« 本・なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか(2016/7)・渡邊 大門 | トップページ | 本・負けを生かす極意(2017/5)・野村 克也 »

2018年3月 1日 (木)

本・世界を動かす巨人たち <経済人編> (2017/7)・池上 彰

Photo_2
12
12

池上彰が、歴史を動かす「個人」から現代世界を読み解く人気シリーズ、第2弾!
この11人こそが、真の「実力者」だ!
アマゾン、グーグル、マイクロソフト、フェイスブック、アリババ、等々―――。
世界を激変させた創業者たちは、どんな人物で、いったい何を考えているのか?

12
12

政治権力者以上の、底知れぬ実力を発揮する大富豪たちがいる! 
来歴や人となりは知らない………
池上彰が注目するのは、次の11人である。
ジャック・マー(アリババ)、ウォーレン・バフェット(大投資家)、
ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、 ルパート・マードック(メディア王)、
ジェフ・ベゾス(アマゾン)、ドナルド・トランプ(不動産王、米国大統領)、
マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン(グーグル)、
チャールズ・コーク&デビッド・コーク(ティーパーティー運動の黒幕)。

かれらが何者かを知らずに、国際ニュースは語れないとも言う!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第一章 ジャック・マー       (アリババ)
第二章 ルパート・マードック    (メディア王)
第三章 ウォーレン・バフェット   (大投資家)
第四章 ビル・ゲイツ        (マイクロソフト
第五章 ジェフ・ベゾス       (アマゾン)
第六章 ドナルド・トランプ     (不動産王、米国大統領)
第七章 マーク・ザッカーバーグ   (フェイスブック)
第八章 グーグルを作った二人 ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン  (グーグル)
第九章 コーク兄弟 チャールズ・コーク&デビッド・コーク     (ティーパーティー運動の黒幕)。
おわりに

12
12

今も投資の対象の企業である!
証券会社から勧められると言うか、これらの企業は組み込まれている投信が多い!!
12
12

はじめに

海外は日本のように企業で満足しない!
事業のアイデアを持ったら独立する!!!

12
12

第一章 ジャック・マー  (アリババ)
アリババである! 恥ずかしいが今回でジャック・マーの事は知らなかった!
今回短いがよくわかった!!
孫正義が初期に投資している! この人達はぼろ儲けしている!!
そんなに優秀な学生では無かった??
が、上昇志向があった??
苦労して資金を集めて立ち上げる!
付いて来る仲間がいる! 運命共同体なのか??
中国版イエローページを立ち上げる!
表示はアルファベット順である!  アリババ?? A から始まるようにした?

知っている会社でや行である! 
や行の前に「あ」から始まるカタカナを付けたようだが………
自分か変われば世界は変わる!!!
12
12

第二章 ルパート・マードック    (メディア王)
メディア王である!! 商売人である!!
オーストラリアからアメリカの国籍を変える!
商売のためにである!
保守的なイギリスの印刷組合を潰す??
コンピューター管理をしたいのに、植字である??
時代に付いていけない???
売れるものを、読者が引き付けられるように作る!
東南アジア、インドにも進出している!!
50を超える国で、750以上の動かしている!
出る釘は打たれるのか???
12
12

第三章 ウォーレン・バフェット   (大投資家)
救いがある大金持ちである!
負け知らずと言う! 50年以上勝っている!!
子供の頃にチューインガムを売り、コカ・コーラを売ってわずかでも藻ける!
日々努力している!  コカ・コーラの今でも株主である!!
11歳で38ドルの株を3株買う! 40ドルで売るが、その後200ドルまで上がった??
後に「賢明なる投資家」から学ぶ!!
解散価値??  下がった時に買い増ししていく1  当然上がれば儲かる!!
税金逃れをしない!! 
超裕福層、自身の会社の納税額を540人が納税すれば、
アメリカは他から税金を集めなくても良い!!
いくら勧められても理解出来ないものは投資しない!!
当たり前だが、営業の人間も分かっているのかと思う時があるが………

12
12

第四章 ビル・ゲイツ  (マイクロソフト)
世界一の億万長者である! が今もエコノミーを使っている!
公立小学校を優秀な成績で卒業するが、「変わった子」である!
中高でコンピューターに夢中になる!
ハーバード大学時代にパソコンが発売される!
プログラムを開発したいが、勝手に進んで言っては困る!
祖父とも無いのにあるとカマをかけた??
あいては出来たら持って来てくださいと!
無いことを確信して開発する! パソコンが手元にないのに説明書だけで開発する!
やはり天才である!!  マイクロソフト社を立ち上げる!!

ライセンス料で儲ける!
「デ・ファクト・スタンダード」 事実上の標準と言うようだ!
世界でみんなが使えば、他が手出しできない??
そうやってウインドウズを開発して世界標準になる??
技術者としても傑出しているが、ビジネスの力も傑出している!!
今は慈善活動に尽力し、世界をより良くしようとしている!!
12
12

第五章 ジェフ・ベゾス (アマゾン)
アマゾンはよく利用している!  もっとも書籍であるが………
今や映画、ドラマ(会員特典しか見ないが……)
それに奥さんが日用品にパソコン部品等を頼んでいる!!
先日もアマゾンの本を読んでいるのである程度の知識はあるが………
ウォルマート、グーグル、アップルらと覇権を争っている!
アマゾンはドローンでの配達を考えている!
ジェフ・ベゾスはテレビで見たことがある!
自身発明家であり、高校を総代で卒業し、大学は機械計算科と電気工学科を卒業する!
インターネットを利用するショッピングうを思いつく!
書籍から始めるが、他のネット書店で本を買い、可能性を見出す!!
当然既存勢力との戦いになるが、小さな書店を閉店に追い込でしまう………
赤字になっても設備投資をし続けた!  黒字になったのは2001年と言う!
他の本であるが、もうけも物流センター、サービスに注ぎ込んでいる!
短期の利益を追求しない!!
ワンクリックの注文もアマゾンの特許のようだ……
キンドルの普及にワシントンポストの買収がある! 紙も必要である??

12
12

第六章 ドナルド・トランプ (不動産王、米国大統領)
イデオロギーなきビジネスマンである!
発言を見ていて信用出来るのか??
たかが女優に批判されて、過大評価されている女優と言い返した??
不動産王であるが、誇張、はったり、ウソばかりなのか??
軍隊式の教育を行う学校に入れられる!
活字なることのプラス面を感じている!
徴兵逃れをやっている??
カジノ会社と航空会社を倒産させているようだ?
自分に都合が悪いニュースを流すメディアを攻撃する!
批判するものは許さない!
カジノが立ち行かなくなると予測したアナリストを解雇に追い込む!!
要は、トランプが大統領で良いのかと思うが………
著者の次回作では、政治家か??  それとも経済人か??
12

12

第七章 マーク・ザッカーバーグ   (フェイスブック)
フェイスブックは興味がない??  奥さんはやっている!!
マーク・ザッカーバーグは少年時代からコンピューターに囲まれて育つ!
中学生でソフトを開発している1
エリート高校からハーバード大学へ!
フェイスブックを立ち上げるが、はじめは盗まれたと訴えられるが………
急激に発達し、ハーバード大学を中退する!
要はタイミングとスピードである!!
18億人が利用する!  日本では2500万人である!
アラブの春もフェイスブックが重要な役割を果たしている!
世界で最も若い億万長者になり、慈善事業に力を入れる!
出る釘は打たれる!!  税金対策とも言われているが………

12
12

第八章 グーグルを作った二人 ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン  (グーグル)
グーグルと意識するのは地図の検索時である!
グーグルで検索して上位に来るとクリックされて広告収入が入る!
グーグルで検索して出て来なければ存在しない??
モンテッソーリ式の小学校の教育を、二人は受けている!
アメリカとソ連である!
ラリーはニコラ・テスラの影響を受けている!
社会に影響を与えたい!!
起業したいが学業も修めたい! 良い教授に巡り合った!
ダメならば戻って来いと!
綴りの間違いからグーグル(Google)になった!
本来はグーゴル(googol) 1ゴーゴルは10の100条である!

自動運転の自動車の頭の部分を担当している! 
自動車会社はグーグルの下請けなのか??
それだけの頭はある!
中国からは撤退している!! 邪悪になるな!!
情報を握るものが権力を握る!!!!
12
アメリカでしかこう言うベンチャー企業が生まれないのは何故か?
① 創業者の激烈な性格! 高知能、傲慢、功名心、猜疑心は
  アメリカ以外では正常と思われない!
② 創業者に群がる無数の技術者に、ベンチャーキャピタルの存在!
③ 英語圏の圧倒的な市場!

12
12

第九章 コーク兄弟 チャールズ・コーク&デビッド・コーク (ティーパーティー運動の黒幕)。
4人兄弟で、二人が協力している!!! 石油関連の事業を大きくしている!
徹底的な自由主義者で、小さな政府の支持者である!
個人の自由を主張する!!
警察、裁判所、軍隊だけあればよい! 他の政府機関は不要であると!!
トランプ大統領のオバマケア改革にも反対する! 大統領を激怒させている!!
自身の支配下にある政治家も少なくない!
共和党への献金額も多い!
莫大な金を使い、世論を買う!!  つまり政治を買ってい
る!!
12
ティーパーティー運動で、候補者を立てて共和党主流派を破る!
「フリーダム・コーク」をトランプ大統領は敵視する!
が、環境対策の法律を撤廃して石油業界の利益になる様に図っている!!
マッチポンプみたいな話である!!
12
12

おわりに
大学も中退して今でなければと起業する!
失敗した人間の数は天文学的数字になる??  
そこまではいかないが決断出来る勇気がある!
日本ならやめとけと言われる!!
知らない話もあり興味深かった!!!

12
12
世界を動かす巨人たち <経済人編> ・池上 彰
12
12

« 本・なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか(2016/7)・渡邊 大門 | トップページ | 本・負けを生かす極意(2017/5)・野村 克也 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・世界を動かす巨人たち <経済人編> (2017/7)・池上 彰:

« 本・なぜ、地形と地理がわかると戦国時代がこんなに面白くなるのか(2016/7)・渡邊 大門 | トップページ | 本・負けを生かす極意(2017/5)・野村 克也 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ