« 本・総力取材! エネルギーを選ぶ時代は来るのか(2011/12)・NHKスペシャル「日本新生」取材 | トップページ | 本・原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論(2012/11)・広瀬 隆 »

2018年3月 7日 (水)

本・原発大崩壊! 第2のフクシマは日本中にある(2011/5)・武田 邦彦

Photo
12
一日30万アクセスの注目ブログの著者・緊急の書下ろし! 
原発が地震で壊れるのは想定内、都合のいい情報を信じてはいけない! 
安全神話の嘘がバレたいま、原発とどう向き合うかを問う警世の書。
12
この本は一度読んで紹介している。
それから6年経っている。 時代は進む……… 
今、原発関係の本を集中して読んでいるので、再度アップしたい!
やはり著者の本は辛らつである!
利権と言う言葉がいつも出て来る!!
内容は下記の通りである。
12
第1章 事態は「想定内」で進行中
第2章 すべての原発は地震で壊れる
第3章 私たちはどうすればいいのか?
第4章 原子力・エネルギー政策はどこへ向かうのか?

12
絶対安全と言いながら事故が起これば「想定外」
御用学者が沢山いる。
集団的自衛権の時の憲法学者??
自民党もアホであるが、違憲の学者が多い時、合憲の学者もいくらでもいる!
要は都合悪くなればこれである!
もっともらしい顔をして、分けの分からない事を言う識者はいくらでもいる!
マスコミも選んでいるのかと思うが………

これはプロ野球の解説者も同じである!!
セイロン紅茶の品質をチェックする学者がいた。
業者と癒着して、セイロン紅茶でもないのにセイロン紅茶と鑑定する。
12
東京大学の稲恭宏は、
「福島程度の低線量の放射能はいくら浴びても大丈夫。逆に健康になる」
京都大学の小出裕章は「少しでも危ない」
いくら自然界の放射能が多い場所があると言っても単純な問題ではない!!
名前は忘れたが、放射能については笑いながら楽観的な意見を言っていた!!
外部被爆と内部被ばくがある!
福島は放射能を海に流している………
食物連鎖が始まる! プランクトン➡小魚➡中型魚➡大型魚と放射能は蓄積される!!
人間も食べる! 
放射能は風により拡散する。 農作物も影響を受ける?
風評がある。福島さんの野菜に魚は汚染されている!
これは事実である! 逆ならば日本は必ず拒否するのではないか??
福島の野菜を食べようと言うのは間違いだと! やはり危険なのだと!!
自分たちが食べるべきなのか?
12
原子力についての解説がある。
原発は、「原子炉」 「電気系統・冷却系統」 「その他」とある。
原子炉は、核爆発を起こさないと言う意味で、安全に停止した?
が、電気系統・冷却系統が耐震仕様になっていない。
そんな事を考えていない!
それで冷却装置は働かず、停電になる。
発電所全体の安全を考えていない!!
12
要は、原子炉を守れば爆発も起こらずに住民も安全だと言う1
事故対策を考えると、住民に安全対策がなっていないのかと思われる!!
12
軽々しく返事出来ない!!
地震学者に自信の大きさの予想を聞くが、本当は分からない!
過去の例等から数字が出て来るが、どの数字を取るのか??
言い訳は、地震学者に確認した数値です!
それを上回れば、地震学者の責任であると!!

12
ご都合主義がある。
放射線も1ミリシーベルトまでは大丈夫から、20ミリシーベルトまで上がった?
コロコロ変わる??
地震列島である日本の原発は全部危ない!!
それを無理やり安全と言う事で稼働させようとする!

① 原子炉の耐震性
② 付帯設備、電源とかの耐震性は一般並
③ 住民の保護政策が無い!

特に風の問題は大きそうである………
12
自治体はどう向き合うのか?
安全安全と言うなら何故東京に造らないのか??
補助金に惑わされている?
個人的意見であるが、村役場や町役場に金をかけずに、安全にも金をかけるべきであった?
著者の例があるが、青森県の鯵ヶ沢に放射性廃棄物処分場を誘致する話があった。
著者が顧問となり、想定できることに全て答えた。
人間分からないので不安になるが、分かれば冷静に対応出来るようだ!
補助金とリスクを考えて誘致となった??
そうなれば利権にたかるのが、原子力行政の闇の部分のようだ………
大変良く分かる話であるが、現実にはどうなっているのか??
12
自治体も安全対策として下記の事を考える。 補助金だけが目的ではないはず!!
① 住民を避難させるための緊急車両、オートバイ、移住先の住宅の手当て、
    仕事の斡旋。
② 放射能漏れが起きたら周辺住民に配布するヨウ素剤。
③ 季節や風向きによって放射能汚染物がどのように飛散するのかを示した
     ハザードマップ。
④ 放射能漏れの程度や周辺の環境に及ぼすシュミレーションの公開。
こう言う事に金をかけるべきだとは思うが………
著者の嫌味がある!航空会社との比較である。
事故は絶対に起こしてはいけない。しかし事故が起こることもある!
航空会社 乗客の命を守るためにあらゆる備えをしなくてはいけない。
電力会社 住民は著しく被ばくする。
電力会社はなぜこれほど傲慢な態度で企業活動できるのか??

12
安全神話の共犯者。 電力会社に国ではない!!
科学よりイメージ!!
原発反対派の的外れな反対!!
12
エネルギー問題はウソがまかり通る??
① 良質の石油や石炭はおよそ1000年分ある
② 太陽光、風力、水力等の自然エネルギーは自然を破壊する。
③ 日本の原発は危険だが、安全な原発を造る技術はある。

石油等の埋蔵量の問題がある。
減っていないし増えている! 新しい掘削方法もあう。
資源が無いから原子力等言うのはウソである!!
イメージ、言葉の響きで騙している!!
自然ネルギーは自然を破壊する??
風車も騒音、メンテ、立地状況の問題がある!!
太陽光も設置地面の下は、光も当たらずに死んでしまう!
水力も生態系に影響がある!
そう言うと、北欧を見習えと言う識者がじゃんじゃんいる??
12
著者のこれからの「エネルギー改革三原則」
① 常に科学的合理的に判断をする
② 感情に流されず、勇気を持って現象をきちんと正面から見つめる
③ ウソをつかない!

これから有望なのは、石炭発電??
12
12

« 本・総力取材! エネルギーを選ぶ時代は来るのか(2011/12)・NHKスペシャル「日本新生」取材 | トップページ | 本・原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論(2012/11)・広瀬 隆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・総力取材! エネルギーを選ぶ時代は来るのか(2011/12)・NHKスペシャル「日本新生」取材 | トップページ | 本・原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論(2012/11)・広瀬 隆 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ