12
TTPに難民問題がある!!  問題山積みである!!
12
12

エピローグ  近代文明の逆相を止めれるか
中東問題発生の歴史的責任はイギリス外交の三枚舌外交にある!
宗教は力である!
歴史は因果関係がある?
歴史の終わりは有りません。だから学び続けなければならない!!

12
12

知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義・池上 彰

12

12

« 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 | トップページ | 道楽亭昼席 2018年2月9日 14時開演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・アマゾンと物流大戦争(2016/9)・角井 亮一 | トップページ | 道楽亭昼席 2018年2月9日 14時開演 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ