« 本・日本人は原発とどうつきあうべきか ① (2011/12)・田原総一朗 | トップページ | 本・これが結論!日本人と原発(2012/3)・竹田恒泰 »

2018年3月25日 (日)

本・日本人は原発とどうつきあうべきか ②(2011/12)・田原総一朗

Photo_2
12
12
第二部 日本のこれからのエネルギー戦略
「TKK」が日本を破壊する!
T:東電
K:経産省
K:経済連

異常に原発再稼働にかけている感じがする!!
再稼働の前に、事故原因を追究して、発表して対策を実行する!!
日本は活断層の問題も有る?
東海地震が来ると言われる、浜岡原発の例もある!!
安全とはいくら東電が言っても信じられない??
12
〇 原発はすべてやめる
〇 相当高い安全水準を設ける
〇 半分ぐらい原発を維持し、不足分を化石燃料で補い、
      新しいエネルギー技術の開発を行う!
鳩山元総理のCO225%削減があり、何かしなければならないので、
自然エネルギー全量買取制度を決めた!!
地震の前である! 宇宙人、鳩山元総理である!
今は原発をどうこうしようと言うだけで反対される!
神戸三宮でも街頭でプラカードがある! 相当年配の人がやっている!
「原発反対」 「辺野古移設反対」 「集団的自衛権反対」 「安倍政権をぶっつぶせ」
セットで反対している! よくやっていると言うか、ようやると感じている!!!!
こうした中では、技術論は無視される!! 感情論である??
12
国主催の原子力関連のシンポジュウムにやらせがある!
やらせは問題だが、来るのは反対派の人がほとんどで、バランスを保つために賛成派を呼ぶ!
そう言われてみれば納得するが……

「原発事故が起こったので原発を止めよう」
そうはならずに世界は原発を止めない!!
新興国は原発をやりたい!トルコ、インド、ベトナム、サウジ………
脱原発の国も、ドイツ、イタリアなどあるが………

そこで日本が止めるのはどうかなと?
日本は自信過剰である!! 
他国の事故もアメリカ、ソ連も日本ではあり得ないと参考にしていない!
12
エネルギー・資源問題の専門家、日本エネルギー経済研究所の十市勉に聞いている!
日本の自然エネルギーを10倍にする!
自然エネルギーでは原発の代わりにならない!!
現状ではそれが結論のようだ! 各国の利用方法があるが、それぞれ事情が違う!!

地勢に人口密度、色々違ってくる!!
その解説がある!
メタンハイドレードの開発は難しいようだ!!
原発ゼロの考えは無責任であると???
日本のまわりの、ロシア、中国、北朝鮮、そしてアメリカも核保有国である!
安全保障の面からも考える必要がある!
安全保障と言えば、核保有になるのでは??
12
原発事故対策担当大臣・細野豪志のインタビューがある!
2017年、希望の党に入党している話題の人である??
当時は事故対策で走り回っている?
除染、農作物の汚染、自然ネルギー、今後の原発について真面目に答えている!
高速増殖原型炉「もんじゅ」は、日本原子力研究開発機構が廃炉に約3000億円以上かかると試算する
もんじゅにはこれまで1兆円超がつぎこまれ、再稼働する場合も改修費など1000億円超が必要。
今までの費用がもったいないと言って引き際を誤まるのが日本である!!
この時点では、これから決めることが多い!!
12
12

放射能漏れを取り締まる法律はない。
ジャーナリズムのの世界で知識だけでものを言っている人間、実際に放射能を浴びもせずに安産地帯から物を言っている?
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の情報が封印された?
当然意識して情報を流さない??
不安を煽ると言う事のようだが………
12
放射能はどれだけ浴びても安全と言う事は無い!
年間20ミリシーベルト? 実際に規制値は意味が無いようだ?
実際に大食いの人を20人でも集めて、内部被曝量の実測をしていくと量が分かるのではないかと??
避難区域への帰宅は住民の意思を尊重すべきである!
福島でガン患者は増えるのか?
それは分からないと言う!! 増えると言う本も多いが………
12
12

脱原発は逆に危うい!
世界を見まわしても原発は増説の計画である!
特に人の事は言えないが、中国沿岸部に原発が造られたらどうなるのか?
悪夢の始まりである?? 廃液の垂れ流しもあり得る??  放射能汚染水??
その中での脱原発は、「一国平和主義」になる??
日本に原発推進派はいない??
貞観地震の津波の対策を取っていたら事故は防げたか??
その為にはコストがかかる! やると言う決断が出来ない??
使用済み核燃料の問題がある!! これは解決出来ていない?
自然エネルギーも原発の代わりにはなり得ない??
12
東電が抱える問題
〇 補償金 〇 除染費用 〇 使用済み核燃料の処理 〇 廃炉費用
どれも東電一社では解決は不可能である!
福島に原発を持って来たのも、貧しかった福島を何とかしたいと思う気持ちからだったようだ?
科学技術は発展する! その流れに逆らってよいのか?
20年後、原発が再び主流になっているかも知れない??
12
12

« 本・日本人は原発とどうつきあうべきか ① (2011/12)・田原総一朗 | トップページ | 本・これが結論!日本人と原発(2012/3)・竹田恒泰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・日本人は原発とどうつきあうべきか ① (2011/12)・田原総一朗 | トップページ | 本・これが結論!日本人と原発(2012/3)・竹田恒泰 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ